Gartner IT Symposium/Xpo™

ガートナージャパン株式会社主催

Gartner IT Symposium/Xpo™

 

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、2021年11月16~18日にバーチャルコンファレンスとして開催されるガートナージャパン株式会社主催「Gartner IT Symposium/Xpo™」にプラチナスポンサーとして出展します。

本年のGartner IT Symposium/Xpo™は、「Reach Beyond ~非常識の、その先へ~」をテーマに、CIOとITエグゼクティブの皆さまのイノベーション創出と持続的なデジタルトランスフォーメーション実現に関するさまざまなインスピレーションと専門知識を提供します。

日本TCSは、11月16日(火)15:15より、「始まっている地殻変動 ~オペレーションレベル向上に不可欠なグローバルリソース活用」と題してSolution Provider Sessionとして講演を予定しています。また、Exhibitor Engagement Zoneでは、SAP S/4HANA化に向けたTCSのアプローチと、効率的なSAP S/4HANAコンバージョンを実現するTCS ConvertCore™をご紹介します。

皆さまのご参加をお待ちしております。

 

イベント概要

イベント名: Gartner IT Symposium/Xpo™
開催日時: 2021年11月16日(火)~18日(木)
講演概要:

2021年11月16日(火) 15:15~15:35
始まっている地殻変動~オペレーションレベル向上に不可欠なグローバルリソース活用

日本において、IT人材の絶対数、特に高度IT人材の不足やコストの高騰などが問題となってから長い年月が経過しています。これらの問題の解決には、グローバル人材の活用が不可欠と言われてきましたが、日本においてはなかなか進展してきませんでした。一方で、新しい試みを始めている企業は着実に増えています。あるグローバル企業では約2,000人という大規模なオフショアサービスを活用しています。また、ある日系流通企業では米国企業の先進的な事例を取り入れてオフショアセンターを設立し、従来のオペレーションの大幅な変革に乗り出しています。これらの企業は、コストを下げるためのオフショア活用という旧来の考え方とは明確に一線を画し、グローバルレベルのオペレーショナル・エクセレンスを実現するためのグローバルリソース活用というディスラプティブな取り組みへと大きく転換しています。本セッションでは、これら革新的な事例をもとに日本企業のオペレーショナル・エクセレンスを実現する手法についてご紹介します。

対象:

  • ITを活用したオペレーション改革やグローバルガバナンスに関心をお持ち、あるいは、責任を担われている経営層、経営企画、IT関連の各部門の方
  • IT変革推進の責任者・担当者
登壇者: 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
エンタープライズアプリケーションサービス統括本部
デピュティ デリバリーヘッド 吉松 靖剛
参加費: 有料(イベント参加には事前登録が必要です)
視聴方法: オンライン
※参加費および視聴方法については、「イベント詳細・お申込み」ボタンからイベント公式ページでご確認ください。
主催: ガートナージャパン株式会社

 

 

関連ページ

【第1日目:2020年11月11日(水) 14:00~15:30】