未来を考える ーライフサイエンスのための次世代デジタルテクノロジー AIを駆使した症例処理の実例から学ぶ

一般社団法人 ディー・アイ・エー・ジャパン主催

未来を考える
ーライフサイエンスのための次世代デジタルテクノロジー
AIを駆使した症例処理の実例から学ぶ

 

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ(日本TCS)は、2021年12月2日に一般社団法人 ディー・アイ・エー・ジャパン (DIA)主催の「医薬開発におけるAI・デジタル技術シンポジウム"DIA Cutting Edgeシリーズ#1" イノベーション時代の黄金律を求めて」のスポンサードセミナーに登壇いたします。

日本TCSは、12月2日(木) 14:40頃より、「未来を考える-ライフサイエンスのための次世代デジタルテクノロジーAIを駆使した症例処理の実例から学ぶ」と題し、Icahn School of Medicine at Mount Sinai-New York Cityの非常勤教授であり、TCSライフサイエンス&ヘルスケアリーダーのDr. Alejandra Guerchicoffによる講演を予定しています。

皆さまのご参加をお待ちしております。

イベント概要

イベント名: DIA 「医薬開発におけるAI・デジタル技術シンポジウム」
URL: https://www.diaglobal.org/Tools/Content.aspx?type=eopdf&file=%2fproductfiles%2f9992181%2f21337%2Epdf
開催日: 2021年12月2日(木)
講演概要:

2021年12月2日(木)  14:40~14:55
未来を考える-ライフサイエンスのための次世代デジタルテクノロジー
AIを駆使した症例処理の実例から学ぶ

現在、ライフサイエンス業界は転換期にあり、デジタルテクノロジーがもたらす未来への道のりを模索しながら、ファーマコビジランスに対する新たなアプローチを検討しています。製薬業界は革新を続け、先進的で費用対効果の高い製品が開発される環境である一方、ファーマコビジランスをより円滑に実施できるよう、デジタルトランスフォーメーションが急速に求められています。

ファーマコビジランス業界では、インテリジェント・オートメーションの導入が加速しています。安全性報告のフォーマットが多様化・複雑化し、報告数が増加していることがその要因の1つです。ファーマコビジランス業務担当者の作業負担が急激に増加した結果、人件費も増加しています。ライフサイエンス業界は、新たな化合物の発見・製品開発、そしてマーケティング費用の増加に加え、厳しい安全性・コンプライアンス基準を満たして製品を市場に売り出すまでに、様々な課題に直面しているのです。

TCSは、ライフサイエンス業界のファーマコビジランスの要件に対応した独自のプラットフォームTCS ADD Safetyを開発しました。 TCS ADD Safetyは、次世代のコグニティブ・オートメーション・ソリューションにより、市場に抜本的な変化をもたらします。そしてこのプラットフォームを活用することで、デジタル・エコシステムを強化し、複雑なデータを簡素化、新たな患者のニーズに応える新薬・医療機器がより迅速に承認、活用されることを目標としています。

本セッションでは、 ライフサイエンスとヘルスケア業界のリーダーであるDr. Alejandra Guerchicoffが、TCSのADD Safetyが、ゼロタッチケース処理を目指して、どのように人工知能、機械学習、そして自然言語処理を使用し、ファーマコビジランス・プロセスを自動化するのか、実例を用いて紹介します。

アジェンダ:
  1. TCSライフサイエンスの紹介
  2. TCS ADDプラットフォームと安全性の紹介

・AI・デジタルテクノロジーと新しいファーマコビジランスモデル

・メリット/コンセプト~事例化へ

  1. デジタルトランスフォーメーションで未来を考える
登壇者:

Dr. Alejandra Guerchicoff

タタコンサルタンシーサービシズ ライフサイエンス&ヘルスケア リーダー

 

  • 安全性・レギュラトリーに関する業界トップのライフサイエンス&ヘルスケア リーダー
  • Icahn School of Medicine at Mount Sinai-New York City 非常勤教授
  • ヒト遺伝学博士 (アルゼンチン)
  • 分子循環器学と遺伝性不整脈学の2分野における博士号取得 (米国)

20年以上Global PVや臨床研究に携わる。250以上の論文の掲載や国際科学会議にて発表の実績を持つ。

また自身の専門的キャリアを活用し、臨床研究と教育を通して人々のクオリティオブライフ(QOL)向上に貢献している。

参加費: 有料(DIA 「医薬開発におけるAI・デジタル技術シンポジウム」の参加登録が必要)
視聴方法:

オンライン

※参加費および視聴方法については、「お申込み」ボタンからイベント公式ページでご確認ください。

主催:

一般社団法人 ディー・アイ・エー・ジャパン(https://www.diajapan.org/

 

関連ページ