Press Release

QuartzDevKitを発表
ブロックチェーンアプリケーション開発を40%迅速化

2019年12月16日

 

TCSのローコード開発ツールキットが迅速な高品質ブロックチェーンアプリケーション開発を実現
 

ムンバイ、2019年12月16日: タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)は、標準的なブロックチェーンプラットフォーム上で稼働するアプリケーションを迅速に開発および導入するためのエンタープライズ向けローコード*開発キットQuartz DevKit(クォーツデブキット)を発表しました。

*Low-Code: ソースコードを書かずに、あるいは、最小限のソースコードでソフトウェア開発を高速化するためのITツール。
2014年、米IT調査会社 フォレスターリサーチ(Forrester Research)がソフトウェア分類のカテゴリーのひとつとして定義。

 

QuartzDevKitは、ベースとなるブロックチェーンテクノロジーの複雑さを抽象化し、Hyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)Ethereum(イーサリアム)R3 Corda(アールスリーコーダ)などの任意のブロックチェーンプラットフォームでアプリケーションを開発および導入するため、事前に構築されたテンプレートの拡張によるローコードアプローチを提供します。

プラットフォームのセットアップ、管理および導入、セキュリティ認証、暗号化、ノードおよびIDとユーザー管理のためにプレビルド・コンポーネントを使用して、開発者はスマートコントラクト*を40%早く作成できます。

*Smart Contract: コントラクト(契約)をスマートに実施できるプロトコル。
契約の条件確認や履行までのプロセス自動化を指す。

 

直感的なウェブベースの統合開発環境は、開発者が選択するブロックチェーンプラットフォーム上において、ビジネスコードのシームレスな設計・コンパイル・パッケージ化・導入に寄与します。さらに、QuartzDevKitの統合コード品質アナライザーにより、スマートコントラクトにはベスト・イン・クラスのコーディングプラクティスが組み込まれます。

TCS金融ソリューション部門グローバルヘッドのR.ヴィヴェカナンド(R. Vivekanand)は、次のように述べています。
「金融業界の多くの顧客は、拡張されたエコシステム全体でフリクションレスなトランザクション処理を確立するためにブロックチェーン技術を活用しています。 TCSは、QuartzDevKitを開発し、開発者のコーディングの労力を軽減し、あらゆるプラットフォーム上でスマートコントラクトを使用し、高品質なアプリケーション開発の迅速化を支援してきました。パイロット導入の顧客から好評を得られたことから、いよいよQuartzDevKitを本格的に提供できるようになりました」

Quartz - Smart Ledgersソリューションは、より一層 “繋がり” が深まりゆく世界において、組織内の協働のあり方を再定義し、ブロックチェーン技術を使用することで総合力としての強みを活かします。このスイートは、さまざまな業界に向けて「ブロックチェーン開発のために設計された」一連のビジネスソリューションであるQuartz Smart Solutions、複数のブロックチェーン・プラットフォーム上で高品質なコードのプログラミングを可能にするスマートコントラクト開発キットであるQuartzDevKit、既存のソリューションをブロックチェーン・エコシステムと統合するためのQuartzGateway、エコシステム全体を管理、モニタリングできるQuartzCommand Centerで構成されています。

これらのソリューションを組み合わせることで、組織はブロックチェーン技術によって実行され、真に繋がり合ったエコシステムを形成し、元帳の単一の真の情報源に基づき、リアルタイムで効率的なトランザクション処理を実現できます。 このソリューションは、既存のシステムとも共存可能で、複数のブロックチェーンプラットフォームをサポートし、エコシステム参加者とのシームレスな統合を促進します。

 

Quartz - The Smart Ledgers(スマート台帳)について

Quartzソリューションは、複数のドメインに跨る組織がビジネスでブロックチェーンを有意に活用できるようにすることを目的としています。 このソリューションは、共存(co-existence)、統合(integration)、相互運用性(interoperability)の原則を念頭に置いて設計されています。 組織の俊敏性を高め、アップストリームシステムとダウンストリームシステムとのデータ交換に関連するトランザクション処理にかかる時間短縮とコスト削減に貢献します。 このソリューションの設計の前提となっているデータマスキング、プライバシー、および匿名性により、組織は最大限のセキュリティ環境でコアコンピテンシーの強化に集中できます。

Quartzの詳細については、www.tcs.com/jp-ja/BlockChain/BlockChain_olをご覧ください。

 

Tata Consultancy Services Ltd(TCS)について

タタコンサルタンシーサービシズは、創業から50年に渡り、革新的かつ業界最高水準のIT サービス、コンサルティング、およびビジネスソリューションを世界中の大手企業に向けて提供し、その変革への道のりを支援している、ITサービス、コンサルティング、およびビジネスソリューション企業です。TCS はコンサルティングを基盤とし、コグニティブ技術を活用したBPS、エンジニアリング・サービスやソリューションを総合的に展開しています。これらを卓越したソフトウェア開発の基準として認識されている、TCS 独自の「ロケーションインディペンデント・アジャイル・デリバリーモデル(Location Independent Agile Delivery Model)」を通じ、地理的な制約にとらわれることなく提供しています。

TCS は、世界最大規模の多国籍複合企業体であるタタ・グループに属し、最高水準のトレーニングを受けた45万人を超える人材を擁し、世界46カ国で事業を展開しています。2019年3月31日を末日とする会計年度の売上高は209億米ドルで、インドナショナル証券取引所とボンベイ証券取引所にも上場しています。また、気候変動に対する積極的な取り組みや表彰の受賞歴もあるコミュニティ活動を世界中で展開しており、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスやMSCI グローバル・サステナビリティ・インデックス、FTS4Eグッド・エマージング・インデックスなど、主要なサステナビリティ指数の構成銘柄に名を連ねています。

TCSの詳細については、www.tcs.comをご覧ください。

 

※本内容は2019年12月16日(現地時間)、インド・ムンバイで発表されたプレスリリースの抄訳です。

発表内容の詳細は原文をご覧下さい。

▶ 原文はこちら

 

▶ PDFはこちらからご覧いただけます。