Solution

クラウド提供サービス「Cloud Subscription」

 

クラウドサービスの迅速な提供を可能にする戦略的なパートナーシップ

多くのお客様は、パブリッククラウドサービスを簡単に素早く自由に使える状態で利用したいと考えています。一方で、自社のエンタープライズレベルにおける利用では専門性の高いクラウドサポートが必要であることも理解しています。そのような状況において、クラウド活用を推進するためには、お客様がクラウドのアカウントを持ち、クラウドサービスを自由に評価した後にスムーズに利用するためのミニマムな環境に加えて、カスタマーサポートも簡易的なものから、お客様のご要望に沿った内容を選択できることが重要です。

日本TCSでは、お客様に快適にサービスをお使いいただくために、様々なクラウドサービスプロバイダーとのパートナーシップを深めています。Microsoft社とはCloud Solution Provider(CSP)のパートナーシップを結び、サービス提供が可能です。Amazon Web Services社においても、プレミアパートナーとして日本向けのサポート拡充を図っています。

クラウド提供サービス 「TCS Cloud Studio for CSP Azure」

日本TCSは、Microsoft Azure(以下、Azure)をベースにしたクラウド提供サービス「TCS Cloud Studio for CSP Azure」のサービスを提供します。このサービスの特徴は、Windowsライセンスの親和性や、認証サービスを生かし、既存のデータセンターからの移行先として最適なクラウドサービスです。また、単なるIaaSの構築・移行先ではなく、既存のアプリケーションをPaaSとしてリビルドするのに有効なクラウドでもあります。災害対策可能なペアリージョンや、データセンターの複数化による事業継続性など、マルチクラウドを評価する新規企業も、既存のクラウド利用企業も単なるデータセンターの移行先ではなく、今までとは違う目的でAzureの利用を検討しています。

日本TCSはお客様のクラウド利活用のレベルに応じて、Azureのご提案を行います。AzureをIaaS領域だけでなく、PaaSの利用を推進したいお客様は、自社において、クラウドを自由に検証や評価が行えるようにアカウントは最大限自由に扱える権限をお渡します。

また、リアルタイム課金確認、Reserved Instance(RI)購入や、日本TCSへのアカウント発注など、日本TCSと企業間で共通の管理コンソールを無料でご提供することによって、お客様は受発注のミスやAzure管理工数削減が可能です。

カスタマーサポートは、Developerレベルのサポートからご用意しています。Azureに関するお問い合わせに対して、日本TCSがテクニカルサポートをご提供します。また、Azureサービスにおいて障害が発生した場合についても、日本TCSが障害の切り分けから復旧まで支援します。お客様のご要望やご要件に応じて、上位のカスタマーサポートをご提供しております。

サポートレベル

Developer

Standard

Premier

  • TCS営業時間:8時間以内
  • リソースの上限緩和
  • Azureに掛かる障害対応
  • 課金問い合わせ
  • 電話受付、メール対応
  • メール受付のみ24/365可
  • TCS営業時間:4時間以内
  • リソースの上限緩和
  • Azureに掛かる障害対応
  • 課金問い合わせ
  • 電話受付、メール対応
  • メール受付のみ24/365可
  • 電話受付、電話応答
  • TCS営業時間:4時間以内
  • リソースの上限緩和
  • Azureに掛かる障害対応
  • 課金問い合わせ
  • 電話受付、メール対応
  • メール受付のみ24/365可
  • 電話受付、電話応答
  • サポート内容は応相談