全日本スーパーフォーミュラ選手権

(Super Formula)について

 

1シーズン(年間)全7戦、国内の6サーキットで熱戦が繰り広げられるアジア最高峰のフォーミュラレース

 

 

SUPER FORMULAの歴史

1950年代、国際自動車連盟(FIA)による「ドライバーズチャンピオンシップは純然たるレーシングマシンであるフォーミュラカーによって競われる」との発表を受け、FIA加盟各国はその精神を継承していきます。

日本では「全日本F2000選手権」(1973年~1977年)、「全日本F2選手権」(1978年~1986年)、「全日本 F3000選手権」(1987~1995)をトップフォーミュラでのチャンピオンシップが開催され、1995年に株式会社日本レースプロモーション(JRP)の発足により、翌1996年から「全日本選手権フォーミュラ・ニッポン」として新たなスタートを切りました。

2013年には「全日本選手権スーパーフォーミュラ」に改称。「日本からアジアへ」、「F1、インディ、そして自らを第3極」として独自の位置づけを明確にし、ハード、ソフトの両面で改革が行われました。(2016年シーズンより「全日本スーパーフォーミュラ選手権」に改称)。

2017年以降は、無料衛星放送の「BSフジ」がスーパーフォーミュラの決勝レース生中継を開始、これによりさらに多くのモータースポーツファンが生でレースを観戦できる環境が整いました。

日本のフォーミュラレースは、その黎明期においては高橋国光氏、星野一義氏、さらに、その後日本人として初めてF1へ参戦することになる中嶋悟氏らが牽引します。「全日本F3000選手権」時代はミハエル・シューマッハー(Michael Schumacher)氏が、「フォーミュラ・ニッポン」ではラルフ・シューマッハー(Ralf Schumacher)氏、エディ・アーバイン(Eddie Irvine)氏、高木虎之介氏らが活躍。F1を目指す才能にあふれる若手ドライバーが参戦してきました。

近年では、「FIA世界耐久選手権(WEC)」チャンピオンのアンドレ・ロッテラー(André Lotterer)氏をはじめ、ブノワ・トレルイエ(Benoit Treluyer)氏、ロイック・デュバル(Loic Duval)氏、中嶋一貴氏などが参戦し、全日本選手権タイトルを獲得。

2015年には前年までF1に参戦していた小林可夢偉氏が凱旋参戦を果たし、ファンを魅了しています。2016年には前年のGP2チャンピオンのストフェル・バンドーン(Stoffel Vandoorne)氏、翌2017年にも前年のGP2チャンピオンであるピエール・ガスリー(Pierre Gasly)氏が参戦。両氏ともF1世界選手権へのフル参戦を果たし、SUPER FORMULAは世界の頂点を目指す若手ドライバーが参戦するカテゴリーとして地位を確立しています。

出典:「SUPER FORMULA シリーズ概要

SUPER FORMULA 2018年シーズン 開催サーキット

SUPER FORMULA 2018年シーズン 開催日程

SUPER FORMULAのマシンの特長

SUPER FORMULAは、1シーズン(年間)全7戦を通じて行われ、11チーム、国内外19名のドライバーが国内6つのサーキットを転戦してチャンピオンシップを争う、アジアで唯一の国際格式フォーミュラ選手権シリーズです。SUPER FORMULAにエントリーする車両はレースに特化した競技専用で、シャシーは全チーム共通でイタリア・Dallara(ダラーラ)社製「SF14」を使用する規定になっています。

シャシーに搭載するエンジンは2リッター直列4気筒・直噴ターボエンジンで、各チームはHONDA(本田技研工業)製「HR-417E」またはTOYOTA(トヨタ自動車)製「RI4A」のいずれかを選択します。

軽快かつ俊敏な走行性能を備えたマシンは、参戦するドライバーから「コーナリング速度はF1以上」と言われています。

SUPER FORMULAのルールの特長

~「オーバーテイクシステム」と「2スペックタイヤ制」~

SUPER FORMULAの特徴的なルール(レギュレーション)には、決勝レースで5回だけ使用が許可される「オーバーテイクシステム(OTS)」があり、ドライバーがステアリングの「オーバーテイクボタン」を押すと、燃料流量の上限が20秒間だけ拡大し、エンジン出力が増強(通常時の105%*)され、前走するライバル車に追い抜き(オーバーテイク)を仕掛けるチャンスが生み出されます。

*スペック表ではTOYOTA、HONDAとも550馬力以上とされ、オーバーテイクシステムの発動時は約30馬力程度の出力が追加されます。

オーバーテイクシステムの発動時はドライバーの頭上にある「オーバーテイクランプ」が点灯します。

前走のドライバーはミラー越しに後続ドライバーのシステム使用を視認*できるほか、観客にも緊迫した競り合いが分かりやすくなっています。オーバーテイクシステムは、参戦する各チームにとってレースにおける重要な戦略的要素であるとともに、ファンにとって見どころのひとつになっています。

*先行ドライバーは後続ドライバーのシステム発動を視認しシステム発動によってオーバーテイクの抑止を図ることも可能(発動にはタイムラグが生じます)。

また、2018年シーズンから「2スペックタイヤ制」が採用され、コンパウンド特性が異なる「ソフト」と「ミディアム」の2種類のタイヤの使用(ピットストップによるタイヤ交換作業)が義務付けられています。

コースの路面をとらえるグリップ力が強い反面、摩耗も早い「ソフト」と、グリップ力で劣るものの、耐久性に優れる「ミディアム」の特性を考慮し、各チームはこれらのタイヤをどのタイミングで交換するか、どの配分で使用するかが、レースの展開や順位の変動に大きく影響するとともに、レースを面白くする要素になっています。

*SUPER FORMULAが採用するタイヤは横浜ゴム製「ADVAN」のワンメイク(各チームが同一メーカーのタイヤを使用する規定になっています)です。

SUPER FORMULAの詳細については、https://superformula.netをご覧ください。