Solution

貨物監視ソリューション

生鮮貨物の鮮度を管理

 

課題

生鮮食品や医薬品の輸送にはコールドチェーンが用いられるため、船・トラック・倉庫など物流全体で温度管理が徹底されています。もし、このコールドチェーンが破綻すると50から100%近い商品を破棄することになります。万が一腐った食品が消費者に届けられると、食中毒や訴訟、罰金などの問題に繋がってしまいます。腐りやすい商品は2000キロ以上にわたって輸送され、気温も-5°から50°まで大きく変動します。そのため、サプライチェーン全体で商品の鮮度を管理することは至難の業と言えるでしょう。
 

ソリューション概要

本ソリューションはPredix*上に構築されており、生鮮食品の鮮度に関わる重要な項目である、温度・湿度・大気質などを追跡します。また、リアルタイムの状況や温度の偏り等についてアラートを発します。複数の貨物についてもトラッキングが可能で、傷みやすい商品の場合には廃棄に繋がるリスク等も検出します。さらに位置情報も追跡しており、進路から外れた場合にもアラートを発します。また、ダッシュボード上に関連情報を表示することで、ユーザーは以下のような業務を行うことが出来ます。

  • 品質管理や保険、法令順守のための、輸送中貨物の重要パラメータ制御
  • ドリルダウンビューによる詳細情報から、商品の廃棄率見積もり
  • モバイル機器による、冷蔵貨物に関する重要なパラメータを変更


*PredixはGE社の商標です。

 

特長・メリット

  • サプライチェーンで発生する無駄や損失を軽減する
  • サプライチェーンの最適化
  • 万全な品質管理
  • 炭素排出量の削減
  • 一貫したモニタリングにより、保険及び在庫管理を削減