Service

ブロックチェーン

TCSのブロックチェーン・サービスでビジネスを変革

 

TCSの金融機関向けブロックチェーン・テクノロジーでビジネスを変革


TCSはブロックチェーン(分散台帳技術)黎明期から同テクノロジーの研究・開発に対する取り組みを継続し、特定のプラットフォームに依存せず、既存システムとの連携も容易なブロックチェーン・ソリューション “QUARTZ(クオーツ)” を独自に開発しました。ブロックチェーンに関する豊富なノウハウを蓄積したTCSのスタッフが、お客様に最適なブロックチェーン・テクノロジーの活用法をご提案し、導入をサポートいたします。

 

グローバルで培ったブロックチェーンの経験とノウハウを提供

TCSはグローバルで積み重ねてきたブロックチェーンの経験とノウハウをグローバル銀行や金融サービス企業、多数のグループ会社を抱える金融機関に向けて提供します。

TCSは最新の技術動向をリアルタイムで入手し、活用できるように体制を整えています。また、質・量ともに豊富なブロックチェーン技術者を擁しているため、開発の最初期段階である調査や技術査定からコンサルティング、開発、運用、監視までご依頼いただけます。

 

ビジネス用途の3大プラットフォームに対応した開発が可能


現在TCSはグローバルで500人以上のブロックチェーン技術者を擁しており、”Ethereum”、”IBM Hyperledger Fabric”、”R3 Corda” の3大プラットフォーム全てに対応したシステム開発が可能です。

ブロックチェーン開発の現場では、社内外の技術者のプロジェクト編成上の都合などにより特定のプラットフォームで開発する必要に迫られる場合もあります。しかし現在、ブロックチェーン開発の技術者が世界的に不足していることもあり、プラットフォームによっては開発に応じられないベンダーやシステム開発企業も少なくありません。その一方で、TCSには3大プラットフォームに精通したエンジニアが揃っており、どのプラットフォームでの開発にも対応可能です。

 

TCS独自開発、プラットフォームに依存しないソリューション「QUARTZ」


TCSでは独自のブロックチェーン・ソリューション、”QUARTZ” の開発を進めています。 QUARTZを使うことで、特定のプラットフォームに依存しないブロックチェーン・アプリケーションが作成いただけます。

現在、3大プラットフォームはそれぞれがクローズドなネットワークとなっており、直接繋ぐことはできません。しかしQUARTZを活用すればそれぞれのネットワーク同士の相互利用が可能となります。

さらにQUARTZには、既存システムとの連携が容易という特長があります。 “QUARTZ Gateway” を介して、”TCS BaNCS” はもちろん、オープンなAPIに対応しているサードパーティのソリューションとも結合可能です。既存システムを改修する必要がなく、またシステムの可用性も担保できるため、スピーディな導入が実現できます。

QUARTZはブロックチェーンの実行基盤であると同時に、システムの開発・運用・管理にも対応します。開発キットである ”QUARTZ DevKit” は、Javaを開発言語として採用しているため、エンジニアを再教育する時間を最小限に抑えられます。またブロックチェーンネットワーク上のデータの更新状況をモニターする ”QUARTZ Command Center” を設置しており、データの更新が正常な状態にあるかを常に確認いただけます。

 

金融業務におけるブロックチェーンの適用分野


ブロックチェーン技術の活用により、同一ネットワーク上にある多数の異なる当事者間で行われる取引の規格を統一化し、処理基盤とデータの共有管理を可能にします。従来、国や業界をまたいだ当事者間では、互いを繋ぐためのシステム構築が困難でした。しかし、ブロックチェーンにはその状況を変化させる可能性があります。

また、特に金融業界においてブロックチェーンには、図の様な分野での活用が期待されています。

たとえばコーポレート・アクション業務における “Announcements” の作成・配布処理を考察しますと、証券発行体や証券会社、カストディアン、投資家、情報ベンダーなど多数の当事者間で様々なフォーマットのデータやバージョンの異なる情報が飛び交っているという現状がありますが、ブロックチェーンを活用すれば当事者間で同一規格の情報を瞬時に共有するシステムを構築できるため、こうした課題も解決可能です。

TCSではお客様のご要望に応じ、金融業界専門のコンサルタントとブロックチェーン技術者が連携して、業務に最適なシステム開発・運用方法をご提案します。

 

大手外資系金融機関と共同で資産管理用ブロックチェーン運用を開始


TCSではブロックチェーンに関する250以上ものデモを作成し、数多くの金融機関とPoCを進めています。

2018年には大手外資系金融機関と共同で進めてきたプロジェクトの本番運用が開始される予定です。投資家に多種多様な企業情報を配信する「コーポレート・アクション」を正確かつ適時に行うシステムで、TCS BaNCSとQUARTZの活用により90の市場から資産サービス情報を収集、欧米とアジアの計7言語に翻訳し、正確かつ迅速な情報配信を可能にします。