TCS DynaChain™

Solution

TCS DynaChain™

企業のサプライチェーン変革のための
複数製品を組み合わせたデジタルサプライチェーン構築フレームワーク

 

サプライチェーン改革への道のり

今日のサプライチェーンでは、世界的な需要の変動、流通やロジスティクスの混乱、製造の中断、および供給の過不足に伴う柔軟な対応が求められます。

このような環境下で、製造メーカーは、複雑なネットワークのエコシステムで運営されています。そのエコシステムが接続するサプライチェーンにおいては、複数の取引先がそれぞれに工場を運営し、原材料の移動、製品の製造、および最終顧客への完成品の納品を行っています。それゆえ、設備故障や材料、部品の供給不足など、サプライチェーンネットワーク上の一部での中断は、他の部分のパフォーマンスに影響を与えます。企業が業績目標を達成するためには、パフォーマンスへの悪影響を排除する必要があります。そこで、サプライチェーン全体を対象にアラートを検知して障害を迅速に把握し適切なアクションを行うために、接続されているサプライチェーンネットワーク全体で、製造現場から経営情報までの可視性を高めるインテリジェントシステムが必要とされています。

TCS DynaChain™
デジタルトランスフォーメーションフレームワーク

TCS DynaChainとは?

TCS DynaChainは、サプライチェーン戦略を決定し、インテリジェント製造を実装するためのTCS独自の方法論に基づく包括的なソリューションパッケージです。

特定のテクノロジーやソリューションに依存せずに、企業のビジネスパートナー、利害関係者、ビジネスプロセス、データフロー、ユースケース、業績指標、およびシステムアーキテクチャーを含め、サプライチェーン全体を可視化するためのフレームワークを提供します。

主要なソフトウェアおよび、テクノロジープラットフォーム上で構築されるソリューションモデルを定義し、システム上に実装します。

TCS DynaChain方法論に基づいて実装されるシステムでは、工場設備、製造プロセス、サプライチェーン、および従業員の各情報を結び付けて、原材料の調達から製品の生産、配送、販売及び、再利用、再生産までを含むクローズドループサプライチェーンの動的な計画および実行システムを実現します。サプライチェーン上のヒト、プロセス、テクノロジーの変革の中で、企業は5段階の成熟度モデルを通じて、パフォーマンス主導型の組織に徐々に移行していくことができます。

クローズドループサプライチェーンモデルと主要インパクト情報

 

TCS DynaChainの特長

  • 工場のエコシステムを総合的に分析することで、業界をリードするプロセスを決定し、特定のテクノロジーにとらわれない視点で、優れたソリューションを定義します。
  • 各ステークホルダーに必要とされるKPI情報を提供し、また、機械学習ベースの洞察を通じて需要や設備故障などの予測精度を向上させます。
  • 工場の製造現場から経営情報までの可視性を確立し、工場運営をサプライチェーンと統合して、 製造エコシステム全体を把握します。
  • ビジネス目標を継続的に達成しながら、クローズドループサプライチェーンの計画/実行システムを確立します。

ステークホルダー別主要KPI情報と利用する主要ソフトウェアおよびテクノロジー

 

顧客事例にみる効果

 

顧客事例

複合材料メーカー:資産管理戦略立案からインテリジェント資産管理システムの導入

TCS DynaChain のフレームワークを活用して資産管理戦略を立案し、資産管理の中核となるシステムであるSAP Intelligent Asset Management導入のための要件定義、プロセス設計、コンフィグレーションを実施、さらに資産管理業務効率化のためのエッジ/MES連携、機械学習を利用したIoTソリューションを組み合わせてインテリジェント資産管理システムを実現しました。

 

コンサルティング

  • 重要資産の優先順位付けを含む資産管理戦略立案
  • SAP Intelligent Asset Managementを含むシステム導入のための業務要件定義

 

SAP Intelligent Asset Management導入

  • プロセスフローを作成し、各プロセスに資産をマッピングすることで、障害が発生した場合の生産への影響を把握
  • 機械故障を予測し、設備総合効率(OEE: Overall Equipment Effectiveness)目標を達成するためのSAP Intelligent Asset Management(IAM)の設計とコンフィグレーション
  • プラントおよびクラウドデータソースとSAP Plant Connectivity (PCO)、SAP Manufacturing Integration and Intelligence(MII)、SAP API Management (APIM)、 SAP Cloud Platform との統合

 

資産管理業務効率化支援のためのソリューション提供

  • 機械学習を利用したIoTなどの各種テクノロジーを活用した資産管理業務の効率化支援
  • エッジおよびMESデータをもとにした故障予測アプローチの提供
  • デジタルツイン・シミュレーションの設計及びコンテキスト化

 

導入効果

本ページに記載されているSAPおよびその他のSAP製品とサービス、およびそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国におけるSAP SE(またはSAP関連会社)の商標または登録商標です。記載されているその他すべての製品名およびサービス名は、それぞれの会社の商標です。追加の商標情報および通知については、www.sap.com/copyright を参照ください。

 

個別のご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、 グローバルで業界トップクラスの実績、技術、規模を誇るタタコンサルタンシーサービシズ(TCS)の技術や知見を用いて、 お客様のビジネス変革をお手伝いさせて頂きます。