グローバル・パースペクティブ

自動化-従来型のビジネスの在り方を変革する

 

自動化技術の現在と未来

ビジネスや人々の働き方を大きく変える力を持つ自動化技術は、デジタルトランスフォーメーションを加速する鍵を握っています。

自動化は日雇い労働者から銀行家やデザイナー、いわゆる「C- スイート」と呼ばれる企業の経営幹部などの専門職の人々まで、その働き方を変えつつあります。それを可能にしているのは、AIやロボティクス(ロボット工学)、機械学習といった技術の飛躍的な進歩によってもたらされます。コンピューターやロボットは、手作業や肉体労働を代替するものから、十分な情報とその認知に基づいて自律的に意思決定を行うものへ移行しつつあります。その結果、ビジネス活動のさまざまな領域に自動化の影響が及んでいます(図1参照)。

自動化の導入は、もはや企業が成功する上で欠かせないケイパビリティといえます。自動化は、コスト削減による最終損益の改善と、収益増大への寄与による売上高の成長の双方に貢献します。医療業界や組織横断的に自動化を導入している業界で最も進んでいる一方で、製造やエネルギー業界では対応が遅れています。

出典:https://www.cbinsights.com/research/artificial-intelligenceemerging-industries/

幅広く応用が進んでいる自動化ですが、現段階では機械学習やアルゴリズムなどの技術を組み合わせて特定の業務を遂行するにとどまっており、まだ初歩的な段階といえます。専門家らは、2040年ごろまでには自動化のレベルが成熟し、コンピューターやロボットが人間のように働けるようになると予想しています。

その先、自動化がどのように進化していくかは予測困難です。次の段階としてはまず、機械が人よりはるかに知的かつ有能になると期待されています。そうなったとき、人々が抱く最大の懸念は、「自動化技術に職を奪われる」ことではないでしょうか。自動化によってさまざまな分野の手作業が代替されるのは間違いないでしょう。しかし完全に人間に取って代わることはできません。例えば看護師が行うような高価値の業務では、現段階の自動化に出る幕はありません。たとえ自動化技術によってそれまで人間が行ってきた仕事の一部が代替されるとしても、同時に従来存在しなかった全く新しい分野の仕事が創出され、人間がそれを担うことになるでしょう。

図1

 

企業のビジネス改革を支えるTCSの自動化ソリューション

タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)は、企業が最先端のデジタル技術を最短の時間で取り入れ、同時に効率性を高められるよう、「Machine First Delivery Mode(l MFDM)」を新たに考案しました。MFDMは、従来とは一線を画す、 エンタープライズITの積極的な管理を行うコグニティブソリューションを創出するためのデリバリーモデルです。TCSの知的財産を活用した独自のコグニティブエンジンはもちろんのこと、「知覚- 思考- 行動- 学習」の原理に従ったものであれば、サードパーティーのAIエンジンにも対応します。このデリバリーモデルは、セルフヘルプ、セルフヒール(自己回復)の能力を備えた自律的なソリューションを提供する上で、既にTCSの標準的な手法となっています。MFDMは状況対処型のITサービスから、専門家主体のより機敏なサービスのデリバリーへの移行を助けます。

TCSが提供するビジネスレベルの自動化ソリューションとして特徴的なのは、「エンタープライズインテリジェントオートメーション」の分野です。
 

  • IPAによるアジャイルなビジネスプロセスパラダイムの創出

TCSは企業のビジネスプロセスの自動化とコグニティブコンピューティング(コンピューターの経験値に基づく自律的な管理)を通じ、より一層のコスト削減と、市場投入までの時間の大幅な短縮を可能にします。ビジネスプロセスや意思決定の管理、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)、コグニティブオートメーションなどを中心にサービスを展開しており、これらのサービスはTCSの知的財産を基盤としたソリューションに加え、サードパーティー製品も活用しています。
 

  • ビジネスプロセス・意思決定の管理

デジタルの力でITプロセスを変革するとともに、IPA(インテリジェンスプロセスオートメーション)スイートを活用しながらプロセスオートメーションの原理を適用することで、AIの技術による自律的な意思決定を可能にし、お客様が複雑な事象やプロセス変更などへ迅速に適応できるようにします。
 

  • RPA

負荷の少ないソフトウエアロボットが人間に代わって大量の定型的・反復的な作業を行い、プロセスを自動化します。
 

  • コグニティブオートメーションサービス

アナリティクスから導いたパターン認識、自己学習、音声処理や画像処理を含むコグニティブ技術などを活用して、フロント、ミドル、バックの各オフィスやオペレーション、顧客チャンネル、カスタマーエクスペリエンスを変革します。
 

  • インテリジェントITオペレーションによるデジタルビジネスの支援

▶ 業界トップクラスの自動化、統合、認知ソリューションでエンタープライズITインフラ管理を支援します。クラウド、ネットワーク、コンピュートストレージ、システムインテグレーションの全体に対応。コマンドセンターでは運用データのアナリティクスや機械学習アルゴリズムを活用し、ITインフラ運用の予測やインシデントの予防を可能にします。運用自動化サービスは、ランブック、サービスデスク、ワークプレース、プロビジョニング(*)の自動化で構成されています。

※必要に応じてネットワークやコンピュータなどのリソースを提供できるよう予測、準備すること

▶ マシンセントリックな手法を採用したセルフヘルプ、セルフヒール(自律的な回復)のソリューションを通じ、ITSMツール、インフラサポート、クラウド管理・監視ツールを支援します。

▶ アプリケーションライフサイクル管理を自動化します。インフラが任意に設定可能になった現在、できるだけ頻繁に本番環境に展開する上でスピードは不可欠な要素です。インフラのDevOpsに適したツールやアクセラレーターを活用すれば、そのスピードはより一層加速します。

  • アプリケーションサービスおよびインテリジェントアシュアランスによるソフトウエアの構築・改良


▶ TCSの豊富なアプリケーションサービスデリバリー経験とコグニティブソリューションを組み合わせ、品質保証をはじめ、デジタルレジリエンス(ネットワークの安全性を維持する力)の向上を目指す企業のソフトウエア開発を支援します。

▶ 信頼性工学

ネットワーク、地理的な分散、モバイル環境、クラウド、レガシー環境など、異なる環境のさまざまなパラメーターを監視し、アプリケーションのパフォーマンスを向上します。

▶ アプリケーションライフサイクル管理

エンド・ツー・エンドの追跡可能なパラダイムや、ゲーミフィケーション(遊び)の要素を取り入れたインタラクションインターフェースを介した連携を構築します。これにより、アプリケーションサービスやレガシーコード(内容が複雑かつ解析困難で正確な仕様書が存在しないソースコード)の変換を支援します。

▶ DevOps向けの自動化とツーリング

オープンソースおよび市販ツールを活用し、相互に連携したアプリケーション開発アーキテクチャを構築します。迅速な市場投入と先行者利益の確保を可能にします。

▶ インテリジェントアシュアランス

アプリケーション品質に対する継続的なフィードバックの供給を支援するコグニティブなプラットフォーム「360 Degree Assurance」上で稼働します。優れたアプリケーション開発運用を実現するためのベンチマークとして機能し、優れた価値を創出するための改善点の特定や品質保証の再考を助けます。

  • ビジネスを拡張するAIオファリングによる、複雑なビジネス課題への対応


▶ TCSはAI技術の専門知識を駆使し、組織がそれぞれに抱える複雑なビジネス課題の解決を支援します。お客様の複雑なビジネスモデルやアプリケーション連携を理解し、そのニーズに合致した現代的なビジネスパラダイムへの移行を可能にする、新時代のソリューションです。

 

TCSの自動化を支える最新の取り組み


エンタープライズインテリジェントオートメーション分野に加えて、TCSのビジネスレベルでの自動化ソリューションを特徴づけているのが、TCSが世界で初めて開発した、企業向けニューラルオートメーションシステム「ignio」です。企業のIT運用やプロセスを自動化、最適化することにより俊敏性を高め、業務リスクを低減し、ユーザーエクスペリエンスを向上します。

ignioは人間の頭脳のように機能します。人間の頭脳は生涯を通じて「スキル」を習得し続け、そうしたスキルを特定の状況や過去の体験などの知識と組み合わせることで行動に導きます。ignioもまた事業運営のさまざまな側面を自動化するための「ケイパビリティ」を習得し続けます。導入直後から企業内のITインフラ環境を学習、理解していきます。周辺環境のパターンや動きを認識します。さらにその知識を自身が蓄えたケイパビリティと組み合わせることで状況に応じて自律的な判断を下し、作業を遂行します。

さらにTCSは、ラボレベルでも図2・3のような自動化ソリューションに積極的な投資を行っています。

 

図2
図3

 

日本TCSにおける自動化の取り組み

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ(日本TCS)は現在、画像分析、製造現場での不具合の検知、人材分析など、日本においても自動化に関する複数の取り組みを進めています。そのほかスマートマシンやロボティクスの分野でも、日本のトップレベルの大学と連携しています。

自動化技術は企業のビジネスや従業員の働き方の変革を推進し、デジタルトランスフォーメーション加速の鍵を握っています。

TCSは次世代のコグニティブオートメーションソリューションやAIソリューションといったアクセラレーターを通じ、企業の持続性向上、規模拡大、俊敏性、成長性の獲得を支援しています。また企業が自動化の相対的な成熟度を理解し、達成目的に優先順位を付け、周辺環境にネガティブな影響を及ぼすことなく、個々の状況に応じて最適かつ戦略的な自動化の展開を支援します。

 

タタコンサルタンシーサービシズ アジアパシフィック地区担当
イノベーションエバンジェリスト
Anirban Jyoti Guputa
アニルバン ジョティ グプタ

 

 

 

グプタは、Fortune500に名を連ねるアジアパシフィック、英国、欧州、北米のさまざまな企業に対し、ITイノベーション、戦略コンサルティング、事業開発、プリセールス、アカウントマネジメントで8 年以上の実績を持ちます。グプタは、英国ランカスター大学で経営学修士号を取得し、2008年よりTCSに勤務しています。現在はアジアパシフィック地区のイノベーションエバンジェリストとして活躍しています。仕事以外では、パブリックスピーキングのトレーニングを受けた司会者としての顔も持ちます。インド・コルカタ在住。

※ 本稿はEIAグループならびにコーポレート・エバンジェライズ・ウィッシュリーショングループの協力を得て執筆されています。

※ ウィッシュリーション(wishletion): サンスクリット語で「analysis(分析)」の意。当グループは(グプタをはじめとした)イノベーションエバンジェリストのために市場調査、インサイト把握を行っています。

 

※掲載内容は2018年2月時点のものです。