Sandvine Policy Traffic Switch (PTS)

 

急増するアプリケーショントラフィックや帯域幅需要に対し、業界をリードするDeep Packet Inspection(DPI)ベースのポリシーソリューションにより、インテリジェントなトラフィック管理を実現します。

製品概要

Sandvine(サンドバイン) Policy Traffice Switchのご紹介

企業サイトへのリンク

Sandvine(サンドバイン)の業界をリードするDeep Packet Inspection (DPI) ベースのポリシー ソリューションは、アプリケーションの識別とインテリジェント トラフィック管理により、サービス プロバイダが現在直面している帯域幅を消費するトラフィックの管理、悪意のある脅威の排除、新しいサービスの創出、アプリケーション品質の動向の確認など、業務上および技術的な差し迫った問題を解決する事が出来るソリューションです。

Sandvine社概要

Sandvine社は、ブロードバンドサービスプロバイダー向けに精度の高いトラフィック分析/トラフィックコントロールを基にネットワークインテリジェンスを提供しています。現在では、世界 29 か国で 60 社以上の当社顧客による数百万の家庭用ブロードバンド加入者へのサービス提供を実現しています。

  • 本社:カナダ・オンタリオ州 Waterloo
  • 2001年設立
  • ワールドワイドおよび日本において多数の導入実績

Sandvine image

 

製品仕様

Policy Traffic Switch

Sandvine Policy Traffic Switch (PTS) ポートフォリオを使用することにより、サービス プロバイダはアプリケーション トラフィックから多くの利益を得ることができます。 当社の DPI ベースのポリシー ソリューションは、帯域幅を消費するトラフィックの管理、悪意のある脅威の排除、新しいサービスの創出、サービス品質の動向の確認などの主要な課題に対処します。 加入者に配慮したこれらのソリューションは、1 台のインテリジェント プラットフォーム上に展開され、ネットワーク アーキテクチャを簡素化し、短期間で投資効果が得られるようにします。 サービス プロバイダは現在、Deep Packet Inspection (DPI) ベースのポリシー ソリューションに注目し、提供するサービスを差異化しています。 ネットワーク全体を通じて新しいサービスを立ち上げ、要求が高い加入者に確実に提供する必要があります。 Sandvine は、これらの重要な要求を認識しており、10GE インターフェイスの導入、GE インターフェイスの高集積化、およびクラスタ化機能によって大規模ネットワーク全体への展開を大幅に簡素化します。

PTS22000 製品仕様

Cluster PTS22600 PTS22100 PTS22050
最大通信スループット 240 Gbps 40 Gbps 10 Gbps 10 Gbps
最大インスペクションスループット 240 Gbps 40 Gbps 10 Gbps 4 Gbps
最大新規フロー/秒 1.2 M 200 K 100 K 50 K
最大同時フロー数 96 M 16 M 4 M 2 M
最大サブスクライバ数 5 M 3 M 2 M 500 K
外形寸法 - H 89 mm x W 432 mm x L 585 mm

PTS22000 image

PTS24000 製品仕様

Cluster PTS24700 PTS24500
最大通信スループット 480 Gbps 160 Gbps 160 Gbps
最大インスペクションスループット 480 Gbps 120 Gbps 80 Gbps
最大新規フロー/秒 9.0 M 2.0 M 1.5 M
最大同時フロー数 270 M 72 M 50 M
最大サブスクライバ数 5 M 5 M 5 M
外形寸法 - H 178 mm x W 432 mm x L 585 mm

PTS24000 image

SRP3000-D 製品仕様

Cluster PTS24700 PTS24500
ディスク容量 14.4 TB 6.0 TB 1.2 TB
ディスク数 24 10 2
RAID RAID 1 and 6 RAID 1 and 6 RAID 1
外形寸法 H 89 mm x L 630 mm x W 422 mm

SRP3000-D image

製品の特長

トラフィック制御と可視化
● Sandvine の PTS プラットフォームは高性能のリアルタイム デバイスであり、さまざまなインライン構成およびパッシブ構成に展開できます。 現在、ほとんどのサービス プロバイダは、加入者トラフィックを最大限可視化するために PTS プラットフォームをネットワークのサービス エッジにインラインで展開しています。これにより、アプリケーション トラフィックがネットワークに入るとすぐに適切に優先付けられます。また、ネットワーク全体の完全なレポートが作成されます。

真のスケーラビリティの認識
● Sandvine の PTS プラットフォームによって本当の意味でのスケーラビリティが提供され、小規模なリモート ハブから大規模な中央集中型サイトまで非常にコスト効率に優れた展開が可能です。 PTS 14000 および PTS 8210 プラットフォームにはさまざまな選択肢があり、大規模なサービス プロバイダのネットワーク上にある多様なサイトに合わせて、パフォーマンス、インターフェイスの種類、およびポート数をカスタマイズできます。 また、これらのプラットフォームは、実績のある同じ機能セットを装備しており、ネットワーク全体にわたって加入者サービスおよびトラフィック管理のポリシーを適用できます。

多様な冗長オプション
● サービス アーキテクチャ全体を通じて高可用性は非常に重要なので、Sandvine では多様な冗長機能およびオプションを用意しています。 多くのサービス プロバイダが率先して n:n+1 冗長構成を導入しています。これは、コスト効率に優れているだけでなく、単独の簡単なハードウェア レプリケーションよりも包括的にシステムを保護できるからです。 また、統合インターフェイス バイパス機能により、停電や重大なシステム障害が発生しても、加入者トラフィックは中断されません。

シームレスな統合
● 大手サービス プロバイダのネットワークでは加入者のインバウンド トラフィックとアウトバウンド トラフィックが異なる経路をとる非対称ルーティングであることが多いため、ステートフル識別は不可能です。 Sandvine は独自のクラスタ化技術によってこの問題を解決しました。この技術により、ネットワーク ルーティングを変更しないで正確にプロトコルを識別できます。 また、Sandvine には、そのソリューションを大手サービス プロバイダのネットワークおよび運用サポート システムに統合した実績も豊富です。

 

システム概要

Sandvine社製品ポートフォリオ

Policy Traffic Switch (PTS) ※専用機

PTS image

  • トラフィックの分類(詳細な計測)
  • ポリシーの意思決定と実行
  • ネットワークサイズに応じた豊富なラインナップ

Sandvine Reporting Platform (SRP) ※専用機

PTS image

  • 加入者プロファイル、ポリシーや状態情報の格納
  • PTSで取得した統計情報を保存

Service Delivery Engine (SDE) ※汎用機利用

PTS image

  • ポリシーの意思決定と実行
  • 他ネットワーク機器への連携インタフェースを実現

Network Analytics(NA) ※汎用機利用

PTS image

  • 強力な解析ツール
  • 単純な過去の状況把握から将来のトレンド予測

トラフィックモニタリング

既存ネットワークを有効活用するには、現在ネットワークに流れトラフィックの中身を把握する必要があります。
Sandvine社トラフィック解析ソリューションには、以下の2種類があります。
これらを使用することにより、現在のトラフィック状況や新規サービス立案に必要な情報を取得することが可能です。

Network Demographic Server(NDS)

Network Demographic Server(NDS)は、どのようなトラフィック(Protocol)がネットワークに流れていたかを知る事を目的とした製品です。Protocol種別やトラフィック量が確認可能です。
    多数の事前定義されたレポート
  • 集約されたネットワーク使用率
  • 個別の加入者ごとの使用率
  • 機能ごとにグループ化
  • リソース監視
  • ネットワーク種別(Web,ゲーム,P2Pなど)
  • レポート種別ごとに詳細分類
  • 接続単位、ネットワークエレメント単位、Subscriber単位など
  • レポートはさまざまな形式でエクスポート可能
  • PDF, PPT, CSV, HTMLなど

PTS image

PTS image

導入構成例

Network Analytics(NA)

Network Analytics(NA)は、地域やユーザの平均的なトラフィックなどの情報を表示し、自動で今後のトラフィックやユーザ傾向(トレンド)を把握することが出来る製品です。

  • 一般的なトラフィック検知装置では、プロトコルやトラフィック量のみの認識であるが、Network Analytics では、より詳細な情報が取得可能。
  • 重要なメトリック(測定基準)集計し、現在を測定することにより、過去を理解し、将来を予測可能。

PTS image

PTS image

導入構成例

 

トラフィックコントロール

ヘビーユーザに対する対策やネットワークの公平性維持としてSandvineソリューションにより以下の4つのような対策が挙げられます。これにより、ネットワークをより効率良く使用することができ、顧客満足度の向上や収益の増加に結び付ける事が出来ると考えられます。

プロトコル帯域制御

NDSを用いて、ヘビーユーザの動向を観測し、現在のネットワークの状況を把握します。次に、帯域を多く消費するプロトコルの制御を行うことにより、ヘビーユーザによるピーク時間帯の帯域占有を回避します。

プロトコル帯域制御

公平サービスの提供

Sandvine社ソリューションの Fair Share Shaping 機能を使用して、ユーザに対して均等に帯域を割り当てることにより公平なサービスを提供することが出来ます。

Fair Share Shaping とは...

  • トラフィックの合計を指定した値にシェーピングしながら、ユーザに帯域幅を均等に割り振ります。
  • 全てのアクティブなユーザが、使用可能帯域幅を公平にシェアします。
  • 空いている(使われていない)帯域幅は、制限値に達しているユーザに均等に配分されます。

公平サービスの提供

定額従量制モデル

Sandvine社ソリューションの Quota Manager 機能を使用して、ユーザ毎にリアルタイムで転送量のカウントおよび集計を行い、指定した総トラフィック量を超えたユーザに対して制御を行います。
追加の料金を支払うことにより、制御を解除するなどのオプションを付け収益向上につなげる事が出来ます。

定額従量制モデル

新サービスプランの立案

ユーザの要求に応じたサービスプランをSandvine社ソリューションで作成し、顧客満足度の向上、解約率の低減を図る事が出来ます。Sandvineのさまざまな機能を使い、きめの細かいサービスプランを策定することが出来ます。

海外事例

Sandvine社ソリューション利用し複数のサービスプランを構築しました。
スタンダードプランからミニマムプランへ移る加入者が多く、加入者一人あたりの月間売上高)が減少しました。しかし、加入者の満足度向上や解約率の低減に繋がりました。さらには、口コミによる評判や、宣伝によるプロモーション活動から新規加入者が増加しました。

新サービスプランの立案供