ジャパンSAPユーザーグループ主催

「JSUG India Day 2019」での講演のお知らせ

Event詳細はこちら
 

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、2019年6月に開催されるジャパンSAPユーザーグループ(JSUG)主催の「JSUG India Day 2019」 で講演を行います。

SAPユーザー企業にとっての悩みの種は、来るべきSAPの「2025年問題」に向けた、S/4HANAへの円滑な移行、そして逼迫するSAP人財枯渇。JSUGでは昨年から、この人財枯渇問題に対する一つの解として、インド系IT企業に注目し、昨年10月にはJSUG国際派遣プログラムの一環として、インド・バンガロールのSAP社やTCSなどのIT企業の視察も実施。今回は続編として、その成果報告と訪問先のインド系IT企業各社のセッションが開催されることになりました。

当社のセッションテーマは「S/4HANA化のためのインドリソース活用-プロジェクトから学ぶ成功と苦労・教訓」

最先端インドIT技術と三菱商事/TCSの日印合弁モデルで、数々のプロジェクト経験をベースとした独自のデリバリーモデルと専用デリバリーセンターを活用した事例に加え、苦労話・教訓をお伝えします。併せてS/4HANA化プロジェクト特化の新しいデリバリーモデルをご紹介、SAP人財枯渇問題への具体的な解を提示します。

ご来場をお待ち申し上げております。

 

イベント概要 

開催日時:

2019年6月17日(月)

当社講演 :
15:00-15:45  「S/4HANA化のためのインドリソース活用-プロジェクトから学ぶ成功と苦労・教訓」

会 場 : SAPジャパン株式会社 本社 3F会議室
東京都千代田区麹町1丁目6番4号 SAPジャパンビル
定 員 :  約100名
対 象 : JSUG会員企業 (法人会員、賛助会員)またはJSUG会員企業のIT子会社(JSUGサポーターであるインド系IT企業とのアライアンスを希望する場合)
主 催: ジャパンSAPユーザーグループ(後援:SAPジャパン株式会社)

 

▶ 公式サイト: JSUG India Day 2019(JSUGのイベント告知ページ)

 

関連ページ