Outline

日本TCSクラウドサービス概要

 

企業におけるクラウドサービスの採用動向

多くの企業はビジネススピードと柔軟性を重視し、ITシステム全体の再構築に取り組んでいます。そうしたなかで、企業のビジネス成長においてクラウドサービスの採用は欠かせないものであるという認識を強めています。国内でも複数の企業がパブリッククラウドを新規導入したり、既存のエンタープライズアプリケーションの主要プラットフォームとしてパブリッククラウドを採用したりするなど、投資も活発に行われています。一方で従来のオンプレミスホスティング環境の維持も求められており、セキュリティ面を重視してプライベートクラウドを採用するケースも増えています。プライベートクラウドとパブリッククラウドの両プラットフォームを活用するハイブリッドクラウド環境と、複数のパブリッククラウドで構成するマルチクラウドが主流になると考えています。

タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)では、Business 4.0におけるクラウドソリューションである「TCS Cloud Studio」を通して、お客様がマルチクラウドアプローチを取り入れたデジタルトランスフォーメーションを実現するために必要な、アドバイザリーサービスやプラットフォームサービス、自動化ツールを駆使したマルチクラウド運用サービスを提供します。TCSは多くのクラウド変革プロジェクトを通じて蓄積した知見をもとに、お客様のビジネス目標達成をご支援します。

Business 4.0–インテリジェンス、アジャイル、オートメーション、クラウド

先進的な企業は、最新技術を用いて顧客が求める体験をいち早く形にすることで高い価値を創造し、驚くべき勢いで成長しています。企業は今までの常識にとらわれず、従業員や競合他社との関係を再考し、より広範にエコシステムを活用することが求められています。TCSでは、こうした企業のあり方をBusiness 4.0™と定義し、実際に成功している企業に共通している4つの姿勢である「マスパーソナライゼーションの実現」、「エコシステムの活用」、「リスクへの挑戦」、「エクスポネンシャル(指数関数的)な価値の創造」をテクノロジーによって多くのお客様が体現できるようサポートしています。そのためには、インテリジェンス、アジャイル、オートメーション、クラウドという4つの技術を組み合わせ、豊富なリソースをリアルタイムで効果的に活用するテクノロジープラットフォームの構築が必要です。

クラウドを活用したデジタルトランスフォーメーションサービス 「TCS Cloud Studio」

お客様の価値観がパーソナライズされ、競合他社が最先端のデジタル技術を導入するなかで、企業は優れたクラウド基盤を構築してデジタルトランスフォーメーションの実現に向けて注力する必要があります。このデジタル時代に市場の変化の先を行くためには、意思決定、システム、組織などの多岐にわたる分野でのスピード感と柔軟性が必要です。そのためには、個々のアプリケーションだけが対応するのではなく、屋台骨となる基盤のデジタル化に手をつけ、今後の市場ニーズに基づくさらなる最新技術の導入や新たなサービスの提供などに素早く、柔軟に対応する仕組みを構築することが必要です。TCSは、企業の基盤となるクラウド環境において、コグニティブオペレーションのメカニズムを用いて、自律型の運用を提供し、その環境のデータを組織横断的に分析します。お客様は、その分析結果を根拠として最適かつ迅速な意思決定を行います。さらには、稼働している企業の情報システムを活かしながら最新の技術を適用し、テクノロジーモダナイゼーションによって、よりメリットのあるものに置き換えます。そのような活動を繰り返すことで、お客様の中に「エンジニアリングカルチャー」が浸透します。TCSはデジタルトランスフォーメーションサービスの総称である「TCS Cloud Studio」によって、クラウドライフサイクルを一気通貫でサポートします。クラウド環境の選択肢としては、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドのいずれのサービスもご用意しています。

ビジネスの価値を高めるクラウド基盤を一気通貫で提供

TCSでは、クラウドを活用したデジタルトランスフォーメーションサービス「TCS Cloud Studio」を通して、お客様のクラウド環境の構築と安定的な運用をご提供します。TCS Cloud Studioは、お客様のクラウドライフサイクルのエンドツーエンドに関わる全てのフェーズにおいて、お客様の事業が継続的に発展するために様々なサポートを提供します。

  1. クラウド評価サービス:Cloud Counsel
    インフラやアプリケーションだけでなく、ビジネス面も含めあらゆる角度から、クラウド導入戦略を検証するデジタルアセスメントサービスです。本サービスによって、クラウドビジネスモデルを推進したり、新たに合弁事業を立ち上げたり、事業売却による合理化を図った事例があります。

  2. クラウド提供サービス:Cloud Subscription
    お客様のパブリッククラウドサービス活用を推進するため、リソースだけでなくカスタマーサポートまで提供します。お客様がアカウントを持ち、クラウドサービスを自由に検証・評価できるため、ミニマムスタートでクラウドを利用したいというニーズに適したサービスです。お客様に快適にサービスをお使いいただくために、様々なクラウドサービスプロバイダーとのパートナーシップを深めています。例えば、Microsoft社からCloud Solution Provider(CSP)に選定されており、Microsoft Azureの日本での拡充に貢献しています。さらにAmazon社が提供するサービスにおいても、プレミアパートナーとして日本向けのサポート拡充を図っています。

  3. クラウド導入サービス:Cloud Mason
    250以上の設計テンプレートと400のボットで構成され、クラウド基盤の構築期間を60%削減します。IaaSやPaaS、コンテナ等のサーバーレスアーキテクチャを使用して、最新のデジタルアプリケーションを実装するために、お客様のクラウド環境を要件定義から設計・構築までワンストップで実施することで、クラウドビジネスを推進します。

  4. クラウド移行サービス:Cloud Migration
    お客様の業種・業界に最適なアプリケーション、データ、インフラを移行対象となるクラウドサービスに合わせて変更し、スムーズな移行を実現します。TCSではアプリケーション移行を効率的に推進するための自動化ツールに加えて、日本とグローバル拠点で役割を明確にし、作業の効率化・標準化を徹底するファクトリーモデルを活用します。また、アプリケーションのモダナイゼーションとクラウドネイティブ開発によって、例えば最先端のIoTやデータレイクの構築などを通して、お客様のビジネス変革を支援します。

  5. マルチクラウド運用サービス:Cloud Exponence
    自動化を前提としたマシンファーストの考え方に基づき、100以上のボットによりクラウドオペレーションが自動化されたマルチテナント型クラウド管理プラットフォームです。お客様は新たなビジネスサービスの展開をスピーディに行うことで、クラウドのメリットである柔軟性やコストを最大限に享受いただけます。

    マルチクラウド運用の中には、ハイブリッドクラウドテクロノジーがより適切なケースが存在します。大掛かりなデジタルトランスフォーメーションが必要ない現行踏襲を主目的とした安定稼働を重視するシステムや、レガシーシステムはTCSのプライベートクラウド Enterprise Cloud Platform (ECP)の環境で稼働させつつ、パブリッククラウドを活用するハイブリッドクラウドサービスといったサービス形態がお客様のビジネスに大きなメリットをもたらします。また、グローバル全体では約1万人をこえるクラウド技術者が所属しており、あらゆる業界のお客様に対して、大規模かつ複雑なクラウド導入を実行してきました。TCSには独自のトレーニングプラットフォームがあり、技術者の養成を日々行っていることがTCSの強みです。