「IDC MarketScape」評価において

SAP実装サービスの「リーダー」に認定

 

顧客とTCSのプロジェクトチーム間の緊密な連携が顧客から高評価を獲得

ニューヨーク | ムンバイ、2018年7月20日: タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)は、IDCが6月に発行した「IDC MarketScape: Worldwide SAP Implementation Services Ecosystem 2018 Vendor Assessment」(Ali Zaidi / Gard Little著)において「リーダー」の評価を獲得しました。

TCS エンタープライズ・アプリケーション・サービス部門グローバルヘッドのアキレシュ・ティワリ(Akhilesh Tiwari)は次のように述べています。

「“ビジネス4.0”の時代において成功を目指す企業は、従来以上のスピードや俊敏性を身に付け、競争優位性を獲得すべく、スマートテクノロジーやインテリジェントテクノロジーの活用に取り組んでいます。今回のリーダー評価は、SAPの次世代オファリングのプラットフォーム上にTCSが構築したケイパビリティの堅牢性と、それが将来への備えに取り組まれているお客様から支持を得ていることの証であるといえるでしょう」

TCSは幅広い業界やビジネス領域、地域に対応する、包括的かつ統合されたSAP技術スタック関連サービスポートフォリオを展開しています。これには、コンサルティングやアドバイザリー、実装、他のロケーションへのロールアウト、アップグレード、シェアードサービス、さらにホスティングサービスなどが含まれます。TCSはお客様がSAP S/4HANA、Hybris、SuccessFactors、AribaといったSAPの最近のデジタルオファリングを評価し、将来的なアーキテクチャや戦略の策定を支援します。さらに、シンシナティ(米国オハイオ州)、パリ(フランス)、ムンバイ(インド)、東京(日本)にはイノベーションとデモに特化したセンターを設置し、デジタルトランスフォーメーションのエコシステムを通じ、SAPの新商品や世界各地のイノベーション事例をお客様に体感していただける体制を構築しています。

また、さまざまな業界で培ったドメイン知識を生かし、公益事業向けの予知保全や金融業界向けの流動性リスク管理、運輸業界向けのMRO(整備・修理・オーバーホール)ソリューションなど、各業界に特化したソリューションを構築しています。TCSのビジネス&テクノロジー・サービス部門内のコンサルティング&サービスインテグレーションチームでは、SAP商品をはじめ複数のサービスラインや技術の連携・統合が求められる、より大規模なカスタムソリューションも設計しています。

TCSのSmart Operationsスイートは各種自動化ツール(TCS FastForward、TCS DataSure、TCS QuickConfig)や将来を見据えて修正を行うアクセラレーター(TCS ValueMaXXおよびTCS ACE+)を備え、お客様のプロジェクトの大幅な効率化に貢献します。また、SAPの認定を取得しているTCSの旗艦コグニティブ・オートメーションソリューション「ignio™(イグニオ) for SAP」は、SAPアプリケーションの保守やOS・データベース管理など、SAPの管理全般の知識をあらかじめ備えており、複雑なSAPインスタンスの管理を簡便にするとともに、パフォーマンスの最適化を可能にします。

TCSのSAPとの戦略的パートナーシップは、幅広い業界やソリューション分野のco-innovation(コ・イノベーション)やGo-to-Market(市場開拓)プログラムに対応しており、これまでに数々の表彰を受賞しています。また、TCSはSAPグローバルサービスパートナー、SAPアウトソーシング・オペレーションズ・パートナー(ホスティングおよびクラウドサービス)、SAPチャネル・パートナーにも認定されています。

 

タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)について

タタコンサルタンシーサービシズは、革新的かつ業界最高水準のIT サービス、コンサルティング、およびビジネスソリューションを世界中の大手企業に向けて提供し、その変革への道のりを支援している、ITサービス、コンサルティング、およびビジネスソリューション企業です。TCS はコンサルティングを基盤とし、コグニティブテクノロジーを活用したBPS、エンジニアリング・サービスやソリューションを総合的に展開しています。これらを卓越したソフトウェア開発の基準として認識されている、TCS 独自のアジャイル・デリバリー・モデルを通じ、地理的な制約にとらわれることなく提供しています。

TCS は世界最大規模の多国籍複合企業体であるタタ・グループに属し、最高水準のトレーニングを受けた40万人を超える人材を擁し、世界46カ国で事業を展開しています。2018年3月31日を末日とする会計年度の売上高は190億9,000万米ドルで、インドナショナル証券取引所とボンベイ証券取引所にも上場しています。また、気候変動に対する積極的な取り組みや表彰を受けた地域活動を世界中で展開しており、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスやMSCI グローバル・サステナビリティ・インデックス、FTS4Eグッド・エマージング・インデックスをはじめ、主要なサステナビリティ指数の構成銘柄に名を連ねています。

TCSの詳細については www.tcs.com をご覧ください。

 

※本内容は、2018年7月20日(現地時間)、米国・ニューヨーク、インド・ムンバイで発表されたプレスリリースの抄訳です。

発表内容の詳細は原文をご覧下さい。

▶ 原文はこちら

 

▶ PDFはこちらからご覧いただけます。