Product

Corporate Actions’
Risk Management Dashboards

固有ニーズを取り込んだリスクダッシュボード

 

課題

アセットサービス業務はリスクの高い業務で、コーポレートアクションは損失リスクを引き受けながら、法規制を遵守し、お客様の期待に応えることが求められます。

業務プロセス全体で処理が標準化され、透明性が向上し、メッセージングやレポーティング機能が改善したことでリスクは削減されましたが、完全に排除された訳ではありません。イベントの種類や市場、オプション、ポジションのタイプや数でリスクを分類するだけでは不十分です。

 

ソリューション

TCS BaNCS for Corporate Actionsリスクダッシュボードは、正しいレポーティングを通じて常に存在しているリスクを最小化するか管理可能にできるよう設計されています。

当リスクダッシュボードは、イベントとそれに関連する作業項目を識別、管理、表示し、リスクに対処するためのツールを提供します。 ツールとアクションを組み合わせることで、リスクの種類ごとに作業を優先順位付けしたビューが提供可能になります。ユーザーは最もリスクの高い作業に注力し、早期に対処することができます。

リスクダッシュボードをカスタマイズ・パーソナライズすることで、ユーザーは多数のパラメーターやリスク要因に基づいたデータを表示させることができます。作成したダッシュボードは保存可能なので、必要な時に必要なダッシュボードを呼び出すことができます。

概要図 リスクダッシュボードはどのように役立つか?

 

メリット

  • 要注意アイテムの識別、リスク度合いに応じた作業タスクの優先順位付け
  • 複雑で詳細なデータを実用的で使いやすい、ユーザーフレンドリーな形式で表示
  • リスクを可能な限り早期に検出するための早期ワーニングアラートメカニズム
  • イベントライフサイクル全体にわたる主要なリスク項目とイベントのグラフィカルビュー
  • お客様の好みで選択/分類された「ライブ」ビューを提供