Qwilt QBシリーズ

 

Qwilt QBシリーズ Transparent Caching

近年、スマートフォンやタブレット端末の台頭により、多くのビデオコンテンツが、場所を問わず多様な端末を使用して視聴されています。その結果、ネットワークを流れる通信トラフィックは絶えず増加しており、通信事業者・ISPは度重なるネットワーク増強に関わる設備投資を迫られています。このような状況の中、帯域幅の効率的な利用と加入者の通信品質確保の双方を実現する製品が求められています。

QwiltのQBシリーズは、トランスペアレントなビデオ配信を可能とするために必要な全ての要素を単一のプラットフォームに統合した初めてのソリューションです。QBシリーズは、ネットワーク内のオンラインビデオトラフィックを、検知、キャッシュ、配信します。

Qwilt QBシリーズのご紹介

企業サイトへのリンク

QwiltのQBシリーズは、トランスペアレントなビデオ配信を可能とするために必要な全ての要素を単一のプラットフォームに統合した初めてのソリューションです。QBシリーズは、ネットワーク内のオンラインビデオトラフィックを、検知、キャッシュ、配信します。

Qwilt QBシリーズの使用には、既存ネットワークの再設計が不要であり、オフラインでの導入が可能です。Qwiltを使用することで、ストリーミングビデオのトラフィック上昇における影響を抑制し、付加価値として加入者に優れた体感品質を提供します。さらに、詳細なレポート機能により、ネットワーク内のビデオに関する新たな洞察を得ることが可能です。

Qwilt QBシリーズの詳細な情報をご希望の方は、以下のリンクから資料をご請求ください。

QBシリーズ Transparent Video Delivery の特長

QBシリーズ Transparent Video Delivery

「トランスペアレントキャッシングソリューション Qwilt QB-200」がInterop2013にてBest of Show Award 2013のパフォーマンスオプティマイゼーション部門でファイナリストにノミネートされました。

QBシリーズ Transparent Video Delivery

オフライン導入で既存ネットワークに影響無し!

Qwilt QBシリーズは、サービスプロバイダの厳しい要求に対応できるように設計されており、オフライン導入が可能な動画配信プラットフォームです。
Optical TAP や Router/Switch に搭載されているトラフィックミラーリング機能を使用して、コピーされたトラフィックから、Analytics、Acquire、Delivery を実施する装置です。また、加入者から人気のあるコンテンツへのアクセスを自動的に検知し、加入者に対して 302 Redirect 要求を送ることによりキャッシュされたコンテンツを配信します。
QB シリーズはオフラインに設置可能な為、既存ネットワーク設計変更の必要がなく、万が一装置故障等による不具合が起きた場合も既存ネットワークへの影響を最小限に抑えることができます。

オフライン導入で既存ネットワークに影響無し!

ハイパフォーマンスかつ省ラックスペース化、低消費電力化を実現

2RU の単一サーバで 20Gbps のトラフィック分析能力と 10Gbps のビデオ配信能力を提供するため、ハイパフォーマンスでありながら省ラックスペース化、低消費電力化を実現します。従来のキャッシュ製品で課題となっていた高消費電力、高ラックスペース、複数デバイス構成における複雑な管理をすべて解決します。

ハイパフォーマンスかつ省ラックスペース化

Qwilt QBシリーズの優位性

その他にもこのような優位性があります。

  • オンラインビデオトラフィックを最大80%削減し、ネットワーク設備およびトランジットのコストを削減
  • オンラインビデオトラフィックに対する詳細なレポート
  • トラフィックの特徴と傾向、ピーク時の理解を可能とするビジュアルダッシュボード
  • Qwiltのビデオシグネチャリサーチグループから常時更新されるシグネチャ
  • サービスプロバイダーのセーフハーバー(Safe Harbor)条項に関する、
       米国(DMCA 1998)およびEU(Eコマース指令2000)の法律に完全に適合

QBシリーズ製品仕様

製品仕様 QB-100 QB-200
トラフィック解析処理スループット 20 Gbps 20 Gbps
ビデオデリバリースループット 10 Gbps 10 Gbps
ラックサイズ 2RU 2RU
Managementインタフェース 2 × 1GbE
内部ストレージ

20TB - ホットスワップ可能
外部ストレージにより拡張可能(オプション)

トラフィック解析用インタフェース 4 × 10GbE SFP+ 8 × 10GbE SFP+
ビデオデリバリー用インタフェース 2 × 10GbE SFP+ 2 × 10GbE SFP+
消費電力 通常 450W
電源

2 × AC/DC power : 100-240V, -48~60V
50-60Hz, 9.0-4.5 A.

ホットスワップ 電源、FAN
ラックマウント

19 (2EIA Units)

QBシリーズ Video Analytics

Qwilt Video Analytics(ビデオアナリティクス)は、オンラインビデオの消費状況を深く掘り下げて可視化するだけでなく、現在と将来の消費パターンのトレンドも表示します。Video Analyticsは、加入者のビデオ視聴動向に関する深い洞察を可能とするだけでなく、新たに出現するインターネット上の人気ビデオサイトに自動的に対応します。

このソリューションをQwiltのTransparent Video Deliveryと併用することで、オンラインビデオの帯域消費状況を把握し分析しながら、トランスペアレントなビデオ配信が可能となり、さらに効果的なソリューションとなります。

※Transparent Video Delivery:Qwilt社が提供するビデオ配信機能。帯域を激しく消費するビデオトラフィックを効率よくキャッシュ・配信することによって、帯域量を低減することが可能。

Qwilt Video Analytics 画面イメージ

Qwilt Video Analytics 画面イメージ

数値をベースとした、トラフィック最適化

Qwilt Video Analyticsは、オンラインビデオトラフィック帯域幅に関する詳細かつリアルタイムな数値を収集します。直感的に操作可能なダッシュボードによって提供されるレポートで、加入者のオンラインビデオ消費量の急速な増加に対処できるか等を表します。

通信事業者は、Qwilt Video Analyticsを使用することで、オンラインビデオの増加パターンを検知してインフラ戦略をより正確にプランニングできるほか、QwiltのTransparent Video Deliveryソリューションと併用することで、オンラインビデオのトレンドを把握しながら、ネットワークの最適化を計ることが可能となります。

QBシリーズ Video Analytics の優位性

高機能なレポートデータ

ビデオ帯域消費量に関する詳細な数値データを高機能なビジュアルにより提供することで、経営層に対しても効果的なオンラインビデオトレンドレポートの提供が可能です。

高精度なオンラインビデオトレンドの把握

加入者がインターネット上でどのようなビデオを視聴しているのか、また、オンラインビデオがどの程度の帯域を消費しているのかをグラフィカルに表示可能です。例えば、トップのコンテンツプロバイダのサイトを、加入者別、タイトル別、セッションおよび帯域消費量別に表示することができます。

オンラインビデオトラフィックの最適化配信

QwiltのTransparent Video Deliveryソリューションとの併用により、現在と過去のビデオトラフィック消費量を比較し、帯域消費量および関連する帯域節減量を解析することで、将来のトラフィック増加に対しての予測を行うことが可能です。

抜群の精度

Qwiltのオンラインビデオクラシフィケーションエンジンが、高度な解析機能によりビデオトラフィックを検知し、それをQwiltのビデオシグネチャリサーチグループが継続的にアップデートします。