TCS、HfS ResearchによるIoT調査レポートにて「Winner’s Circle」に選ばれる

 

2015年10月22日

Customer Collaboration TechniquesとStrength of IoT Visionでの リーダーシップが評価される


このページは2015年10月15日(現地時間)に米国サンタクララとインド ムンバイにて発表された プレスリリースの抄訳です。
発表内容の詳細は原文をご覧下さい。
原文はこちら

2015年10月15日、米国サンタクララおよびインド・ムンバイ発-ITサービス、コンサルティングおよびビジネスソリューションのリーディングカンパニーであるタタコンサルタンシーサービシズ(本社:インド・ムンバイ、以下「TCS」)は、HfS Researchが2015年9月に発表した、同社研究主幹チャールズ・サザーランド氏による「Internet of Things (IoT) Services」調査レポートの中で最高位に値する「Winner’s Circle」に位置づけられたことを発表しました。

HfS Researchは18社の大手サービスプロバイダーによる、56を超えるIoTサービス契約から1,080を超えるデータポイントにわたり、IoTサービスの購入者、提供元、アドバイザーおよびインフルエンサーに関するデータを収集しました。その結果、「Winner’s Circle」には卓越したエグゼキューションとイノベーションを実証した企業が選ばれました。TCSはクライアントとの間に強固な関係を構築していること、およびクライアントのニーズを満たす際の敏速さと高度な柔軟性が評価されました。IoTはTCSがクライアントに提唱するDigital Reimagingation(TM)というビジョンの基盤のひとつであり、TCSはクライアントのビジネス価値を高めるイノベーション、IoTスキル、および将来性のある技術への投資を継続します。

このレポートでは、TCSの強みとしてプロジェクトへのクライアントとの共同投資を通じてIoT関連の資源を開発し、その資源を他のクライアントにも応用することができる点が取り上げられています。TCSは自らのSilicon Valley Customer Collaboration Center(SVCCC)および近く開所を予定しているDigital Reimagination(TM) Centerを通じて、クライアントとの独特な形態での共同開発を行い、業界に役立つIoTへの深い理解、IoTに関する価値ある経験とインサイト、デジタルテクノロジーのスキル、差別化を可能にするエンジニアリング、IoTスキルおよびサービスと製品、ならびに業界で最も幅広いデリバリ能力を提供しています。

HfS研究主幹チャールズ・サザーランド氏は、「今回より実施されたIoT Services調査においてTCSが『Winner's Circle』に選ばれた背景には、クライアントと共同で開発と投資を行いIoTに関する高価値のソリューションを提供してきたことが大きな役割を果たしています。TCSは、IoTに関する非常に幅広い業界とテクノロジー関連のスキルを、エンジニアリングやビッグデータとクラウド関連機能と共に提供し、グローバル企業のDigital Reimagination(TM)遂行を支援するというビジョンを描いています。また、TCS IoT Sensor Data Analytics Frameworkなどの独自のIoT用IPを提供しており、新しいソリューションが次々と生まれるこの急成長分野を追っている我々としては、近い将来TCSがIoTに関してクライアントともに何を創出していくのか非常に注目しています」と述べています。

TCSのDigital Enterpriseグローバルヘッドを務めるサティア・ラマスワミー(Dr. Satya Ramaswamy)は次のように述べています。「日々のクライアント業務や研究を通じて我々は、IoTがもたらす様々な可能性を実感しています。IoTは企業のビジネスモデルを根本的に変革し、これまで存在しなかった製品やサービスを創り出し、さらに、顧客セグメンテーションをまったく新しい角度から見直し、ビジネスプロセスを自動化かつ加速し、デジタルとフィジカルが融合した画期的な業務環境を整えるなどTCSが唱えるDigital Reimagination(TM)の強力な原動力となっています。TCSがIoT技術を活用してクライアントのためにビジネスチャンスを創出していることを喜ばしく感じると共に、『Winner's Circle』に位置づけられことを光栄に思います。」


PDFはこちらからご覧いただけます