Solution

DIME

リスクデータマネジメントと法規制対応を統合

 

課題

法規制要件の変更や追加、罰則の強化に伴い、リスクマネジメントの重要性は世界中の金融機関にとって、ますます高まっています。
そのため、リスクデータガバナンスが戦略的ビジネス目標の最優先事項の1つとなっています。今日の金融機関が必要としているのは、グループレベルや事業ラインなど法人全体におけるリスクデータの堅牢な管理、集約と報告の精度向上です。
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)は、業界関係者にデータ管理の統一基準を確立し、一貫したデータ分類法を採用し、組織レベルで統一されたデータアーキテクチャを確立することを義務付けています。

 

DIME:TCSのリスクデータマネジメント用ソリューション

TCSのリスクデータマネジメント用ソリューションアクセラレータ「DIME(Digitized Information Management Ecosystem)」は、リスクデータのマネジメントと法規制への対応が統合されたソリューションであり、バーゼル銀行監督委員会が定めたBCBS239(実効的なリスクデータ集計とリスク報告に関する諸原則)に対応しています。

データ品質、透明性、およびガバナンス用のモジュールを備え、効果的なリスク管理により、コンプライアンスを強化します。

 

DIMEのビルディングブロック

DIME概要図

 

DIMEのメリット

  • 包括的な法規制コンプライアンス
    さまざまな国・地域に跨るリスクデータを集約し、それぞれのレポーティングルールやガイドラインに沿ってタイムリーにレポート
  • 細心のリスクマネジメント
    DIMEによりデータフローを学習し、理解を深めることでビジネスライン、地域、顧客セグメント全体の主要なリスクを特定。データ管理コントロールの有効性を監視して、データセットの変更によるビジネスへの影響を理解し、情報に基づいた意思決定をサポート。
  • チェンジマネジメントの強化
    データ系列(Data Lineage)の透明性を確立して、リスクデータの状況を精緻に把握。
  • アカウンタビリティと効率化されたデータガバナンス
    リスクデータの集約とレポートティングのために、データマネジメントとデータ品質および可用性を向上

 

DIMEは米国の大手銀行でも導入されるなど、BCBS239対応に限らず、ビッグデータにおけるデータマネジメントとコントロールの基盤としても活用されています。