コグニティブ・オートメーション・ソリューション

ignio

 

 

お客様の課題

日本における少子高齢化は世界的に見ても突出しています。また、団塊世代が定年を迎え退職が進んでおり労働人口の減少に拍車がかかっています。その結果、多くの業界が人手不足に陥っており、従来のビジネス構造からの脱却に迫られています。

また、現在のビジネスはITに大きく依存しているため、システム障害はビジネスを停滞させ巨額の損失に直結します。しかし、システム構成が複雑になっているため運用・障害対応・予兆把握・予防保守を行う情報システム部門のリソースは逼迫しています。その上、情報システム部門のリソースが既存システムの安定運用に割かれ、イノベーションや新しいテクノロジーが生まれにくくなっているという課題もあります。こうした問題を解決するのが、コグニティブ(*)・オートメーション・ソリューションignio™です。

* コグニティブ … 多種多量の情報を自動的に収集して傾向分析を行い、最適な解決策を提案・実行する技術

 

サービス概要

ignioは、AIを搭載したITの自動化ソリューションです。IT運用における知識があらかじめ準備されており、お客様のビジネスフローやシステム構成を自律的に学習し、最適解を提案・実行します。

ignioは、優れた「認知」、「論理的思考」、「実行」の力を持っており、IT環境の「学習」、発生した障害の「解決」、障害発生前の「予防」を行います。

 

認知・学習

ignioは、お客様のシステム環境を認知・学習する機能を備えています。Blue Printというプロセスを通じお客様のIT資産群の関連やアプリケーションの機能、インフラの構成要素、ビジネス活動を学習・理解します。もしシステムに変更があった場合、関連のあるシステムを自動的に更新するので常に最新のIT環境に合わせて運用することが可能です。ignioはお客様のIT環境に存在する各IT資産が1日、1週間、1カ月、4半期等の特定時点でどのような動作をしているかを学習し、システムが正常に稼働しているかをチェックします。

 

論理的思考・解決

ignioは、お客様のシステム環境やIT資産群の関連性を学習しています。そのため、障害が発生した際に、その影響がどこへ波及するかを論理的に考え解決策を提案し自動実行もします。通常、障害が発生するとIT部門は数多くのアラートを受け取ることになり、大量のアラートに身動きが取れなくなるケースもあります。ignioは、根本原因を突き止め、その解消にあたります。派生的なアラートは根本原因の解消によって集約してクローズされます。自動化によってシステム障害解決のための対応時間や基幹系システムの正常稼働までの時間を大幅に削減し、保守業務の品質やシステムの堅牢性向上を図ることが可能になります。

ignioは、特定のOSやアプリケーションに依存せず、様々な環境に幅広く対応できるように最適化されています。そのため、お客様の業界やシステム環境を問わず利用いただけます。また、ignioには、アプリケーションやITインフラに関する知識があらかじめ搭載されており、導入直後からお客様のビジネス環境を学習・理解し、最適な形でIT運用を自動化するよう設定されています。

 

実行・予防

ignioは、学習したお客様システムの稼働状況を基に、リソース不足を事前に予測して自律的に解決したり、システム停止のアラートを事前に通知し是正措置がとれるようにします。また、学習結果を基にバッチ処理やシステム拡張について事前にシミュレーションを実施することができるようになります。様々なシナリオを用いてビジネスや技術の変化をシミュレーションし、影響を評価します。通常新しいテクノロジーを提供する場合には、専門家でも数週間を要しますが、ignioなら導入までの期間を90%以上短縮することが可能です。

 

ignioの導入例

 

Digitate社 Webサイト(英語サイトが開きます)
http://www.digitate.com/

ignio™ お問い合わせ
JP.Ignio@tcs.com