「Forbes 2017 Global 2000」で2部門に入賞

独立調査において「Top Regarded Companies」と「World’s Best Employers」の2部門で入賞

2017年12月12日

 

ムンバイ、2017年12月12日:タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)は、「Forbes 2017 Global 2000(世界の有力企業2000社リスト)」(以下、「グローバル2000」)において、「Top Regarded Companies(最も評価される企業)」と「World’s Best Employers(世界の最優良雇用主)」の2つの評価部門でランクインを果たしました。

フォーブスメディア(Forbes Media)と調査会社スタティスタ(Statista)は世界規模の世論調査を実施し、今年先立って発表された「グローバル2000」にリスト入りした世界の主要上場企業の中から、評価部門ごとに数を絞ったリストを発表しました。

「Top Regarded Companies」 部門の選出では、世界60カ国約15,000人を対象にオンライン調査が行われ、回答者がグローバル2000に選ばれた企業の評価を行いました。
評価基準は「信頼性・誠実さ」「社会的行動」「雇用主としての魅力」「製品・サービスの優秀さ」の4つです。TCSは高い総合点を獲得し、上位にランクインしました。インドでは全業界を通じて1位、世界全体ではITサービス業界で4位の評価を得ました。

また「World’s Best Employers」 部門においてもリスト入りを果たしました。同リストは世界規模の投票と複数の地域別調査を通じて回収された36万件以上の評価、推薦を分析して作成されます。
地域別調査では従業員が自らの雇用主としての魅力を評価(内部評価)するとともに、他の企業も推薦(外部評価)する方式が採用されました。

タタグループの一員であるTCSは、「タタ行動規範(Tata Code of Conduct)」に則り、最高水準の透明性、公正さ、倫理的行動の維持に努め、ステークホルダーから高い信頼を得ています。
企業としての投資に加え、一人ひとりの社員が世界各地でさまざまな社会的な取り組みにボランティアとして参加、貢献していることが世界各地で認知され、多大な信頼の獲得につながりました。

 

【タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)について】
タタコンサルタンシーサービシズは、世界の企業を顧客として革新的かつ業界最高水準のIT サービス、コンサルティング、およびビジネスソリューションを提供する企業です。TCS はコンサルティングを基盤とし、IT、BPS、インフラストラクチャ、エンジニアリング、およびアシュアランスサービスを総合的に展開しています。
これらは卓越したソフトウェア開発の基準として認識されている、TCS 独自のグローバル・ネットワーク・デリバリー・モデル™(Global Network Delivery Model™)を通じ、提供されています。TCS は世界有数のコングロマリット(複合企業体)であるタタグループに属し、389,000人を超える最高のトレーニングを受けた人材を世界46 カ国に展開しています。2017 年3 月31 日を末日とする会計年度の売上高は176 億米ドルに達し、インドナショナル証券取引所とボンベイ証券取引所にも上場しています。 TCS の詳細については www.tcs.com をご覧ください。

 

※本内容は、2017年12月12日(現地時間)にインド・ムンバイで発表されたプレスリリースの抄訳です。発表内容の詳細は、原文(英語)をご覧ください。

▶ 原文はこちら

 

▶ PDFはこちらからご覧いただけます。