「 Retail & CPG Day 2018 」 開催のご案内

~デジタル時代に求められる小売・消費財業界のビジネス変革~

 

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、2018年11月8日(木)に小売、消費財製造業界のお客様向けのセミナー「Retail & CPG Day 2018」を開催いたします。

デジタル時代の今、ICT技術の加速度的な進化に伴って、消費者ニーズは従来とは比較にならないほど短いサイクルで変化を続けています。また、Amazon.comやUber、Airbnbに代表されるデジタル・ディスラプター(創造的破壊者)の台頭によって、日本企業は旧来のビジネスの常識を覆す新たな競合との戦いにさらされています。このような状況下で、企業はその生き残りをかけて、既存のビジネスモデルの更なる改善・効率化・価値向上に取り組むだけでなく、デジタル技術の駆使によって新たな価値や仕組みを創造する、いわゆるデジタル・トランスフォーメーション(DX)にも挑まなければなりません。

本セミナーでは、消費者の期待に応え、消費者に選ばれ続けるために、TCSが提唱するデジタル時代のビジネスのあり方「Business 4.0™」をご紹介するともに、いち早くデジタル変革を実現している海外大手小売業のホームデポと、消費財製造業のモンデリーズの成功事例を解説いたします。

  • いかにして高度にパーソナライズした購買体験(ジャーニー)を消費者に提供するか
  • 押し寄せるビジネスリスクをどのようにコントロールするか
  • 新たな価値を創造するためにビジネス・エコシステムをどのように構築するか

これらを本セミナーでご体感いただければ幸いです。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

 

日時 2018年11月8日(木)14:30 ~ 17:30(14:00開場)
※セッション後、カクテルパーティーのご用意をさせて頂いております。
アジェンダ
14:40 – 15:20

「Business4.0™が加速させる小売・消費財業界における
 テクノロジーとビジネスの融合」 

小売・消費財グループ 統括本部長 藤井 大介


Amazon.comなどデジタル・ディスクラプターの台頭によって指数関数的に増大する消費者の要望。これらに応え、選ばれ続ける企業であるためのビジネスのあり方を、「高度にパーソナライズした購買体験(ジャーニー)の提供」、「ビジネスリスクのコントロール」、「ビジネス・エコシステムの活用」という視点で解説します。

15:30 – 16:20 (※どちらかのセッションを選択してください。)

【小売業 事例紹介】
押し寄せるアマゾンの脅威に立ち向かうホームデポのデジタル戦略と活用例

小売・消費財グループ 高城 雅人

業績低迷期に、従来の出店戦略による成長からデジタル投資による成長へと大きく舵を切ることで、既存店の売上を伸ばし続けている小売業の成功の秘訣をご紹介します。

【消費財製造業 事例紹介】(通訳あり)
「QCDの改善を実現するモンデリーズのデジタルファクトリー化へ向けての取り組み」

小売・消費財グループ サティヤ・ムルティー・スリナス

全世界130か所以上の食品・飲料工場をデジタル化し、リアルタイムパフォーマンス分析を実現することで、年間約120億円の廃棄ロスを削減した事例をご紹介します。

16:30 – 17:30
【デモブースA】AIDMA/AISASからDECAX(デキャックス)へ。消費者の新たな購買行動に対応したホームデポの消費者向けモバイルアプリ
【デモブースB】バリューチェーン全体のデータ一元化プラットフォームADiP™と蓄積データのマーケティング/カテゴリーマネジメント活用事例
【デモブースC】店舗/倉庫におけるロボティクス、ドローンの活用例(買い物、および商品補充・ピッキング・棚卸の省力化)
18:00 – 19:00

カクテルパーティ

 

会場:

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
本社 1Fセミナールーム

大きな地図で見る

〒105-8508 東京都港区芝公園四丁目1番4号 ソニック38MTビル1階
TEL: 03-6736-7000

地下鉄日比谷線「神谷町」駅 2番出口から徒歩7分
地下鉄都営大江戸線「赤羽橋」駅 赤羽橋口から徒歩9分
地下鉄都営三田線「御成門」駅 A1出口から徒歩10分
地下鉄都営三田線「芝公園」駅 A4出口から徒歩10分

参加費 : 無料(事前登録が必要です)

 

 

関連オファリング

 

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、2018年10月に開催される金融総合専門紙「ニッキン」(日本金融通信社)が主催する国内最大の金融機関のためのITフェアである「FIT(Financial Information Technology)2018」(金融国際情報技術展)に協賛します。

当社は、10月25日(木)午前に「マシンファーストが導くBusiness 4.0 ― 先進事例から考える日本の金融」と「金融サービスの未来 -先進事例に見るデジタルトランスフォーメーション」の2セミナーで最新事例をご紹介します。

皆様のご来場をお待ち申し上げております。

 

イベント概要

開催日時:

2018 年10月25日(木)  B5(2)会場

セミナー①: 10:00 ~ 10:50
「マシンファーストが導くBusiness 4.0 ― 先進事例から考える日本の金融」
 

金融業界の大変革時代において、TCSが提唱するビジネスのあり方「Business4.0™」とは何か。そして、このあるべき姿に向かって、AIやロボティクスなどのコグニティブ・マシンを活用して大きな成果を上げている欧米の大手金融機関の先進事例をご紹介すると共に、日本の金融変革の実践について考察して参ります。

 

セミナー②: 11:20 ~ 12:30
「金融サービスの未来 -先進事例に見るデジタルトランスフォーメーション」
  これからのデジタルトランスフォーメーションは、ヒトとデジタルを融合させることで金融サービスをより一層強化します。欧米の金融機関のさまざまな変革に携わってきたプロフェッショナルが先進事例をベースに解説します。(逐次通訳あり)
場 所 : 東京国際フォーラム・ホールE・ホールB・ガラス棟(東京・有楽町)
▶ 地図・アクセスは こちら
参加費 : 無料 (セミナー申し込みは事前登録が必要です。以下お申込みボタンよりお願いいたします)
※ 当社セミナーは、金融機関(証券・保険・ノンバンクなども含む)及び、金融機関系列会社の方のみご登録いただけます。
主 催 : 日本金融通信社
公式サイト・詳細URL: https://fit-tokyo.nikkin.co.jp/#Fit

 

 

関連オファリング

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、2018年10月に開催される金融総合専門紙「ニッキン」(日本金融通信社)が主催する国内最大の金融機関のためのITフェアである「FIT(Financial Information Technology)2018」(金融国際情報技術展)に協賛します。

当社は、10月25日(木)午前に「マシンファーストが導くBusiness 4.0 ― 先進事例から考える日本の金融」と「金融サービスの未来 -先進事例に見るデジタルトランスフォーメーション」の2セミナーで最新事例をご紹介します。

皆様のご来場をお待ち申し上げております。

 

イベント概要

開催日時:

2018 年10月25日(木)  B5(2)会場

セミナー①: 10:00 ~ 10:50
「マシンファーストが導くBusiness 4.0 ― 先進事例から考える日本の金融」
 

金融業界の大変革時代において、TCSが提唱するビジネスのあり方「Business4.0™」とは何か。そして、このあるべき姿に向かって、AIやロボティクスなどのコグニティブ・マシンを活用して大きな成果を上げている欧米の大手金融機関の先進事例をご紹介すると共に、日本の金融変革の実践について考察して参ります。

 

セミナー②: 11:20 ~ 12:30
「金融サービスの未来 -先進事例に見るデジタルトランスフォーメーション」
  これからのデジタルトランスフォーメーションは、ヒトとデジタルを融合させることで金融サービスをより一層強化します。欧米の金融機関のさまざまな変革に携わってきたプロフェッショナルが先進事例をベースに解説します。(逐次通訳あり)
場 所 : 東京国際フォーラム・ホールE・ホールB・ガラス棟(東京・有楽町)
▶ 地図・アクセスは こちら
参加費 : 無料 (セミナー申し込みは事前登録が必要です。以下お申込みボタンよりお願いいたします)
※ 当社セミナーは、金融機関(証券・保険・ノンバンクなども含む)及び、金融機関系列会社の方のみご登録いただけます。
主 催 : 日本金融通信社
公式サイト・詳細URL: https://fit-tokyo.nikkin.co.jp/#Fit

 

 

関連オファリング