Solution

Regulatory Reporting

法規制への迅速かつ適切な対応と
レポーティング業務のデジタル化・自動化を実現

 

課題

いわゆる金融危機を受け、金融機関は法規制・監督の強化の下、厳格な開示を求められるようになっています。したがって、タイムリーで正確かつ透明性のあるレポーティングを保証することは重要事項になっています。

しかし規制は国や地域で異なり、常に変更されるため、金融機関は最新の基準に適応するためにレポーティング業務を継続的に見直す必要があります。

多くの金融機関ではレポーティングプロセスは手動または半手動になっています。そのため、レポート作成に時間がかかり、エラーも発生しやすく多大なリソースを要しています。

データが複数のソースから収集されることを考えると、手動セットアップはしばしばデータの不整合につながり、結果として不正確なレポートになりかねません。

 

TCS Regulatory Reportingソリューション

TCS Regulatory Reportingソリューションは、法規制への迅速かつ適切な対応と、レポーティング業務のデジタル化、自動化を可能にします。

自動化により、金融機関は最新の規制報告要件への準拠が容易になります。これによりリソースの最適化が促進され関連コストの削減にもつながります。

Regulatory Reporting概要図

 

TCSのソリューションは豊富な機能と柔軟なアーキテクチャにより、レポーティング機能を強力にコントロールします。 主要コンポーネントは次の通りです。

  • データレイヤー
    このレイヤーは、特定の業務・部門のニーズに合わせてカスタマイズできる法規制対応基本データモデルを提供します。またデータの取得や統合と変換、さらにマスターデータ管理もカバーすることで、一貫性のあるエラーのないレポーティングが可能になります。
  • ガバナンスレイヤー
    このレイヤーは、ソリューションの構成、セキュリティ、およびオーディットコントロールの要件をカバーします。レポートテンプレートとルールマッピング、ビジネスルールエンジンとリポジトリ、および変更管理、システム管理などのワークフローの設計に関連するモジュールで構成されています。
  • ユーザインターフェースレイヤー
    ユーザーにレポート表示、生成、分析を提供します。また、レポートとルールのマッピングの詳細な分析とレビューが可能になります。 ローカライズされたデータや欠落しているデータのマニュアル調整とアップロードも可能で、さらにシステム管理と変更通知の確認も支援します。

 

メリット

  • 法規制関連の包括的なレポーティング
    堅牢なビジネスルールエンジンを使用して法規制変更に対応することで、法規制関連のレポーティングプロセスを効率化します。さまざまな変更の監査証跡を維持しながら、アラートや通知によってタイムリーなレポート提出を可能にします。
  • レポーティングサイクルの短縮
    レポートティングサイクルを短縮し、プロセス全体に俊敏性、効率性、透明性をもたらします。レポーティング作業を最適化し、ビジネスユーザーが調査と分析に集中できるようにして、関連コストを最小化します。
  • 設定可能なモジュール群
    簡単に設定およびカスタマイズ可能なソリューションによる、ビジネス固有の要件に対応します。 レポートテンプレートを定義し、ルールを設定してさまざまなレポートにマップすることにより、レポート管理プロセス全体をコントロールできます。