Case Study

Gulftainer 様
港湾運営の合理化

多様なシステムをSAP S/4HANAへ統合し、ビジネス可視化を強化

 

お客様の課題


Gulftainer社は、組織の生産性と運用の透明性向上を目指しています。アラブ首長国連邦を拠点に、中東の港湾コンテナ施設の40%以上を管理しているGulftanier社は数種類のレガシーITシステムを密接に統合したいと考えていました。エンドトゥーエンドのコンテナ配送サービスに対する需要が高まったため、コンテナを始めとする資材を効果的に追跡するために、堅牢なITソリューションの実装と、基盤となるテクノロジーインフラの強化を望んでいました。特に、ビジネス全体の可視性向上・サプライチェーンと物流プロセスの合理化・モバイル機器導入による従業員の生産性向上などが差し迫ったニーズでした。

 

プロジェクト概要


Gulftainer社はITインフラストラクチャを統合するにあたり、SAPのエンタープライズリソース管理プラットフォームであるSAP S/4HANA実装と変更管理実施のためにTCSと提携しました。TCSは、多様なビジネス領域にまたがっている様々な業務アプリケーションを統合するためのロードマップを作成するため、ITシステム全体を詳細に評価しました。アジャイルかつ障害からの復旧が容易で、モバイル対応可能な従業員向けセルフサービス(ESS)とマネージャー向けセルフサービス(MSS)ソリューションをタイムリーに提供し、かつ費用対効果を最大化するために、SAP S/4HANAのエキスパートを20名以上投入しました。

TCSのソリューションは、より優れた顧客対応を行うためのインサイトを提供し、財務・営業・調達・保守などを含む、包括的な事業運営の視点を提供するように設計されています。

TCSはこの重要な取り組みを円滑に進めるために、社内の様々なステークホルダーと密に協力しました。さらに、従業員をはじめとする様々なエンドユーザーが新しいシステムに慣れるためのワークショップも開催しました。

Gulftainer社のGroup Director Business Services, Ramesh Shibakumaran様からは「TCSのおかげで効率的かつ費用対効果の高い港湾運営が可能となった」という評価を得ました。

 

プロジェクトの成果


Gulftainer社は港湾運営を最適化することに成功しました。モバイル対応したESS/MSSソリューションは、今までにないユーザーエクスペリエンスで従業員の生産性を向上させ、更に重要なビジネスプロセスの合理化・自動化による大幅なコスト削減と業務効率化を実現しました。


港湾オペレータの享受したメリットを例示します。

  • リアルタイムデータを活用したサプライチェーン運用に有用なインサイト提供
  • サプライチェーンと物流を統合・自動化による業務一貫性の実現
  • 納期遵守による顧客満足度の向上

 

関連ソリューション