グローバルの知見を最大限活用した SAP S/4HANA化へのTCSのロードマップ

Focal Point

グローバルの知見を最大限活用した
SAP S/4HANA化へのTCSのロードマップ

 

日本企業の抱えるSAP運用の課題

日本企業で運用されているSAP R/3、SAP ECCといったSAP社のERPシステム(以下、SAP)にはアドオンが多数見受けられます。

その結果、標準化されない、環境変化に迅速に対応できない、経営情報を収集できない、運用保守に莫大なコストがかかる…など、さまざまな問題を抱えた各社固有のシステムとなってしまいました。

このような課題を抱えた従来の日本固有のSAPシステムを、2027年問題も契機にし、今、SAP S/4HANAに移行することが、次世代標準システムとして刷新するチャンスであると考えます。その際、単純にSAP S/4HANA化するのではなく、本来あるべき方法で移行するのが肝要です。デジタル時代のビジネスモデル変革を支援するSAP S/4HANAを活用して、いかに企業の競争力をより一層高めるシステムにするかが重要です。

ここでは、より効果的、効率的にSAP S/4HANAへのマイグレーションを実現する方法について、TCSの持つグローバルの知見を踏まえてご紹介します。

 

グローバルの知見を最大限活用したSAP S/4HANA化へのTCSのロードマップ

SAP S/4HANA活用の効果を最大限に引き出すためには、導入プロジェクトだけでなく、その後の運用やデジタルトランスフォーメーション(DX)によるさらなる進化への取り組みが重要です。TCSは、①診断ツールによる最適な移行計画策定、②アドオン削減による維持コストの抑制、③SAPに特化したテスティングサービスによる効率化、④AI技術を活用した先進的な自動化による運用の見直し、といった、グローバルの知見を活用したSAP S/4HANA化を実現します。

 

1.診断ツールによる最適な移行計画策定

移行計画は、TCSでサービス提供している、「SAP S/4HANAビジネス・トランスフォーメーション・プランニング」で実施されますが、特に日本においては、SAP S/4HANA移行時に、事前に考慮すべきである、膨大なアドオンプログラムの存在を避けては通れません。

TCSでは、マイグレーションに先立ち、ツールを用いたアドオン影響分析による修正工数の最小化を図ったうえで、具体的なSAP S/4HANAへの移行計画に入ることを推奨します。

TCSのACE+は、SAP S/4HANAへのシステムコンバージョンで修正が必要となるプログラムやパフォーマンスの解析などを行い、事前調査のコスト削減やシステムコンバージョン後のSAPシステムの最適化を支援します。

[関連コンテンツ]TCS ACE+

 

2.アドオン削減による維持コストの抑制

SAP S/4HANAマイグレーションでは、Fit to Standardコンセプトのもと、極力アドオンを回避することが常識となっています。

TCSでは、SAP S/4HANA環境で事前定義された産業別ソリューション(テンプレート)であるTCS Crystallus™を提供しています。このテンプレートをもとにした、SAP S/4HANAの主要機能に対する勉強会を、プロジェクト準備段階で実施することをお勧めします。この結果、現⾏版との違いを理解し、SAP S/4HANA移⾏時の機能選択を事前に行うことができます。また、要件定義を行う際には、事前定義された標準シナリオを利用することで、アドオンを最小化し、Fit to StandardによるSAP S/4HANAへのマイグレーションを効率化することができます。

TCS Crystallusは、TCSが擁するさまざまな業界における専門的知見と実証された実績によって、ライフサイエンス、ハイテク、プロフェッショナルサービス、旅客・物流などの多岐にわたる業界に向けて提供される産業別ソリューション(テンプレート)です。

 

3.SAPに特化したテスティングサービスによる効率化

テスト工程において繰り返し行われるサイクルテストやリグレッション(回帰)テストなどを人手で行う場合、時間的制約からテスト範囲が限定的となるケースや、テスト終了後に発見された不具合対応に予定以上の工数が割かれるなどの課題があります。さらに、見誤りや見落としなどの人的ミスによる不具合の発生もリスクとなります。TCSが提供するSAP ECC及び、SAP S/4HANAのテストにおいて再利用可能なテストパッケージであるQUEST(Quick ECC S/4Hana Testing)を利用することで、前述の課題を最小化することが可能です。

併せてテスト自動化ツールを活用することにより、テスト範囲の拡大、および人的ミスを最小限に留めることで、テスト工数の削減と品質向上、製品・サービスの市場投入時期厳守などを実現します。

 

4.AI技術を活用した先進的な自動化による運用の見直し

新型コロナウイルス感染症の発生以降、あらゆる業種・業態がビジネスに甚大な影響を受けています。この中でIT運用部門は、ソーシャルディスタンスを保った運用体制の確保やユーザーのリモートワークへの対応など、さまざまな課題に直面しています。また、特にSAP運用に関しては、アドオンにより企業固有となってしまったシステムの維持運用の負荷が高まり、自動化などの対策に迫られていると認識します。このようなビジネス環境やワークスタイルの変化への追従のみならず、さらなる運用の効率化やクラウド化といった施策に苦慮している企業が少なくありません。これらを実現するためには、手動に重点を置く従来型の運用モデルには限界があり、新たな運用モデルの整備が避けられなくなっています。TCSはこれらの課題に対し、単一の自動化ソリューションを用いるのではなく、運用のノウハウと実績を組み込んだ自動化ソリューションにより、手動運用を極小化した自動化中心の運用モデルをご提案しています。

この取り組みにより、運用業務と人員配置を見直して効率化し、運用コストを最適化することが可能になります。

[関連コンテンツ]SAPナレッジ搭載のコグニティブ機能を活用し、 デジタル化と自動化を強力に推進!

 

TCSでは、本稿の内容をはじめとして、TCSのグローバルな知見を活用して効果的、効率的にSAP S/4HANAへのマイグレーションを支援するサービスを提供し、SAP S/4HANA導入を通じて日本企業の課題解決とビジネス成長に貢献します。

※掲載内容は2021年6月時点のものです。

関連ページ

SAP S/4HANAオファリング

SAP S/4HANA計画サービス:ビジネス・トランスフォーメーション・プランニング(構想策定フェーズの支援)

  • ケイパビリティ定義、オペレーションモデル設計、システムソリューションの最適配置
  • ビジネス効果の算定

 

SAP S/4HANA導入サービス

  • S/4HANA導入方針の選択(GreenField、BLUEFIELD™など)
  • ツールを活用したアドオン診断
  • コンバージョン工数・費用・ダウンタイムの試算
  • インドの日本専用デリバリセンター、各種ツールを最大限活用した構築、テスト、移行(ハイブリッドモデル、ファクトリーモデル)

 

SAP S/4HANA導入支援サービス(トランジション支援オフィス(TMO))

  • SAP S/4HANAの導入を他社が行う場合でも、TCSがPMOや、品質確認、受入テスト、運用保守フレームワーク作成など、ユーザー企業視点に立ってお客様を多角的に支援

 

SAP S/4HANA運用保守サービス

  • 豊富なノウハウ、AIツール、統合ヘルプデスク、マネージドクラウドなどを利用したグローバルAMO(アプリケーション・マネジメント・アウトソーシング)

 

*本書に記載されているSAPおよびその他のSAP製品とサービス、およびそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国におけるSAP SE(またはSAP関連会社)の商標または登録商標です。記載されているその他すべての製品名およびサービス名は、それぞれの会社の商標です。
追加の商標情報および通知については、www.sap.com/copyrightを参照ください。