TCS、デジタル技術を活用し変革プログラムの拡大を支援する「Pace Port™ Toronto」を開設

Press Release

TCS、デジタル技術を活用し変革プログラムの拡大を支援する「Pace Port Toronto」を開設

2022年7月25日

 

急成長を続けるトロントのテクノロジーエコシステムにTCS COINと先進的なリサーチセンターが参画 迅速なイノベーション創出を支援

トロント | ムンバイ、2022年7月13日:タタコンサルタンシーサービシズ(以下、TCS)は、リサーチと共創のためのハブ拠点である「TCS Pace Port」の5つ目の拠点として「TCS Pace Port Toronto(TCSペースポート トロント)」を開設しました。本拠点はカナダ企業のより迅速なデジタルイノベーション実現を支援します。

オフィスビル「400 University Avenue」の最上階の16,000平方フィート(約4,800㎡)を占めるPace Port Torontoは、最新テクノロジーへのアクセスと、TCSのリサーチラボ、スタートアップ、ベンチャーキャピタル、起業家、トロント大学などの学術機関の画期的な思考を提供するとともに、ニューヨーク、ピッツバーグ、アムステルダム、東京の各都市にあるTCS Pace Portともグローバルネットワークで繋がります。TCS COIN(Co-Innovation Network)を通して、知的財産や変革の担い手とつながることにより、カナダの企業はハイブリッドのアプローチでイノベーションを共創し、最適なペースで業界の変革をリードすることができます。

Pace Port Torontoは、アジャイルワークスペース、研修スペース、アカデミックなリサーチラボ、イノベーションの発表スペースを備え、先進技術の迅速なプロトタイピング、リサーチ、商業化を促進します。

また、ローカルパートナーエコシステムをサポートするために、TCSはSchool of Cities地区にあるトロント大学データセンター(University of Toronto’s Data Centre)に100万カナダドル(約1億700万円)を寄付し、スマートシティー構築をサポートすると発表しました。

カナダ政府 イノベーション科学産業大臣のフランソワ・フィリップ・シャンパーニュ(François-Philippe Champagne)氏は、次のように述べています。

「TCS Pace Port Torontoは、トロント市で成長中のテクノロジーの展望に素晴らしい1ページを付け加えることになります。本日のこの発表からも、カナダが世界のイノベーションをリードしていることは明らかです。TCSが世界最高水準のイノベーションとサービスをここトロントにもたらしてくれることを喜ばしく思います」

オンタリオ州政府 経済開発・雇用創出・貿易大臣のビクター・フェデリ(Victor Fedeli)氏は、次のように述べています。

「私たち州政府は、オンタリオ州を企業にとって投資や雇用創出の価値あるより魅力的な地にすることにコミットしています。TCS Pace Portsは、2,600ものスタートアップや業界パートナーのコイノベーションネットワークを結集し、イノベーションを加速させ、企業や雇用創出の担い手が投資・成長するにふさわしい環境を整備し、オンタリオ州全体の投資を促進するでしょう」

TCS CTO(最高技術責任者)の K.アナンス・クリシュナン(K. Ananth Krishnan)は、次のように述べています。

「北米地域でテクノロジーの成長が最も著しい市場である、トロントにおけるPace Portの設立は、TCSのカナダにおける長期的な戦略計画の一環であり、具体的にはイノベーションラボ、人材育成・スキルアップ、およびSTEM教育分野で進行中の学校との連携プログラムなどがあります」

世界中にあるTCS Pace Portの拠点には、4,000人以上の研究者や変革の担い手、2,300以上のスタートアップパートナー、30以上のイノベーションラボ、67の学術界のパートナーが名を連ねています。

TCSカナダ カントリーヘッドのソウメン・ロイ(Soumen Roy)は、次のように述べています。

「Pace Port Torontoは、グローバルでコラボレイティブなパートナーエコシステム、テクノロジーパートナー、学術機関、TCSのリサーチ&イノベーションのケイパビリティを最大限に駆使し、カナダのローカル企業がデジタル技術を活用して、より迅速にビジネスを変革できるよう支援します」

TCSとSTEM教育

TCSは、地域コミュニティの変化や学習を促進することにコミットしています。TCS Pace Port Torontoは、TCSのSTEM教育プログラム、「goIT Student Awareness Program」(go Innovate Together - Student Awareness Program: 学生のイノベーションと共創に対する意識喚起プログラム)ならびに「Ignite My Future in School」の拠点としても機能します。

TCSのデジタルイノベーションとキャリア構築のための旗艦プログラム、goIT(go Innovate Together)では、学生はスキル、自信、マインドセットを身につけ、将来のキャリア追求につなげます。魅力的なデザインワークショップやカスタマイズされたメンタープログラムを通して、goITはステレオタイプを打破し、未来のリーダーを鼓舞し、STEMやコンピュータサイエンス分野でのキャリア構築を支援して、世界中の学生に影響を与えています。2020年にToronto District School Board(TDSB:トロント市教育委員会)とTCSが、第1回「goIT Monthly Challenges in 2020」を開催して以来、カナダの学生は他のどの地域の学生よりも多く受賞しています。TCSのgoIT Student Awareness」プログラムは、TDSBやカナダ中のさまざまな組織と連携し、20,000人以上の学生にSTEM教育を提供しています。

Ignite My Future in Schoolはカナダにおける新しい取り組みで、21世紀においてどの分野で成功するにも必須の基本的スキル、コンピュータシンキングを学生が習得する手法を変革します。

以上


タタコンサルタンシーサービシズについて (TCS)

タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)は、世界中の大手企業における変革の道のりを50年以上にわたり支援している、ITサービス、コンサルティングおよびビジネスソリューション企業です。コンサルティングを基盤とし、コグニティブ技術を活用した、ビジネス、テクノロジー、エンジニアリングのサービスやソリューションを総合的に展開しています。これらをTCS独自のソフトウェア開発基準である「ロケーションインディペンデント・アジャイル・デリバリーモデル(Location Independent Agile delivery model)」を通じ、地理的な制約にとらわれることなく提供しています。

TCSは、世界最大規模の多国籍複合企業体であるタタ・グループの一員で、最高水準のトレーニングを受けた60万6,000人を超える人材を擁し、世界55カ国で事業を展開しています。2022年3月31日を末日とする会計年度の売上高は257億米ドルで、インドナショナル証券取引所とボンベイ証券取引所にも上場しています。また、気候変動に対する積極的な取り組みや表彰を受けた地域活動を世界中で展開しており、MSCIグローバル・サステナビリティ・インデックスやFTS4Eグッド・エマージング・インデックスをはじめ、主要なサステナビリティ指数の構成銘柄に名を連ねています。

TCSの詳細は、www.tcs.comをご覧ください。


※本資料は、2022年7月13日(現地時間)、カナダ・トロントならびにインド・ムンバイで発表されたプレスリリースの和訳です。

発表内容の詳細は原文をご覧下さい。発表内容の詳細は原文をご覧下さい。

▶ 原文はこちら


PDFはこちらからご覧いただけます。