TCS、Tableau社とのグローバルアライアンスを発表

 

2015年11月4日

次世代ビジネスインテリジェンスとアナリティクスソリューションの提供を拡充


このページは2015年10月20日(現地時間)に米国ニューヨークとインド ムンバイにて発表されたプレスリリースの抄訳です。
発表内容の詳細は原文をご覧下さい。
原文はこちら

2015年10月20日、米国ニューヨークおよびインド・ムンバイ発-ITサービス、コンサルティングおよびビジネスソリューションのリーディングカンパニーであるタタコンサルタンシーサービシズ(本社:インド・ムンバイ、以下「TCS」)は本日、高速で使いやすいビジネスアナリティクスソフトウェアの世界的リーダーであるTableau Software(タブローソフトウェア、以下「Tableau社」)とグローバルアライアンスパートナーシップを締結したことを発表しました。

このパートナーシップによりお客様は、高速なアナリティクスを迅速かつコスト効率良く導入、統合でき、複雑な構造のデータをパターン化や傾向分析、ビジュアルインサイトによって可視化することで、リアルタイムの意思決定力を向上することがより一層、可能となります。TCSは、アクセラレータやソリューションのフレームワークおよび再利用可能なアセットの構築に加え、スピードと柔軟性へのニーズに応えるTableau社の画期的な新機能を用いて、大規模なデリバリー能力の開発にも注力します。

TCS Alliance & Technology Unitのグローバルヘッドであるラマン・ヴェンカトラマン(Raman Venkatraman)は、「Tableau社が持つソフトウェアとTCSが提供するビジネスソリューションの融合は、お客様にとってビッグデータの威力を解き放つものです。両社はデータの可視化を通じて、お客様に迅速な意思決定能力を提供します」と述べています。

Tableau社のアメリカ チャネル担当バイスプレジデントのマイケル・ホフ(Michael Hoff)は、「TCSのグローバルな展開とビッグデータソリューション構築・管理での深い知見によって、人々がデータを見て理解することを支援するという我々の使命をTableauの能力でより強力に遂行できるようになります」と述べています。

TCSはTCSのプライベートクラウド上でTableauの先進的なデータ可視化機能を活用しながら、相互運用可能なソリューションの開発に注力しています。お客様が迅速かつコスト効率良く複雑な問題をシミュレート、可視化、および解決できるよう、これらのソリューションは最善のものを組み合わせて構築します。


PDFはこちらからご覧いただけます