Outline

試験・教育業界向けサービス概要

 

40年にわたって日本の重要な試験を支えた実績と、最新の教育ソリューション導入により日本の教育改革を支援


経済開発協力機構(OECD)が実施するPISA(Programme for International Student Assessment)と呼ばれる国際的な学習到達度に関する統計調査で、日本は数学・科学・読解力などの項目で常に上位を独占する国となっています。しかし、AIやIoTなどによる第4次産業革命が進む現在、求められる人材が変化しPISAにも行動特性(コンピテンシー)に関する項目が追加されるようになりました。

このような社会背景もあり、今後日本でも本格的な教育改革が始まります。小学校でのプログラミング教育と英語教育の導入や、新大学入学共通テストの開始など、日本の教育が大きく変わろうとしているのです。

日本TCSには、共通一次試験の時代から大学入試センター試験の採点など、ミスが許されないテストに関わってきた40年にわたる豊富な実績があります。教育機関にとどまらず、企業の研修など幅広く支援しています。また、文部科学省が実施している日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)にも参画するなど、教育に関わる様々な取り組みを積極的に実施しています。

さらにTCSが開発した、新しい時代の教育に対応するための包括的なソリューション iON Educationをベースに、日本の教育改革に携わる教育機関・団体を支えていきます。

 

サービスメニュー

教育業界向け総合クラウドサービス「iON Education」

日本の教育機関の多くは、独自開発したシステムやパッケージソフトのカスタマイズによる、システム管理や更新のコストや手間の増大に直面しています。教育の情報化が加速する現代、ニーズに対応しきれないなどの課題を解決する総合クラウドサービスが「iON Education」です。本ソリューションは、学生募集に始まり、入学、学習計画、試験、評価など、教育機関における一連の管理業務をデジタル化し、いつでもどこからでも情報にアクセスできるインターフェースを提供します。さらに、コンピューターテスト(CBT)、アクティブ・ラーニングなどの豊富な機能により、教室に限定されない学習活動を促進させます。

詳細はこちら

 

新時代の学びを支えるタブレット 「PAPER」


日本が提唱しているSociety5.0を担う次世代を育成するため、日本の「学び」は大きく変化しています。また、教師が「子ども達と向き合う時間」を十分に確保できるよう、教育現場における業務の見直しも始まっています。

TCSでは、日本の教育における新時代の学びを支えるソリューション「PAPER」を提供しています。

詳細はこちら

 

OMR・イメージングサービス

当社は40年以上の実績を誇るテスト処理のエキスパートです。マークシートリーダやOCR、イメージスキャナ等の製品提供にとどまらず、高精度なイメージングシステムを活用したドキュメント管理やインプットデータの管理、マークシート自体のデザインから印刷まで多様なサービスを提供し、テスト処理に関する業務効率化を実現します。

詳細はこちら