「TCS BaNCS Cloud for Asset Servicing」にカストディサービスが拡充

Press Release

「TCS BaNCS Cloud for Asset Servicing」
にカストディサービスが拡充

2020年10月8日

 

ムンバイ、2020年10月8日:タタコンサルタンシー・サービシズ(TCS)(BSE:532540、NSE:TCS)は、「TCS BaNCS Cloud for Asset Servicing」の機能を拡張し、カストディサービスを拡充したことを発表しました。

TCSのカストディサービスは、株式、債権、暗号資産など、複数の資産クラスの機関投資家向けカストディ、投資銀行業務、リテールバンキング、プライベートバンキングに対する証券バックオフィス業務をサポートします。

現在、100を超えるグローバル市場の主要な金融機関に導入されている本ソリューションは、トレードライフサイクル全体を包括する機能を備えるとともに、TCSが培ったグローバルベストプラクティス、各市場のニーズ、法規制対応も組み込まれています。

SaaSモデルで提供する「TCS BaNCS Cloud」は、24時間・年中無休で取引、決済、清算、コアカストディ業務をサポートする、スケーラブルで統合されたグローバルおよびローカルのカストディプラットフォームです。俊敏性を念頭に置いて設計され、階層化されたルールベースのビジネスアーキテクチャは、お客様のビジネスプロセスの構成を簡便化します。また、ロータッチが進展する世界において、ハイレベルな自動化の実現への入口として機能します。

TCS Financial Solutions共同責任者のR. Vivekanand(R.ヴィヴェカナンド)は、次のように述べています。

「新型コロナウイルスのパンデミックによって金融サービス業界のクラウド採用は加速しており、コグニティブテクノロジーを活用したクラウドベースのカストディソリューションに対するニーズも高まり続けています。昨年、当社は、TCS BaNCS Cloud for Asset Servicingソリューションを立ち上げました。この度、本SaaS型サービスのカストディおよび決済の機能拡張を発表できることを喜ばしく思います。現在、カストディアン(受託信託銀行)のトップ10行のうち8行がTCS BaNCSのカストディソリューションを採用し、前四半期、本ソリューションは3つの大手金融機関に導入されました。ビジネスモデルの変化に伴い、チャネル、ユーザー、市場、アプリケーションが増大する中、将来のニーズを見据えた多くのグローバル企業のお客様にTCS BaNCS Cloudを採用いただだいています」

TCS BaNCS Cloudは、エンド・ツー・エンドの金融サービスのバリューチェーンに対応したSaaS型で、プラグ・アンド・プレイによる従量課金制のワンストップソリューションです。将来を見据えたデジタルアーキテクチャによる機能拡張への対応の俊敏性、運用効率向上により、世界の大手銀行に採用されています。 TCS BaNCS Cloudアプリケーションアーキテクチャは、場所や時間にとらわれないアクセス、スケーラビリティ、レジリエンス、ハイパフォーマンス、コンプライアンスを保証します。

TCS BaNCSのカストディソリューションは世界100か国以上で展開し、クラウドを通じて利用できるコンポーネントを最大限に集約するとともに、拡張されたエコシステムの力を活用することで、より俊敏でインテリジェントなビジネスへの変革を支援します。階層化アーキテクチャと構成可能なルールエンジンで設計されたこのソリューションには、リアルタイム処理やAPIなどの機能を備えています。TCSは継続的にイノベーションに注力し、チャットボット、AI、アナリティクス、デジタルダッシュボードなどのコグニティブソリューションを導入しました。

また、自然言語処理を活用してドキュメントから情報をマイニングし、コーポレートアクションのアナウンスメントや議決権の代理行使をキャプチャするデジタル情報抽出ツールキットなどによって強化されています。リスクベースのワークフローと広範な構成機能により、SMPGガイドラインに準拠しながら、高レベルのストレートスループロセシングを保証します。

以上

タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)について

タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)は、革新的かつ業界最高水準のIT サービス、コンサルティング、およびビジネスソリューションを世界中の大手企業に向けて提供し、その変革への道のりを支援している、50年の歴史を持つITサービス、コンサルティング、およびビジネスソリューション企業です。TCS はコンサルティングを基盤とし、コグニティブ技術を活用したBPS、エンジニアリング・サービスやソリューションを総合的に展開しています。これらを卓越したソフトウェア開発の基準として認識されている、TCS 独自の「ロケーションインディペンデント・アジャイル・デリバリーモデル(Location Independent Agile delivery model)」を通じ、地理的な制約にとらわれることなく提供しています。

TCS は、世界最大規模の多国籍複合企業体であるタタ・グループに属し、最高水準のトレーニングを受けた44万3,000人を超える人材を擁し、世界46カ国で事業を展開しています。2020年3月31日を末日とする会計年度の売上高は220億米ドルで、インドナショナル証券取引所とボンベイ証券取引所にも上場しています。また、気候変動に対する積極的な取り組みや表彰を受けた地域活動を世界中で展開しており、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスやMSCIグローバル・サステナビリティ・インデックス、FTS4Eグッド・エマージング・インデックスをはじめ、主要なサステナビリティ指数の構成銘柄に名を連ねています。

TCSの詳細については、www.tcs.comをご覧ください。

※本内容は2020年10月8日(現地時間)、インド・ムンバイで発表されたプレスリリースの抄訳です。

発表内容の詳細は原文をご覧下さい。

▶ 原文はこちら

▶ PDFはこちらからご覧いただけます。