デジタル スレッド

Solution

デジタル スレッド

 

今日の非常に競争の激しい世界では、高品質な顧客体験 を提供しながら、新しい製品を迅速に市場にもたらすことが成功への鍵です。つまり、製品ライフサイクルの開発・インサービス段階全体で、市場の期待および要件を元に決定する必要があります。

製品開発において複数分野で開発プロセスを加速させることが必要不可欠です。ここ数年、製品ライフサイクル管理がデジタル技術を採用し、各分野の開発を加速させていますが、このようなDX(デジタル トランスフォーメーション)で真に可能になるはずのものが十分に実現されていないことがよくあります。

フォーブスの最近の記事によると、「企業の 84% がDXで失敗している」とのことです。業界の専門家は、デジタル・ディスラプション の全体的理解が必要であるばかりでなく、実装前にすべての要因を検討することが最重要である、と意見を一にしています。

デジタル スレッドはDXの中核となる基盤です。

業界の推測によると、製造業の経済を紙ベースの情報フローから地理的に分散したエコシステム全体のシームレスなデジタルスレッドに変換すると、サイクルタイムが75%短縮され、製造企業は年間300億ドル 節約できる可能性があります。

 

課題

今日、さまざまな業界の企業が、変化する市場の需要に対応するためにデジタルテクノロジーに投資することで、製品のバリューチェーンを最適化する好機を追求しています。デジタルPLM 技術の拡大により、サイロ的にデジタル化が行われ、少しずつ効果を上げています。

しかし、シームレスに完全なライフサイクル管理を行い、デジタル技術の総合的効果を備えることはまだ企業の課題として残っています。そのため製品によってもたらされる価値、ひいては顧客体験においても最適とはならない結果となっています。

TCSのデジタルスレッドサービスでは、デジタルPLM機能を統合フレームワークに集結させ、製品ライフサイクルのアジリティ・精度を促進すると同時に、トレーサビリティとクローズドループを提供して、最適な製品パフォーマンスと継続的な革新を実現します。

シームレスなデータの連続性とデータの相互運用性を実現し、結果として製品開発やアナリティクスからもたらされたビジネスの洞察に基づく意思決定を素早く行う事ができます。

TCS のデジタルスレッドはクラウドを活用し自動化技術を取り入れて、業務プロセスを向上させ、費用対効果 の高い製品デリバリを保証します。

 

TCSのソリューション

TCSのデジタルスレッド機能には以下の特徴があります。 

  • モデルベースのプラクティス:
    データドリブンのプロセスや複数の専門分野にわたるモデリング、シミュレーションを確保するモデルベースのエンタープライズおよびモデルベースのシステムエンジニアリング アプローチ。

 

  • バリューチェーンの接続性:
    セマンティック統合フレームワークにより、製品ライフサイクルに関連する機能全体にわたって円滑な情報フローを実現。

 

  • 製品ライフサイクル アナリティクス:
    複数のデータソースからデータを活用し、特定のユーザーのロール/要件に向けた内容で、すぐに実行可能なビジネスインサイトを提供。

 

  • クローズドループのフィードバック:
    フィードバックの 「右から左へ」すなわち、バリューチェーンの下流から上流への情報の流れで、修正/改善アクションを可能に。

 

効果

TCSのデジタルスレッドにより、 次の結果を達成できます。 

  • 変化するビジネスモデルに対応する能力
    - KPIのリアルタイム監視にサポートされる、デジタル接続されたプロセスおよびシームレスな情報フローを確立し、進化する市場のニーズに対応する迅速な変化を可能にします。

 

  • 急激な成長率
    – サイロになっている既存の技術投資を活用し、迅速な革新のために総体的プラットフォームを提供するデジタルファブリックを作成します。

 

  • ビジネスアジリティ
     - モデルドリブンの仕組みを構築することにより、迅速に製品変更を適用し、クローズドループ ・フィードバックに基づくインテリジェントなビジネスの洞察 を活用した意思決定を向上 させることができます。

 

  • 製品収益の増大
    – 現場サービスデータの監視や解析、またサービス実行の管理を支援する、コネクテッド手法を使用してサービスライフサイクルを効果的に管理することにより、製品の収益を増大させる事ができます。

 

  • コンプライアンス費用の削減
    -要件からサービスライフサイクルまでのエンドツーエンドのデータ連携によって実現する ライフサイクルトレーサビリティは、コンプライアンスを追跡し、製品の問題に対処する機能を提供します。

 

TCS の強み

TCS とパートナー関係を結ぶことにより、TCSの以下の強みを活用 できます。 

  • TCSデジタルアドバイザリー
    – ​​Business 4.0™、TCSはリーダーシップフレームワークを介して、お客様がデジタル技術の力を活用して成長と変革の計画を推進することを支援します。

 

  • 総合的実行力
    – エンジニアリングIT、製品開発、ビジネス変革における豊富な経験により、お客様が移行を適切に管理するために必要な要素をそろえ ます

 

  • ソリューションアクセラレーター
    –プロセスフレームワーク、ユースケースシナリオ、技術コンポーネント、構築済みの業界向けのデモが PLM トランスフォーメーション戦略の策定、またその戦略の最適なタイミングでの実行を支援します。

 

  • ドメイン全体にわたる背景知識
    – TCS はさまざまな業界、業種の顧客業務を深く理解しており、その知識を役立てて業界特有の問題に対応するソリューションを提供しています。

 

  • 技術やプラットフォームに依存しない
    – TCS のオファリングはプラットフォームに依存しません。TCS はお客様に最も合ったランドスケープを作成する適切なプラットフォームツールおよび技術を選定することを支援します。