White Paper

コグニティブオートメーションによる
デジタルトランスフォーメーションの推進

 

 

この度、企業におけるIT運用の自動化ソリューションンに対する注目度の高まりを受け、「コグニティブオートメーションによるデジタルトランスフォーメーションの推進」と題したホワイトペーパーを発行いたしました。

顧客ニーズの高まりや市場競争の激化に対応するため、企業は顧客エンゲージメントやビジネスプロセスのデジタルファースト化に取り組んでいますが、予想よりも困難であることが明らかになっています。IDG Quick Pulseリサーチでは、回答した組織の27%が自社を「デジタル化の先駆者」または「進捗度では先をいっている」とみなし、41%は「他の多くの企業のようにすすめている」、24%は「状況に応じて対応を進める」とし、8%は、「ちょうど取り組みをはじめたところである」という内訳になりました。

企業のデジタルトランスフォーメーション推進を阻害する主要因の1つとしてシステム障害が挙げられます。インシデントが発生すると、IT部門はシステムの修復や復旧にリソースを振り向けるため、戦略的な取り組みは後回しになります。その対応策として、調査回答者の多くが、インテリジェントな自動化に大きな信頼を寄せている事がわかりました。人工知能と機械学習を活用して、基本的な維持管理作業を自律的に実行するインテリジェントな自動化により、IT部門は日常的な作業とイノベーション推進のバランスを取りながら、問題や機能停止に効率的に対処できるようになり、企業はビジネス変革の加速に集中できるようになります。

ホワイトペーパーでも述べられているように、自動化ソリューションを導入する準備として重要なポイントが3つあります。

  • プロセス明確化 
  • 具体的な目標の設定 
  • 自動化対象領域の明確化 


TCSでは、お客様のIT運用におけるシステム耐久性の向上、運用要員の作業高度化、効率化のような課題を解決し、 IT運用自動化を成功に導くためのアセスメントやコンサルティング、導入・運用サービスも行っており、 ignioを始めとする様々な自動化ソリューションを取り扱っています。

ホワイトペーパー本紙のダウンロードや、自動化ソリューションへのお問い合わせは、以下お問い合わせボタンよりお気軽にお寄せください。

 

尚、原文(英語版)は、こちらからダウンロードいただけます。
また、コグニティブオートメーションソリューションignioの詳細はこちらをご覧ください。