Outline

ユーティリティ業界向けサービス概要

 

TCSは業界知識と技術的なノウハウを生かし、大きな変革を迎えられている公益事業(電力事業、ガス事業、水道事業)のお客様が常に業界の最先端を進み続けられるよう、ビジネスの効率向上に向けた施策の策定・展開を支援します。
設備・資産の最適活用やサービスの向上からインテリジェントなインフラの構築、規制対応まで、お客様の迅速、柔軟かつ積極的な事業展開を支援します。


世界60社以上がTCSのお客様


日本の電力事業を含むアジア太平洋、南北アメリカ、ヨーロッパ、インド、中東アフリカ等、フォーチュン誌トップ1000にランクインする60社以上の公益事業(ユーティリティ)のお客様がTCSのソリューションを採用されています。特にフォーチョン誌トップ500では公益事業(ユーティリティ)20社中、13社がTCSのお客様です。

グローバルリーディングカンパニーとして高い評価を獲得


TCS公益事業(ユーティリティ)はHfS Researchが発表した最新の「Utility Operations 2018」調査レポートにおいて、最高位に値する「Winner’s Circle」に選出されました。

 

TCSグローバルで1万2千人以上のプロフェッショナルが、公共事業向けに従事


 

TCSではグローバルで12,000人以上のプロフェッショナルが公益事業(ユーティリティ)のお客様に従事しお客様を支援しています。また高度な専門知識を要する領域に関しては専門家ネットワークであるCoE(Center of Excellence)を形成してナレッジを蓄積、展開を図っています。

TCS Energy Value Ecosystemをはじめとした先進的なサービス・ソリューションを提供


TCS Energy Value Ecosystemは、公益事業者がパートナーや顧客と共同で戦略や新しいビジネスモデルを定義するのに役立つ先進的なフレームワークを提供します。また、お客様視点でサードパーティーが提供するソリューションも適切に採用して、コンサルティング、最先端のITサービス、ビジネスソリューションを包括的に提供します。

▶ ソリューション はこちら(英語ページが開きます)