Solution

TCS DeepView

生産現場にアジリティを

 

製造業における今日的課題

デジタル化の波によって現出した新たな対処課題は例外なく製造業にも押し寄せてきています。
製造業は、生産コストと生産リードタイムの圧縮を常に求められながら、同時に生産能力の効率性と製品品質の向上も求められています。

まさに新たなテクノロジーを最大限活用する事は、生産性の向上、製造不良の排除、製造リスクの極小化や生産現場における安全性の確保、そして収益の向上といった生産現場の卓越性を高める可能性を秘めている事をも意味します。

一方で多くの製造業企業が柔軟性に欠けたITシステムによって、製造工程における俊敏性(顧客、市場の要求に対する適応力またはそのスピード)や生産現場における労働の可動性を阻害しており、デジタルトランスフォーメーションをより困難なものにさせてしまっています。

TCSのソリューション

生産現場においては、未だに多くの“紙”や“エクセル”といったアドホックかつ局所的な手段によってしか伝達されえない情報が存在し、またそれらによってプロセス相関やまつわるデータの逸失、オペレーション現状態の不可視が誘引されており、これらはもはや生産現場における典型的な課題とも言えます。

TCS DeepViewは、ペーパーレスオペレーション、トレーサビリティの確保、生産オペレーションのリアルタイムな状態把握を可能にするソリューションです。ここで得られる生産現場における様々なオペレーション情報は、より高度なオペレーションまたは改善に必要な“文脈的情報”として活用され、“マシンインループ”という概念に基づいた真にマシンファースト™(Machine First™)な生産オペレーションを可能にするものでもあります。生産現場における情報システム層から、コントロール層、物理層にまたがる情報統合を行う事で、情報の可視性と合一性を提供します。

更にTCS DeepViewは、生産設備内で稼働する産業用ロボット、製品検査用カメラ、そして業務プロセスルールといった情報をも統合しながらマシンラーニングを進め、生産プロセスの最適化、オペレーションの自動化を推進し、業務正確性の維持(ヒューマンエラーの排除)に寄与します。生産量の増加、不良品質コストや生産に関わるコストそのものの低減、ひいては生産現場における生産性向上に貢献するソリューションです。

これまでマン(人)-マシン(機械)-メソッド(方法論)にまつわる情報管理を主には人が担ってきたわけですが、このソリューションを活用する事で他部門間の協調領域を広げ、人はより生産オペレーションの卓越性の追求に必要な継続的改善、そのための部門間コラボレーションに従事できます。

TCS DeepViewは、部門や用途、その範囲に応じて柔軟に機能設定可能な設計がなされており、部門間に渡り容易な導入を可能にします。

導入効果

  • プロセスのデジタル化を通じ生産オペレーションにおいて発生する各種業務、複数部門間業務の生産性向上及び業務正確性の維持

  • ガイド付きオペレーションとプロセス間に渡る情報から得られる文脈的情報を活用した自動検査による不良品質コストの低減

  • 生産オペレーションの高度化に向けたリアルタイムな改善フィードバック

  • 生産オペレーションにまつわる情報統合と可視化による市場適応性の向上

  • マン(人)、マシン(機械)、メソッド(方法論)にまつわる情報のシームレスな統合

  • 部門や用途に応じた柔軟な機能設定

情報収集やご相談など、お気軽にお問い合わせください。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、 グローバルで業界トップクラスの実績、技術、規模を誇るタタコンサルタンシーサービシズ(TCS)の技術や知見を用いて、 お客様のビジネス変革をお手伝いさせて頂きます。