Innovation Insight

最先端のビーコン技術でより良いイベント体験を創出

 

最先端のビーコン技術でより良いイベント体験を創出
 

あらゆるものがデジタル技術によってつながるようになった今、パーソナライズされたコンテンツを素早く正しいタイミングで発信して顧客の注意を引き、これまでにないようなカスタマーエクスペリエンスを提供することが求められています。例えば企業主催のイベントにおいて、出席者のエンゲージメントの度合いを測ることができれば、イベント体験をより良いものにするようなコンテンツを近接通信で提供することができます。

出展者やイベント主催者は来場者の居場所や動き、特定ゾーンでの滞在時間を可視化する必要があります。そうすることで主催者は、来場者がどのように行動し、企業が提供するコンテンツとどれくらい触れ合ったか評価しやすくなり、関心の高い分野やイベントの成功要因を特定することができます。こうして得られたデータはイベント終了後も役に立ちます。例えば来場者にカスタマイズした情報を発信したり、今後開催するイベントを費用対効果が高く、控えめなやり方で微調整したりすることができます。

イベント主催者や出展者は、既存技術と新技術を組み合わせて来場者一人ひとりに合わせたエクスペリエンスを創出することで、以下のような課題を解決する必要があるでしょう。

  •  イベントの投資対効果の理解促進
  •  リアルタイムの混雑レベルを把握し、ロジスティクスを管理
  •  逸した機会の特定
  •  適切な技術を通じたイベントのKPI測定


こうした課題を解決するのに有効なのが、イベントトラッキングに使用できるウエアラブルなビーコン、スマートバッジです。「TCS Smart Badge※1」は屋内での位置特定や行動追跡により、来場者が会場内でどのような行動を取っているかといった情報を収集し、その人の好みや行動に基づいて興味をそそるようなコンテンツを提供することを可能にする、シームレスなソリューションです。

※1 TCS Smart Badgeは、TCS副社長のAnita Nanadikar率いるCTOインキュベーションチームのオファリングです

 

 

タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)は、このイベントトラッキング・ソリューションを自社開催のイベントで実際に披露しました。イベント当日、会場はビーコン網を巧みに張り巡らせたデータラボとなりました。来場者にはその場に応じたコンテンツや体験を提供し、主催者であるTCSはリアルタイムでイベントを分析するという試みが行われました。

TCS Smart Badgeは利用者に負担を掛けないセンシング技術を利用して、インタラクティブな交流を可能にし、また来場者とイベントマーケティング担当者の双方にインサイトを与えるデータアナリティクスを可能にします。

TCS Smart Badgeは、イベントや来場者をリアルタイムで追跡し分析する包括的なソリューションです。来場者のイベントに対するエンゲージメントを高め、主催者や出展者がその動きや行動、好みを理解するのに役立ちます。また主催者や出展者は、来場者のイベント体験をより良いものとしコンバージョンを促すために何ができるかといった、実行可能なインサイトを得られるようになります。TCS Smart Badgeは位置追跡ソリューションに基づき、来場者の参加レベルの記録と関連情報の分析を行い、さらなる処理を行うためにバックエンドのプラットフォームに転送します。

TCS Smart Badgeの特徴

  • 超薄型ビーコンをベースとしたソリューション
  • BLE(Bluetooth Low Energy)信号を受信・処理し、近くにいる人の存在を計測する先端の技術
  • 複数の出入口がある大きな建物で人の存在を検知する、特許技術
  • ローコストの技術を利用したラピッドプロトタイピング
  • 人気の展示、来場者数、混み具合など、会場の状況をリアルタイムで可視化
  •  来場者の興味やイベント分析に基づいたイベント後の情報発信
  •  高度なTCS Connected Universe Platform※2上で稼働


※2 TCS独自のIoTプラットフォーム。Open Source Softwareを使って開発され、デバイス管理に独自のアルゴリズムを組み込んだクラウドサービス

 

TCS Smart Badgeはイベント成功の重要な決定要因である、「来場者の継続的で意味のある形でのエンゲージメント」を確実にします。見込み客をより高い精度で特定し、彼らに合ったメッセージを送って集中的なフォローアップを行うことを可能にし、重要イベントの費用対効果を高めます。TCS Smart Badgeは、以下を可能にします。
 

● 位置情報に基づくリアルタイム追跡

電源内蔵型のビーコンは、くまなく設置されたローコストのデータプロセッサーやコレクター(Raspberry Pi)とBLEを介して通信し、データを収集・フィルタリングしてクラウドプラットフォームに集約します。
 

● 来場者の体験の向上とそれを実現する技術
  •  リアルタイムのパーソナライゼーション、提案、オプトイン認証
  •  ユーザーの好みに基づいた、ルールベースのアラートや通知
  •  訪れたブース、ブース滞在時間、ロケーション、交流のタイムラインビューを含む総合的な「イベントジャーニー」レポート
  •  来場者の関心に基づいてパーソナライズされた、イベント後の情報発信

 

● アナリティクスを活用し、イベント主催者にインサイトを提供
  • リアルタイム分析(ホットスポット、ブース訪問者数/セッション出席者数、滞在時間、動線など)
  • 出席データの捕捉やアカウントプロフィールの向上により出席者に合った提案
  • 交通量やコンテンツアナリティクスに基づいてイベントの振り返りを行い、今後の戦略を立案(ロジスティクス、ブース配置体制、今後のイベントレイアウト、評判に応じたセッションの組み立て、講演者のスケジュールなど)
  • 豊富なプロフィールデータや行動属性に基づいて価値の高い見込み客を特定することにより、ターゲットマーケティング機会を創出
  • 各来場者が会場でどのように1日を過ごしたかを基に、個人単位での詳細な情報を提示


ウエアラブル技術が進歩する中、最先端のビーコン技術を取り入れることでごく普通のバッジをウエアラブルデバイスとして利用し、より良いイベント体験を来場者に提供して、来場者の行動や好みに関するインサイトを手に入れようという企業が増えています。

掲載内容は2017年8月時点のものです