White Paper

Winning in a Business 4.0 World /
Business 4.0™の世界で成功を収めるには

 

デジタル時代のリーダーは、ビジネスの基本原則はそのままに、ビジネスのやり方を大きくつくり変えています。従来の顧客セグメンテーションに代わってマス・パーソナライゼーションが台頭し、これに伴って取引可能な市場は拡大し、エクスポネンシャル*な価値の創造が可能になっています。

*エスクポネンシャル:「指数関数的な」「増加や加速などが急激な、飛躍的な」の意

 

企業が持つ能力は、もはや企業内に存在するリソースには限定されず、エコシステム全体が持つ能力へと拡大しつつあります。そして、アジャイルやクラウドをはじめとする技術の登場で将来への対応力が増したことで、リスクに挑戦し、企業への新たな道を模索することが可能になっています。

 

2017年、タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)は、企業がデジタル技術を活用して成長と変革を前進させるための指針として、「Business 4.0™」というソートリーダーシップ・フレームワークを提唱しました。

2018年に、世界の企業上級幹部1,231人を対象とした調査を、英国フィナンシャル・タイムズ・グループのB2B市場調査機関Longitude(ロンジチュード)社に委託し、さまざまな業界や地域の企業におけるBusiness 4.0の取り組みの実践状況やこれまでに実感している効果、変革への道のりにおいて直面している課題について調査しました。

その結果をまとめたレポートを公開しております。

▶  続きは こちら(PDFが開きます)

※本レポートは、TCSが発行した「WINNING IN A BUSINESS 4.0 WORLD」の抄訳です。
 元レポートは、こちらからダウンロードいただけます。

 

関連オファリング・サービス