Solution

TCSスマート予知保全レポート
ソリューション

IoTと予測分析により運輸サービスの安定提供

 

課題


お客様は日々の車両状況報告プロセス(DVIR:Daily Vehicle Inspection Reporting)をより単純にスピーティーに処理する方法を模索していました。現在は人手による紙ベースの検査報告が主流で、DVIRのコンプライアンスプロセスを遅延させ、データの不確実性を引き起こしています。一部の企業ではモバイルアプリの導入などを進めていますが、大半のプロセスは人手によって処理されており、様々な項目の入力を求められます。これらが生産性の向上を阻害しています。

 

ソリューション概要


TCSスマート予知保全レポートソリューションは、IoTやクラウド、アナリティクス、モバイルなどを組み合わせて、車両状況報告プロセス全体を合理化・自動化します。

本ソリューションは車両に埋め込まれているセンサーと通信し、DVIRチェックリストに収集したデータをマッピングします。このデータは運転手のモバイル端末に送られるので、DVIRレポートが完成します。ドライバーは補足コメントや故障箇所の写真などを添付し、電子署名を付けて送信します。またレポートのコピーは監査のために保存/利用されます。

さらに分析エンジンにセンサーデータを入力することで、予測分析などを行えるような拡張機能も備えています。車両管理者は車両の状態を評価し、メンテナンスなどを予めスケジュールすることで安全性を確保することができます。


特長・メリット


  • 検査時間の短縮
  • エラーの削減
  • レポートの簡素化
  • 業務効率の向上