OUTLINE

製造業向けサービス概要

デジタル変革の最先端に立つ製造業

 

 

製造業について


製造業はオペレーションテクノロジーと呼ばれるシステムを最適に動かすための「制御・運用技術」とITの両者が高度に融合する、大転換の時代に直面しています。デジタル化は製造業者に限らず全ての企業が競争優位を実現するための、ビジネス戦略上重要な要素となっています。製造業者は顧客・サプライヤー・ベンダー・ビジネスパートナーだけでなくデジタルマーケットプレイスにまで、エコシステムを拡張しています。また、クラウドソーシングやクラウドファンディング等によるアイデア実現など、シェアードインフラストラクチャを活用することで、お客様へ飛躍的な価値を提供するために様々な取り組みを行っています。全てのモノがインターネットに接続するコネクテッドワールドでは、機器やモジュールにはセンサーが取り付けられサービス化を前提に製造されています。また、製造業者・ディストリビューター・サプライヤー・顧客の境界線が曖昧になり、関係性も緊密になります。

最新のテクノロジーは大きな価値をもたらしますが、どのように実現すれば良いかを明確に理解している人は多くありません。現行のITシステムやアーキテクチャには限界があり、イノベーションの阻害要因と捉える企業もあります。また、製品のコモディティ化も他社との差別化戦略にとっては大きなリスクになります。企業内には多くのデータが存在していますが、それらを活用して会社にとって有意義な情報を引き出せている企業は数えるほどしかありません。そしてクラウドサービスの可用性はメリットが大きいですが、セキュリティやデータ保護の観点からは大きなリスクも抱えています。

 

日本における製造業について


日本の製造業もデジタル変革に前向きな姿勢を示していますが、実際に取り組みを開始した企業は少ない状況です。日本では情報システムが経営戦略上重要視されず、レガシー化したシステムが稼働し続けています。円高や災害などにみまわれ30年以上にわたって経済の停滞や物価の下落が続いたことも、システムの更新や人材の育成が遅れた原因です。

企業は変革を受け入れ、ITシステムを海外の企業以上のスピードで成熟させていく必要があります。そのためにはIT部門全体がアジャイルで柔軟性を持ち、新しいアプローチでシステム刷新に取り組むことが求められます。しかし革新的で独創的なアイデアを発案し実現できる人材は限られているため、リソースの確保が課題となります。

 

TCSの取り組み


あらゆる企業は、より俊敏でインテリジェントかつ自動化された組織を目指してクラウドを活用した技術革新の真っただ中にいます。TCSではこのような取り組みをBusiness4.0™と定義しています。Business4.0™の時代では企業と顧客の関係性を改めて見直し、どのようにコミュニケーションを図るかを考え直す必要があります。また、「生産性を追い求める時代」から「成果を追い求める時代」へとシフトしていきます。デジタル技術を活用して「ユニークなカスタマーエクスペリエンスを生み出す」「飛躍的なビジネス価値を生み出す」「エコシステム(ビジネスネットワーク)を活用」「リスクへ挑戦する」、これらがBusiness4.0™を実現する4つの姿勢です。TCSでは、お客様の変革を迅速に実現するために、グローバルでの研究開発への投資やスタートアップ企業・学術機関とのネットワークによるイノベーション実現への取り組みであるCOIN™の活用などを行っています。

TCSには業界に関する深い理解と知識があり、それを生かしたデジタルトランスフォーメーションへの取り組みを実現できる人材を世界各地で確保しています。また、TCSでは企業のインフラストラクチャ・データ・アプリケーションの3要素を効果的に組み合わせることでデジタルトランスフォーメーションの基盤となるデジタル・コアを構築することを重要視しています。デジタル・コアを活用することで、デジタルトランスフォーメーションを通じたビジネス課題解決を実現しています。クラウド・アナリティクス・IoT・マシンラーニング・ロボティクス・AI等の専門知識を、当社が提唱する人とマシンの融合を促進する「マシンファーストデリバリーモデル(MFDM™)」に則り全社的な自動化やAIによる意思決定支援などを実現することで、お客様の複雑なビジネス課題解決に取り組みます。

 

ソリューション


TAP™

TAP™は、新しい調達パラダイムに対応したクラウドソリューションです。契約ライフサイクル管理、サプライヤーのパフォーマンス管理、カタログでの購買、POによる購買、サプライヤーのセルフサービス、キャプチャ・マッチング・例外ルート処理・承認・支払いなどを含んだ請求自動化などの機能を持つ統合型ソリューションスイートです。
TAP™には、買い手と売り手のエクスペリエンスを改善し、調達業務の効率化と更なる可視化、法令等への対応などのメリットがあります。

▶ 詳細はこちら