ALM

Solution

ALM

 

今日のスマートコネクテッド製品の領域では、ソフトウェアがハードウェアの影響力を上回り、市場での製品の成功を確実にしています。その結果、製品のソフトウェアコンテンツは急激に増加しています。たとえば、自動車に使われているソフトウェアのプログラム行数は、スーパージェット戦闘機ソフトウェアのプログラム行数を上回っています。しかしながらソフトウェアのライフサイクルは、いまだに複数の部分的アプリケーションを使用しサイロで管理されています。

このような状況は、ソフトウェア開発プロセス全体の非効率的な管理、限定的トレーサビリティ、コラボレーションの不足、管理層への可視性の欠如、エラーが発生しやすいソフトウエアの納品につながり、結果として製品リコールが発生してしまいます。

フィアット・クライスラー・オートモービルズは、ソフトウェアエラーが原因で、2019-20年モデルのラム1500ピックアップ342,836台をリコール。エンジン停止時に乗員拘束制御モジュールが正しくリセットされない可能性があった。- Automotive News

ボーイングの宇宙船「スターライナー」の欠陥は「根本的な問題」 NASAによると、カプセルを破壊する可能性があったソフトウェアの不具合は、すでに打ち上げが終わった12月の無人テスト飛行中に軌道上で修正。. - The New York Times

Zimmer Biomet、ROSA脳外科手術ロボットをソフトウェアの問題でリコール。- Drug & Device Watch

 

ソリューション

ソフトウェアドリブンの製品を高品質に納期通り提供するためには、各サイロで動作する従来の複数ALMシステムからの移行が必要です。進むべき方向性はALMツールチェーンの統合、プロセス・メソッドの統一、バリューチェーン全体の統合です。統合ALMプラットフォームは、以下のようなコア機能が必要です:トレーサビリティが可能な要件管理、継続的な統合とデリバリ、統合された検証管理、アジャイルプロジェクトの計画と実行、リアルタイム更新による管理レポート、コンプライアンス管理、監査とレポート、エコシステムコラボレーション。 

さらに、 ALMとPLMシステムを統合して、様々な分野の連携を可能にすることも必要です。 統合アプリケーションライフサイクル管理 (ALM) は、組み込みSDLC全体の管理に役立つ、接続されたツールとプロセスの組み合わせです。

 

効果

  • 異なるサイロを接続し統合したプラットフォームで実現するトレーサビリティ
  • ソフトウェアの迅速な提供。コラボレーションと可視性を改善し、生産性を向上
  • 業界のベスト・プラクティスを採用し、基準へのコンプライアンスを確保
  • エラーの早期発見によるソフトウェア品質の向上