Solution

マルチクラウド運用サービス
「Cloud Exponence」

 

マルチクラウド運用により変化へ迅速に対応する

業務を効率化するためにマルチクラウド環境を採用する場合は、既存のアプリケーションがクラウド環境でスムーズに運用できるように対応し、ビジネスを止めないようにする必要があります。クラウドの価値は機動性にあるので、企業は戦略的にクラウド化を進めていかなければなりません。

企業システム全体をマルチベンダーによるクラウドで運用した場合、ワークフローの完全自動化や、クラウドセキュリティ、プラットフォームのパフォーマンス最適化、コストの透明化等の様々な課題が存在します。そのような状況の中でクラウド運用をシンプルにグローバル展開するには、企業のポリシーとビジネスに合った運用ルールが必要です。TCSが提供する先進的なマルチクラウド運用プラットフォームは、クラウドの特性を最大限に活用することによって、単なるIT運用だけではなく、お客様のビジネスに付加価値を提供するための重要なビジネスアーキテクチャとして貢献します。

マルチクラウド運用サービス 「Cloud Exponence」

Cloud Exponenceは、Machine FirstTMの手法によりマルチクラウド環境の管理を自動化し、運用から人為的ミスを削減します。また、基盤となるクラウドサービスの構築と運用サポートの実現を促進するというお客様のニーズに対し、テクノロジープラットフォームを設計し、実際のサービスモデルを立案することで、ハイブリッドクラウドプラットフォーム上でのビジネスアプリケーションの構築と移行まで一貫してサポートします。Cloud Exponenceは、セキュリティ、信頼性やパフォーマンスコストの最適化など、クラウド運用管理に必要な機能を総合的に備えたパッケージソリューションです。

メリット

  • Machine FirstTM の運用:完全に自動化されたクラウドプロビジョニングおよびサポートサービス
  • 予防的復旧パラダイム:100以上のボットベースの予測保全により、ビジネスアプリケーションのメンテナンスを短縮
  • コストの統合管理ビュー:各拠点やサブスクリプション、クラウドプロバイダー等を横断し、コストを統合管理
  • コスト最適化レポート:コスト履歴や予実比較、適切なサイジング、キャパシティと構成のマッピングなど最適化を提案
  • 予測と推計:支出予測レポート、消費量に基づくアラート

 TCSの強み

  • TCSオリジナルを含む各社の自動化アクセラレータツールを利用可能
  • 主要なクラウドプロバイダーとの戦略的パートナーシップを活用し、最新のサービスを迅速に導入
  • テクノロジー、ビジネス、運用など各制約に対応可能な、TCS独自の様々なノウハウ
  • 複数のクラウドに対応した拡張性の高いマルチサービス