PRODUCT

TCS BaNCS for Treasury

市場性商品を横断的に扱える単一のシステム、リスク管理、スマートな市場性商品取引の管理を実現

 

課題


急激に変化する地政学的な出来事が起こり、グローバライゼーションの後退が進行していることが、今日の金融市場取引管理者にとって最大の課題になっています。FinTech企業との競争や厳しい規制基準への対応がオペレーションコストを増加させています。そして、金融機関の市場部門に対し、適正な資金操作、投資戦略、内在するリスクへの対応について繊細なバランスを維持することを求めています。

 

ソリューション


TCS BaNCS for Treasury は、単一の統合された、市場性商品取引を管理する、迅速で取引処理の自動化を実現したプラットフォームです。市場性商品を横断的に管理するTCS BaNCS for Treasuryはデジタルコア上で動作し、既存のシステムとのシームレスな統合を可能とする、その仕様が文書化されたAPI群を実装しています。決定を支援するツールや例外管理を実現するアーキテクチャを備え、市場性取引をより迅速化します。

TCS BaNCS for Treasuryは、フロント・ミドル・バックのオペレーションをエンドツーエンドでカバーする統合的なプラットフォームであり、日常の市場業務オペレーションにおける標準的なプロセスをすべてサポートするように設定することが可能です。

  • 金融機関向けTCS BaNCS for Treasury
    • 金融機関全体の流動性・キャッシュフロー管理を実現するソリューション
    • 包括的なリスク管理
    • 対顧客OTC市場性商品取引を管理するセールスデスクを設定
    • 市場部門内でデスク別のブッキングを実施可能な多数のレベルの階層構造
    • 設定可能な取引ワークフロー、テンプレートを活用し処理ルールを設定可能な今ファーメーション作成およびマッチング機能
    • 様々な評価モデルを設定可能、ディール成立前に使用するプライシングツール群

 

  • 事業法人向けTCS BaNCS for Treasury
    • グループ内の複数の企業を組織体系にマッピングすることによる集中管理
    • リスクエクスポージャをリアリタイムにモニターし効果的に管理
    • 企業内取引、企業内ネッティング決済、プールしたポジションやリスクの管理による、イン・ハウスバンキング
    • 余剰資金の効果的な配分
    • 企業が使用するERPシステムとの統合と、バンキングプラットフォームとの接続
    • 債券やコマーシャルペーパーの発行などによる債務の管理

 

 

メリット


  • 統合された分析エンジンを使用し、にリスクファクターの計算をリアルタイムに近いスピードで実施し、様々なデータを市場横断的に取得して、深い洞察を得る
  • UIベースのツールキットを使用し、容易な拡張を実現するアーキテクチャにより、高度なカスタマイズを行うことが可能
  • マルチエンティティ、他通貨会計、多数の言語をサポートするソリューションであり、サービスレベルの向上やコストオーナーシップの削減に寄与
  • 安全で、スケーラブルであり、プラットフォームに依存せず、AI、ブロックチェーン、コンテナを活用
  • ディーリングプラットフォームやデータソース、そしてディール明細のレポジトリと開発なしに統合可能なアダプターをビルトイン
  • グローバルなディーリングレポジトリの分類に沿ったデータポイントを使用して、適時にレポートを作成可能であり、かつ様々なメッセージングチャネルを設定可能
  • オンラインで会計処理を行い、様々な取引処理ワークフローを設定でき、ユーザのオペレーションをパーソナライズ