TCS第三者テストソリューション

 

お客様の課題

今日のシステム開発においては、アプリケーションの市場投入時期が優先されることにより、適切な各工程期間や体制を維持できず、場合によっては設計段階の不具合がテスト工程段階で見落とされ、本稼働後に多大なコストをかけて対応を行うようなケースが発生しています。また一方では、品質確保を重視することで想定以上の期間とコストを要し、当初計画していた市場投入時期が遅れるケースも発生しています。

一般的なプロジェクトにおいては、その多くが設計・開発者が継続してテストも実施している状況下で、このような課題に対応するためにTCSでは、テスト設計も含め開発チームから独立したチームで行うテストにより、プロジェクトの早期段階より品質向上に努め、より高品質なアプリケーションを予定通りの期間で市場に投入することを可能とする第三者テストをご提供しています。

 

サービス概要

第三者テストは、テストシナリオ/ケース作成に必要となる設計書を、お客様要件の観点から第三者の目としてレビューし、設計上問題がないことを確認した上でテストシナリオ/ケース作成のインプットとします。そのため、早い段階より品質向上を図ることが可能となり、テスト期間短縮化と共に、テストに関わるコスト削減化も可能となります。

TCSは、第三者テストとして以下のサービスを提供します。

  • 検証サービス
    テストシナリオ/ケース作成のベースとなる各種設計書のレビューを、開発が開始される前の上流工程で行います。
  • 機能テスト
    単体テスト(*)を除き、結合テスト以降のテスト全般を、テスト自動化の導入/UATサポートも含め提供します。
  • 非機能テスト
    システム上の必要性に応じて、パフォーマンステスト、セキュリティテスト等の非機能テストを提供します。
  • 特殊テスト
    システムの特性に応じて、モバイル/ブラウザ互換テスト、ERPテスト、データ移行等のテストを提供します。

 

また、必要に応じて、上流工程におけるTCoE設立、テスト戦略、自動化戦略等、各種戦略策定の「QAコンサルティングサービス」、および既存テストチーム、またはテスト工程に対して、QAプロジェクト管理、不具合管理、テストデータ管理等の「テストサポートサービス」も、個別に提供可能です。

* 単体テストは、場合により対応可能です。

 

 

TCSが推奨する第三者テスト手法

第三者テストが適用されていないプロジェクトにおいては、単体テストを含む開発の終了後に結合以降のテストが開始されるケースが多々あります。その場合、テストシナリオ/ケース作成を含むテスト段階に入って設計の不備が見つかることもあり、プロジェクト全体の進捗に影響を及ぼすことになります。

TCSが推奨する第三者テストにおいては、開発から独立したテストテストチームにより、要件定義書、各種設計書が作成完了した時点より、そのドキュメントの記載内容がテスト適した記載になっているかを精査した上で、テストシナリオ/ケース作成に着手することで、早期段階より品質の確保を図ることが可能となります。

TCSでは、この早期段階からの品質確保を『Shift Left』と呼び、上流工程における品質リスク緩和を図ります。

また、TCSが推奨する第三者テストでは、予めテスト戦略/テスト計画書に定義された品質基準に対して、各テスト工程終了局面においてその品質を満たしているかの判断を行い、次工程に品質上も問題を持ち越さない手法でテストを行います。

 

導入事例 1

日本国内大手グローバル保険会社

背景

  • 直販会社の専属代理店、および非専属代理店が、独立したプラットフォーム上で運用されていたことにより、これらの代理店において、販売プロセスで共通のプリセールス、または、POSプラットフォームを利用できないため、お客様対応に遅れが生じ、市場シェアの喪失となってしまっていた。
  • お客様サービス、および、運用の効率性を改善するためには、保険会社に関連するすべての代理店向けの、ワン・ストップ・ショップ 販売システムを開発する必要があった。
  • 様々なLOB、および、商品のワン・ストップ・ショップ販売システムの導入に際し、お客様はPegaを選定されていた。

 

スコープ

  • システムテスト
  • 統合テスト
  • リグレッション(回帰)テスト
  • SOAテスト
  • モバイルテスト
  • パフォーマンステスト
  • UAT支援

 

ソリューション

  • 戦略的代理店システムに対するエンド・ツー・エンド テスト
  • 自動化による、テストライフサイクルにおけるテスト迅速化
  • テスト結果レポート作成自動化
    • .Net ベースの自動化ツールを利用し、承認されたテストマトリクスに基づいて、テストケースを作成
    • 約5000のテストケースを自動ツールで作成
  • 保険料率、および、LC向けテスト実行自動化
    • 自動ツールを利用し1,250,521のテストケースを実行
  • テスト結果レポート作成自動化
    • 総合検証テストレポート向け.Net ベースの自動化ツール
    • 約6000の検証テストケースを自動ツールで統合

 

成果

  • 自動化
    • テスト自動化により、2,500人月のテスト工数削減
    • テスト結果レポート作成自動化により、50人月のレポート作成の工数削減
  • オンサイト/オフショアデリバリモデル
    • 現地日本の環境における課題を認識し、日本に適した堅牢でカスタマイズされたデリバリモデル、およびガバナンスの構築
    • 日本語を母語とし、日本の保険業界、および、日本で求められる品質を熟知したオフショア要員の活用

 

導入事例 2

日本国内大手航空会社

背景

  • 日本を拠点とするトップ航空会社のひとつで、古いレガシー旅客サービスシステムを新世代システムに移行するための大規模なトランスフォーメーションプログラムの開発を行っている。
  • 古いレガシー旅客サービスシステムを新世代システムに移行するためのトランスフォーメーションプロジェクトが発足した。
  • 増加される業務システム要件への対応が急務の状況となっている。
  • 航空ビジネスのプロセスを改善し、ビジネス拡大を図っている。

 

スコープ

  • カスタマイズが行われたシステムのユーザー受入テスト
  • カスタマイズが行われたシステムのビジネスプロセステスト
  • 影響を受ける5つの業務アプリケーションのシステムテスト
  • TCSのMasterCraft ALMを活用したテスト管理と不具合管理
  • テストデータ管理
  • HP UFT、およびTCS MasterCraft TAMを活用し、リグレッション(回帰)テストの自動化
  • お客様のカスタマイズ要件の決定を支援
  • パフォーマンステスト

 

ソリューション

  • 第三者テストチームがすべてのテスト作業を実施
  • すべてのテストタイプに対し、テスト戦略を定義しテストを実施
  • 商用ツール(HP UFT:リグレッションテスト自動化)だけでなく、TCSツール(TCS MasterCraft ALM:テスト管理ツール)も併用
  • テスト結果レポート、およびテスト管理におけるヘルプデスクチーム
  • 開発ベンダーと討議し、要件を定義

 

成果

  • 自動化
    • リグレッション(回帰)テストを自動で実行することにより、実行時間を60%削減。
  • テスト管理ツール
    • TCSのテスト管理ツール、および、へスプデスクチームをセットアップし、適切な管理とレポーティングを行う。
  • オンサイト/オフショアデリバリモデル
    • 生産性を改善し、グローバルドメインのナレッジを活用。

 

▶ PDFファイルはこちらからご覧いただけます。