TCS Clever Energy™

Solution

TCS Clever Energy™

企業のエネルギー効率化や、
カーボンニュートラルの目標達成の実現をサポート

 


課題

世界では、2050年までにカーボンニュートラル(企業活動において排出される二酸化炭素と、吸収される二酸化炭素が同量であること)を目指し、脱炭素・デジタルを用いたグリーン化の動きが加速しており、企業も対策を迫られています。

国際エネルギー機関(IEA)によると、商業ビルと産業分野において供給エネルギーの使用量が増加しており、 商業ビル・建設部門は世界のエネルギー消費量の約33%、産業部門は54%を占めています。

しかしエネルギー消費パターンの予測は困難であり、企業活動の大規模化や複雑化により、カーボンフットプリント(二酸化炭素排出量)の把握も困難になっています。

このような状況において、企業はIoT、EdgeおよびAI技術をベースとした分析によるエネルギーの効率化やカーボンニュートラルの目標達成が求められています。

 

TCSのソリューション

TCS Clever Energy™は、企業レベルのエネルギーおよび排気の管理システムとして、ビジネス持続性の向上、エネルギーおよび費用効果の確保、二酸化炭素排出量の削減およびカーボンニュートラルの目標達成の実現をサポートします。

企業におけるエネルギーに関連する多様な機能に対応し、様々なシステムや設備との統合も可能な包括的なプラットフォームです。

 

主な特長

タイムリーな保守:
AI(人工知能)やML(機械学習)のフレームワークを活用し、エネルギー需要、使用パターンや異常を監視

自己最適化:
手動で操作や設定の変更をせずに、状況に応じてシステムが自動的にカスタム分析を提供

拡張可能なアーキテクチャ:
8-10週間以内の迅速な初期導入や、様々な種類の設備への展開が可能 

排気量の管理・レポーティング:
正確な排気量データを一元化、プラットフォーム上で一覧表示して可視化することでコンプライアンスと持続可能性をサポート 

 

TCS Clever Energy™導入のメリット


 

関連ページ