TCS、過去5年間に最も急成長を遂げたITサービス産業ブランドとして認められる

 
2015年3月2日

この資料は2015年2月19日(現地時間)に英国ロンドンとインド・ムンバイにて発表された プレスリリースの抄訳です。
発表内容の詳細は原文をご覧下さい。
原文はこちら

2015年 2月 19日、 英国ロンドン|インド・ムンバイ発―ITサービス、コンサルティングおよびビジネスソリューションをリードするタタコンサルタンシーサービシズ(本社:インド・ムンバイ、以下「TCS」)は、世界有数のブランド評価会社であるBrand Financeにより、過去5年間に最も急成長を遂げたITサービス産業のブランドとして認められまた。2010年から2015年までの5年間にTCSはこの業界ブランド価値のリーダーとしての地位を確立し、ブランド価値を23億米ドルから87億米ドルに高めると共に、業界最高のブランド格付けである「 AA+」を維持しました。また4年連続でITサービス産業分野での世界4大ブランドのひとつに選ばれ、業界最高のグループに属するという位置付けをさら強化しました。

Brand Financeは世界の大手企業を対象とし、評判イメージおよび知的資産米ドルに換算して評価しています。Brand Financeの評価はしばトップクラス監査法人による検証を受け、価はしばトップクラス監査法人による検証を受け、さまざまな規制団体から受け入れられると共に、世界の主要ブランドから評価実績の指標として使用されています。

Brand Financeの CEO、デイビッド・ヘイ( David Haigh)は次のように述べています。「デジタル経済に対応した新しい時代のブランドへの評価が極めて大きく拡大しています。例えばツイッター2015年にあらゆる市場セクターの中で最も急速に成長したブランドとなり、その価値は3倍に拡大して44億米ドルに達しました。もうひとつ非常に大きな関心を持ってBrand Financeが追跡しているブランドがTCSであり、過去5年間に271%の成長を遂げて87億米ドルに達するという顕著な実績を挙げています。TCSは顧客第一主義と長期的に信頼されるビジネスパートナとなることの注力しており、このことがブランドの価値につながっています。TCSは自らのセクターにおいて最強のブランドとなっただけでなく、過去5年間に最大のブランド価値拡大を達成し、60億米ドルを超える価値を上積みしています」

TCSの代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)N.チャンドラセカランは次のように述べています。「TCSブランドは世界中で極めて大きな進歩を成し遂げ、またこのブランド価値の最大の推進要因は、顧客満足度、業績、人財、およびブランド価値をさらに拡大するために実施したいくつかの戦略的イニシアティブにおける業界リーダとしてのTCSの行動力です。TCSは今後も引き続業務に携わるすべての国とコミュニティにおいて、リーディングカンパニとしてのブランドへの投資を行います。」

過去5年間にわたり、TCSはブランド強化のためのいくつかの戦略的イニシアティブへの投資を行ってきました。TCSのブランディング、広報、スポンサーシップ、従業員ブランドおよびコミュニティプログラムは、世界中で50を超える受賞歴を通じて認められています。

TCSは2014年にタイトルパートナーシップを開始したTCS New York Marathonをはじめとし、世界中のマラソン大会にて主要なブランドスポンサーを務めています。欧州ではTCS Amsterdam Marathonに対し、ブランド認識向上のための最高のプログラムに授与されるGold Awardを含め、Corporate Engagement Awardsの最高賞が3つ授与されています。

TCSのフラッグシップイベントであるTCS Summitは昨年、C&IT Awardsによって「International Conference of the Year」に選ばれました。TCSは、ブラジルで開催された2014 FIFAワールドカップへのソーシャルメディアのセンチメント分析を提供した受賞製品TCS SocialSoccerアプリなどのイニシアティブへの投資を通じ、デジタル事業での強みを活かしてブランドの構築を進めきました。また北米、欧州、英国、インド、中南米、およびオーストラリアを含め、事業を展開していいる主要市場での最高水準の従業員ブランドとしても認識されています。最近の数年間には、ダボスで開催された世界経済フォーラムなど有数の業界および各界リーダーによるフォーラムでもブランドのプレゼンスを大きく高めています。

業界アナリスト企業NelsonHallのシニア・バイスプレジデントであるレイチェル・ストーモンス(Rachael Stormonth)氏は次のように述べています。「TCSはITサービス産業において最大かつ最も急成長を遂げ、また最も利益率の高い企業のひとつであり、時価総額ベースは世界第2位の地位にあります。拡大するTCSブランドの強さは、同社を他と差別化するいくつか特色に対して企業経営者認識が高まってきていることを意味しています。主要な国際マラソン(ニューヨーク、アムステルダム、ベルリン、シンガポール、バンガロール、ムンバイ)のスポンサーシップをはじめとする一連のマーケティングイニシアティブは、TCSに対する認知度向上に貢献しています。この企業価値とブランド力の急成長から見ても、TCSが株主への還元を着実に実現していることがよくわかります。」


Brand Financeについて

Brand Financeは世界有数のブランド評価および戦略コンサルティング企業であり、15 を超える国にオフィスを展開しています。Brand Financeはブランドの金銭的価値を査定することにより、マーケティング部門、ブランド所有者、および投資家によるブランド価値の把握を可能しています。戦略、ブランディング、市場調査、ビジュアルアイデンティティ、財務、税および知的資産に関する専門ノウハを活用し、Brand Financeはお客様がブランドと事業の価値を最大限に高め、またマーケティングと財務との間のギャップを埋めるため適切な判断を行うことを支援しています。


PDFはこちらからご覧いただけます