インテリジェント・オートメーション

Solution

インテリジェント・オートメーション

 

企業はPLM変革プログラムに数百万ドルを費やしても市場投入までの期間、エンジニアの生産性、製品開発費やIT運用費など、重要なKPIにおいて目に見える成果をあげられていません。製品ライフサイクルにおけるプロセスには未だに手作業が含まれていて、エンジニアはシステム使用に忙殺されるため望むような効率性が得られていません。また、企業コミュニティの知識ベースの 体系的な見える化もインテリジェンスも実現しておらず、ITランドスケープとプロセスへのサポートもアジャイルでなく効率的ではありません。

 

ソリューション

デジタル技術により、企業では様々なオートメーションの機会が生まれました。自動化、人工知能、機械学習を通した事業成長や運用効率性の向上は、あらゆる変革イニシアチブの要になっています。KPIの面で企業が次のレベルの躍進を実現するためには、インテリジェンスとオートメーションを主軸としたPLM戦略の見直しが必要です。

 

IBM、Microsoft、Amazon、Ui Path、Blue Prismなどの主流AI & RPAプラットフォームを基盤としたTCS IA(インテリジェント・オートメーション)ソリューションは、 Teamcenter、Windchill、3DX、Agileをはじめとする主流PLMシステムとシームレスに連携します。

 

このソリューションにより、企業は製品ライフサイクルにわたる業務プロセスとエンジニアの日常業務の自動化を実現し、エンジニアに業務内容に関するインテリジェンスを提供できます。更に、問い合わせへの対応やサービスリクエストの実行におけるユーザ体験の均一化、製品開発IT環境における予測精度の向上、PLMアプリケーションにおける主要業務の自動化も実現します。

 

効果

  • 製品開発IT (PDIT) サービス運用コストを30%削減
  • エンジニアの生産性の大幅な向上
  • エンジニアへより良いインサイトの提供
  • PLMにおけるアジリティとスピードの向上
  • ユーザ体験の向上