デジタル スレッド

Solution

デジタル スレッド

 

直面する課題

ネットを通してすべてが繋がる「スマートコネクテッドワールド」では、製品は複雑で階層化したシステムになりつつあります。製品に組み込まれる新機能が増えるにしたがって、サブシステムやコンポーネントの数、そしてそれらの相互関係は指数関数的に増加しています。開発から廃棄に至る製品のライフサイクル管理は、機械設計、電気回路設計、ソフトウェア設計などの複数の領域が関係しますが、多くの場合、サイロ化された状態で管理されているため、非常に複雑なプロセスとなっています。この複雑なプロセスを効果的に管理しないと、不良品の発生、リコール、違約金発生、コンプライアンス違反、その他のさまざまな問題が発生する可能性があります。

これまでの売り切り型の製品から、顧客の手に渡った後のサービス継続や、サービスとしての製品が普及するにつれて、ビジネスモデルも進化しました。 それに伴い、製品ライフサイクルのバリューチェーン全体をより適切に管理する必要性が高まっています。 この変化に対して革新的に、そして機敏に対応するためには、製品ライフサイクル管理戦略の変革が必須となっています。

 

TCSが提供するソリューション

デジタルスレッドとは、製品のライフサイクル全体に渡った組織化を行い、デジタルツインを確立するのに必要なデータ群を取りまとめるフレームワークです。デジタルスレッドは、クラウドの機能を前提に考え出されました。また、製品化プロセスを加速し、モノ造りの効率を向上させるための自動化によって強化されています。さらには、製品ライフサイクル全体を通してデータを活用し、知的な意思決定を促す分析が可能となり、「マシーンファースト」文化につながるAI/ML(人工知能・機械学習)が活用できます。デジタルスレッドは、製品ライフサイクルの下流に位置する製造やサービスをつなげ、クローズドループによるフィードバックを可能にし、製品の市場における業績を予測します。バリューチェーン全体をつなげ、デジタルスレッドは「コネクテッドデジタルエンタープライズ」の基軸となります。

タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)のデジタルスレッド提案にはフレームワーク、方法論、知的資産、サービスが含まれていて、対象領域全体に渡る将来ビジョンの想定、ロードマップ策定を行い、統合化されたアプローチに従った機能を構築・提供します。PLMを中核としながら他の全社システム群を統合するTCSの提案は、最新のデジタル技術と業界のベストプラクティスを活用して、製品ライフサイクルを組織化します。また、TCSの提案は、企業がデジタルスレッドを効果的に使い、ビジネス価値を指数関数的に向上させるよう、お手伝いします。

TCSは25年以上に渡り、お客様が企業内にPLMを問題なく導入・展開する支援を行ってきました。 この経験と専門知識に基づいて構築されたTCSデジタルスレッド提案は、最新のデジタルテクノロジー活用し、複雑なスマートコネクテッド製品開発管理を可能にします。 さらには、業界ごとに特化したソリューションと、デジタルトランスフォーメーション(DX)を加速する新たな手法によって、デジタルスレッドに対する投資回収を短期間で行えるよう支援します。

 

メリット

  • 製品開発時間を短縮
  • 製品品質上の不具合減少
  • 設計変更にかかるサイクルタイムを短縮
  • クラウド移行によるITコスト削減
  • 製品のカスタマイズによる市場カバレッジの拡大
  • 旧来型PLMから最新のデジタルテクノロジーを活用したシステムへ移行
  • 迅速な導入によるPLMのROI向上

 

TCSデジタルスレッド提案は、スマートコネクテッド製品開発のニーズに対応した各種ソリューションを準備しています。

TCSのソリューション