日本TCSマネージドクラウドサービス

 

日本TCSマネージドクラウドサービスは、日本TCSが提供するホスティング型プライベートクラウドとパブリッククラウドの両方のリソースをハイブリッドクラウド環境によって提供します。さらに、運用サービスを組み合わせることができるマネージドクラウドサービスです。

 

お客様の課題

クラウドサービスというと、パブリッククラウドを用いたサービスをイメージする方が多いのではないでしょうか。実際、3~5年前には、さまざまなリサーチ会社がクラウドゲームの終着地はパブリッククラウドだと主張し、世界中の企業がそこに向かって突き進みました。しかしここ数年、クラウドに対する企業ニーズに変化の兆しが見られます。一度はパブリッククラウドへ移行した企業が、オンプレミス環境へ回帰したり、プライベートクラウドへ切り替えたりしているのです。その背景には、システム環境を移行したものの、使用するアプリケーションがクラウド向けにつくられておらず、セキュリティやパフォーマンスの面で不具合が生じたり、維持や運用にコストが掛かりメリットを感じられなかったりといった、企業のパブリッククラウドへの不満があり、大きな課題となっています。

 

課題解決に向けたアプローチ

こうした課題を解決するために、当社が世界中で推進しているのが、パブリックとプライベートの使い分けです。そして、その先にあるバイモーダル(二つの流儀)のクラウド環境によるハイブリッドクラウドが、企業の目指すべき姿と考えています。ハイブリッドクラウドにおいて、従来はオンプレミスで運用していたSoR(*1)などのアプリケーションは、高いパフォーマンスを提供できるプライベートクラウドを推奨します。一方で、ミッションクリティカルではないアプリケーションやSoE(*2)のアプリケーションを利用する場合はパブリッククラウドの利用も検討し、適切な用途に合わせてクラウドサービスを組み合わせます。

*1 System of Record:基幹システムや個人情報を扱うシステムなど、大規模で複雑なデータや高度なセキュリティが求められるデータを安定的に運用するシステム
*2 System of Engagement:顧客との関係強化を目的に、最先端のIT技術を駆使したシステム

 

日本TCSマネージドクラウドサービスの概要

当社は、オンプレミスからクラウドへ移行するお客様やパブリッククラウドからプライベートクラウドへ回帰するお客様など、世界中でさまざまなケースのクラウド移行を支援しています。こうしたケースを通じて当社が構築した独自のメソドロジーによる「日本TCSマネージドクラウドサービス(図1参照)」を日本のお客様に提供します。その中心にあるエンタープライズクラウドによって、基幹システムなどミッションクリティカルなワークロードのシステムに適した、セキュアで信頼性が高く、俊敏性と柔軟性があるサービスを提供します。エンタープライズクラウドはプライベートクラウドですが、お客様の用途に合わせて、パブリッククラウドとの接続が可能であるため、全体としてはハイブリッドクラウド環境を提供します。その特徴が大きく3つあります。

図1:日本TCSマネージドクラウドサービス

第一に信頼性が高く堅牢なプラットフォームであることです。
コンピュートリソースを他の企業と共有せず専有で割り当てることにより、マルチテナント環境においても性能や機密性を確保しています。また、セキュリティは、全レイヤで安全性を確保し、SOC(Security Operation Center)のサービスを提供します。

第二に「OpenStack」(オープンソースで開発されているクラウド環境構築用のソフトウエア群)の採用により俊敏性を実現していることです。
OpenStackのAPI連携や自動化を活用することにより、俊敏なIaaSプラットフォームを提供しています。また、業界標準のAPIを実装しており、パブリッククラウドとの接続によるハイブリッドクラウド環境の構築だけでなく、他のクラウドプラットフォームで構築されたシステムからの移行・連携も容易です。

第三にコントロールできる柔軟性を持つことです。
特定製品・ベンダにとらわれないノー・ロックインによって自由度と透明性が高いサービスを提供します。さらに、クラウドへ移行できないレガシーシステムに対してもコロケーションを提供します。運用サポートについては、お客様のビジネス要件に合わせ、柔軟に対応します。

 

エンタープライズクラウドのプラットフォームは、TCSがグローバルに展開しているクラウドファーストに基づいた「TCS Alpha(図2参照)」によって構築されています。TCS Alphaは、お客様のクラウド化を促進し、その一部はOpenStack技術をベースとしたソフトウエアで定義されたインフラ環境を提供します。将来的には、次世代のアプリケーション基盤についてもTCS Alphaによって提供していく予定です。

図2:TCS Alpha概要

日本TCSマネージドクラウドサービスは、お客様の視点に立ち、ビジネスを最適化するクラウドソリューションです。日本の企業は、クラウド移行で得られるビジネスメリットに関する専門的な提案や、リソース提供から運用サポートに至るプロセス全体を支援する包括的なソリューションを求めています。最先端のテクノロジーと独自のツールを活用し、IT戦略立案からクラウド移行の実施、さらに運用サポートに至るまで、End to Endでお客様をサポートします。

本サービスは、フロントエンドではパブリッククラウドとプライベートクラウドを統合したサービスポータルを提供します。これによって、お客様はこのポータルを通じてアプリケーションがどこで動いているかを意識することなく、システム要件に合ったクラウドサービスを利用することが可能です。複数の異なるクラウドを統合して管理することが可能となり、管理作業を効率化することでコスト削減も図られます。また、バックエンドの運用サポートに関しては、TCSがグローバルに展開しているITサービス管理ソリューション「PRISM(Prime Integrated Service Management)」を用いて、24時間365日の監視を実施します。パブリック、プライベート、オンプレミス、どのプラットフォームを使っているかにかかわらず、統合された運用サービスを提供します。

日本TCSは、お客様のクラウド移行からシステム運用まで一貫してサポートします。ハイブリッドクラウドを通じて、お客様のシステム環境を最適化することでテクノロジープラットフォームの変革(図3参照)をご支援します。

図3:クラウドサービスの提供事例

 

TCS独自のクラウド移行アプローチ

当社のクラウド移行アプローチは、3段階で移行(図4参照)を進めます。

第1段階は「Strategy」です。
ここでは、お客様のシステム環境に基づいたIT戦略を立案し、クラウド移行のロードマップを作成します。アセスメントに当たっては、TCS独自のアセスメントツールであるDART(Discovery, Assessment, and Recommendation Tool)を活用します。多くのクラウドアセスメントは、インフラの観点だけで実施されますが、TCSのDARTはアプリケーション間の関連性も精査します。企業で利用されているアプリケーションには、クラウド向けに作られておらず、パブリッククラウドになじまないものも存在します。DARTは各アプリケーションをパブリックに適したものとプライベートに適したものに分類し、お客様のシステム環境に最適な移行プロセスを提案します。

第2段階は「Cloud Migration」です。
TCSのクラウド移行フレームワーク「ACME(Accelerated Cloud Migration Engine)」を使い、アプリケーションのグルーピングを実施します。移行方法やツールを決定し、移行計画を立案します。その後、お客様の環境に最適なクラウドアーキテクチャーを設計し、移行を行います。

第3段階は「Management」です。
当社は、パブリックとプライベートを併用するハイブリッドクラウドリソースを提供します。クラウド環境に適さないシステム構造や法制度を懸念してアプリケーションの一部をクラウドに移行しないお客様には、日本TCSのデータセンターにお客様専用のコロケーションを用意します。そこに安心してデータを置いていただくことが可能です。

 

図4:TCS独自のクラウド移行アプローチ

 

TATA CONSULTANCY SERVICES Webサイト(英語サイトが開きます)
https://www.tcs.com/cloud-technologies

WHITE PAPER : TCSの考えるクラウディフィケーションはこちら