Case Study

ABN AMROとTCS、ブロックチェーン技術を検証

TCSは決済・振替サービスのためのPoC(概念実証)を実施

 

ABN AMRO Clearing(AAC)はブロックチェーン技術の可能性を実証


ブロックチェーン技術が金融分野に大きな影響をもたらすことをAACは複数の事業分野にわたって独自に評価しました。 AACはその可能性やビジネスチャンス、また現行のビジネスモデルへどのような影響を与える恐れがあるかについて明確なイメージを必要としていました。 これらを実証するために、AACは既存のレガシーシステムと統合された実験システムを計画しました。

 

TCSはブロックチェーンのPoC(概念実証)プラットフォームと銀行業務用のWebアプリケーションを構築


「TCSとの実験は、ブロックチェーンとレガシーシステムの統合に関する貴重な洞察をもたらしました」 (Arnan van OS、ABN AMRO Bankイノベーションセンター責任者)

TCSはユースケースの検討と評価、ブロックチェーンの革新に関するワークショップを行い、ソートリーダー(thought leader)としてAACと連携しました。

TCSはブロックチェーンPoCプラットフォームを活用して、AACのための証券決済PoCを構築しました。PoCは、AACが発行元、クリアリング銀行、投資家間の分散元帳における証券およびトークン化された現金残高の発行および振替の検証を可能にしました。

 

TCSのブロックチェーンリサーチは、金融サービスにおけるブロックチェーン技術についてのAACの理解を促進


 

AACおよびTCS環境全体の処理ノードをリンクするサンドボックス環境を作成しました。TCSは、複雑なビジネスルールを扱うために様々なプレーヤーとスマートコントラクトの行動をシミュレートするためのスタンドアロンWebアプリケーションを開発しました。 AACのバックオフィスシステムとブロックチェーンの間でSTP(ストレート・スルー・プロセシング)を可能にするため、TCSはISO15022メッセージとブロックチェーンAPIコールを変換するメッセージコンバータを開発しました。また統合レイヤーによりバックオフィスシステムをブロックチェーンベースの元帳と同期しました。

 

ブロックチェーンの複雑性を解き、効果を実証


AACはマルチパーティー証券決済のSTP(ストレート・スルー・プロセシング)に分散元帳を適用し、中間段階を無くした取引を評価し、ブロックチェーンの統合、暗号キーの取り扱い、およびスマートコントラクトについての洞察を得ました。