ごあいさつ

 

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ(日本TCS)は、グローバルで幅広く事業を展開する世界有数のコングロマリット、タタ・グループの一員であるタタコンサルタンシーサービシズ(TCS)と、三菱商事の合弁会社です。

IT利活用の高度化や国内市場の成熟などを背景に、さらなる成長を求める日本企業のグローバル化や、競争力維持・向上に向けた取り組みがますます加速しています。また、世界がインターネット経済から消費者主導のデジタル経済へと進化する中で、企業はビジネスモデルをはじめ、製品・サービス、顧客セグメント、チャネル、ビジネスプロセス、働く環境とあらゆる側面で、デジタル技術を用い、変革することが求められています。

当社は、TCSが有する業界最高水準のITサービス・ソリューション・デリバリー力、三菱商事の日本市場に関する豊富な知見を駆使し、日本企業のグローバル化とビジネス変革を強力に支援します。

ごあいさつ

当社はタタコンサルタンシーサービシズ(TCS)と三菱商事の合弁によるハイブリッド企業として、三菱商事が培ってきた日本市場における豊富な知見と、TCSがグローバル展開する最先端のIT技術やビジネスソリューション、卓越した業界知識を最大限に生かし、お客様の競争力強化に貢献しています。

『Business 4.0』とも呼ばれる新時代において、AIやIoTといった著しい進化を続けるデジタル技術は、新たなライバルを出現させ、製品やサービス、さらにはビジネスモデルそのものの変革さえ求めるようになっています。

私たちは、この熾烈な競争環境においては、いかに迅速にアジャイルな事業体制を構築できるかが、企業が変化に対応し、競争を勝ち抜く鍵になると確信しています。

当社はお客様にその道筋を示すパートナーの役割を担うべく、ITを極めたプロフェッショナルの育成にもより注力してまいります。

 

プロフィール

アムル ラクシュミナラヤナン
Amur S. Lakshminarayanan

代表取締役社長

1983年にTCSに入社し、幅広い地域や分野でリーダーシップを発揮。 1999年からロンドンを拠点にTCSの中でも世界で2番目に大きな事業規模の地域であるTCS英国および欧州地域の責任者に就任。それらの役割に加えて、インドの他にも米国、香港、オーストラリアで業務に従事。日本TCS代表取締役社長就任の前は、通信、メディア・情報サービス、ハイテク、公共事業の4つの業種別組織のグローバルヘッド(ビジネス部門長)として貢献してきました。

2014年7月から現職。