PRODUCT

TCS BaNCS for Custody

シングルプラットフォームで大量のローカルおよびクロスボーダー取引を管理する

 

課題


カストディマーケットはこの10年の間変革期が続いており、新たなチャレンジが必要になっています。 主な課題は、テクノロジー動向とのバランスを保ちながら、包括的なカストディサービスを提供することです。

運用効率を高め高水準のSTPを達成するために、システムをリエンジニアリングすることによって新しいテクノロジーやプロセスに適応する必要があります。

 

ソリューション


TCS BaNCS Custodyは、堅牢な取引、コーポレートアクション、およびリアルタイム処理を重視したプラットフォームを備えた、SWIFT準拠の非常にスケーラブルなソリューション/インフラストラクチャです。 未来志向で強化された機能群により、マルチエンティティの処理にも柔軟に対応できます。 このソリューションは、金融商品の多様性と複雑さの増大に対応し、大量の国内およびクロスボーダー取引をハンドリングします。

TCS BaNCS Custodyには、以下の機能が含まれています。

  • マルチ通貨、マルチエンティティ、マルチタイムゾーン、24時間365日処理
  • ルールベースエンジン
  • 予め定義されたテンプレート
  • 総合ポータル
  • ユーザーへの自動作業割当て
  • 包括的、エンドツーエンドでの自動精算処理
  • 取引確認および事前マッチングサービス、契約/精算サポート

 


メリット

  • トランザクション処理の強化
  • 円滑な統合促進
  • スケーラビリティの高い処理基盤の実現
  • ビジネスインテリジェンスツールによるカスタマイズされたレポート作成
  • 高度な再利用性
  • 手作業を最小限に抑え、それに伴うリスクを軽減
  • グローバルカバレッジとTCOの削減
  • グローバルスタンダードへの準拠
  • 単一アプリケーション内でローカル、リージョナル、およびグローバルカストディをサポート