UBMジャパン社主催

「Pharma IT & Digital Expo 2019」での
講演のお知らせ

 

 

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、2019年3月19日(火)に、UBMジャパン社主催の製薬業界に特化したIT/テクノロジーをテーマとしたイベントである 「Pharma IT & Digital Expo 2019」 で講演を行います。

当社は、製薬業界におけるセールスおよびマーケティングというテーマのもと、国内外で培ったデジタルとアナリティクスの知見をフル活用した事例をご紹介しながら、日本の製薬企業におけるこれからのマーケティングをご提案します。

皆様のご来場をお待ち申し上げております。

 

イベント概要

開催日時:

2019 年3月18日(月) ~ 3月20日(水) 

当社講演:2019年3月19日(月) 13:00 ~ 13:45 【セッションNo. P-11】

Unified UX (User Experience)に着目した
新たな医薬デジタルマーケティングの創造

近年、製薬業界のデジタルマーケティングに求められているのは、医療従事者や患者が求める情報をあらゆる角度から準備・公開し、彼らが情報を欲しているときに確実に提供することである。一方、多くの製薬会社の情報提供はクローズドな環境で行われており、情報を提供すべきタイミングや方法、その内容も画一的で時代遅れの感が否めない。今こそ、海外や他業界を参考に、デジタルマーケティングの未来図を描くべきではないか?Unified UX、カスタマーセントリック、インタラクティブ、アナリティクスなど、これらデジタル化の必須テーマを交えながら、今後のデジタルマーケティングの処方箋をお伝えする。

https://www.informa-japan.com/cphi/seminar/index.php?category=30

 

講演者:日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
    デジタルトランスフォーメーションサービス統括本部
    ソリューションアーキテクト/データサイエンティスト
    新木 雅也

ビジネスアナリティクスチームに所属し、機械学習やAI関連ソリューションのデリバリーを担当。大学院研究のシュミレーションモデル構築のためにPythonを利用するようになり、その後機械学習、データ分析、Webアプリケーション開発などに10年以上携わってきた。共著に「Python プロフェッショナルプログラミング 第3版」。共訳に「独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで」。

場 所 : 東京ビッグサイト 東1・2・3ホール(東京・有明)
地図・アクセスは こちら
参加費 : 無料 ※ 聴講には事前登録が必要です
主 催 : UBMジャパン株式会社
公式サイト: https://www.cphijapan.com/info-pharmait/

 


 

関連オファリング