White Paper

デジタル化とグローバル化の波に
日本企業のDXをどう考えるか

―IDC社調査レポート

 

ICT技術の発達と浸透により加速しているデジタル化により、情報の受発信や意思決定などの企業活動は、従来にくらべ一層スピードとスケールを増しています。また、距離や国境はもはや制約ではなくなり、より大きなグローバル化の波が押し寄せています。この熾烈な競争環境の中、テクノロジーを活用して業務プロセスやビジネスモデルを改革し、新たな価値を創造するデジタルトランスフォーメーション(DX)が避けては通れません。そして、DXの成否が企業業績に与える影響は、今後更に高まっていくと考えられます。

IT・通信分野に関する調査・分析、アドバイザリーサービスなどを提供するIDC社による調査レポート「デジタルトランスフォーメーション推進のためのグローバルIT運用改革」では、国内企業が直面しているビジネス環境とDXへの取り組み状況、そして、TCSが提供するITインフラストラクチャサービスとビジネスプロセスサービスが、企業のDXにどのような役割を果たすのかを考察します。

 

▶  レポートを読む(PDFが開きます)

 

関連オファリング・サービス