MBSE

Solution

MBSE

 

スマートなコネクテッドデバイスや自動化の台頭により、製品は複雑なシステム・オブ・システムズへ変貌を遂げています。これらのシステムとは、 他分野横断(機械、電気、ソフトウェア)で、相互に連携しなければならない多くのコンポーネントで構成されています。モデルベースのシステムエンジニアリングは、要件から設計、検証のサイクルを管理するため、これらのシステム間の複雑な関係をモデル化する手法です。製品の動作をシミュレートし、what-if分析を実行して、要件を満たすために必要なトレードオフを判断する機能があります。デジタルスレッドまたはデジタルツインを作成するには、製品情報を定義、シミュレート、接続、流用するためのモデルベース定義が必要です。

 

MBSEの導入を望む企業は、次のような課題に直面しています。

  • システム/サブシステムの仕様を決定するのが困難で、複数回の反復を必要としている。
  • 時間とリソースが不足しているため、エラーの可能性が高い。
  • 統合のため起き得る問題を事前に予測し解決することができない 。
  • すべてのシナリオとパラメータ条件で設計をテストすることができない。
  • 統合されたプラットフォーム、他分野横断、リソースが不足しているため、動作や相互作用の十分な定義・理解が欠如している。
  • システム設計が構成からではなく断片から始まる。
  • システムが複雑になると、相互に一貫性のない異なる情報ソースが生じる。
  • ゲート/プロジェクトが終了すると知識と投資が失われ、次へ生かせない。

 

ソリューション

多くの製造企業はMBSE導入の初期段階にあり、製品ライフサイクルプロセスの一部としてこれらのプラクティスを確立するための支援を必要としています。TCSが提供するMBSEソリューションアクセラレータ・オファリングでは、顧客のMBSE成熟度の評価、MBSEツールランドスケープの統合、導入ロードマップの定義、MBSEソリューションの導入迅速化などのサービスを提供することで、モデルベースのシステムエンジニアリング手法の採用を支援します。オファリングには、図2に示すようなサービスが含まれ、以下の機能領域をカバーしています。

  • 動的振る舞い のモデリングおよびシミュレーション
  • 設計検証の計画策定と報告書作成
  • 検証結果と不具合管理
  • 他分野横断のエンド・ツー・エンド情報トレーサビリティ
  • 要件モデリング
  • パラメータ管理
  • 機能・論理アーキテクチャのモデリング

 

TCS PLMイノベーションラボには、航空宇宙、自動車、産業機械、ハイテク産業向けに、3DEXPERIENCE(Dassault Systemes)、Teamcenter(Siemens)、Windchill(PTC)などの主流PLMプラットフォームで構成されたMBSEソリューションがあり、すぐに参照することが可能で、あらゆるPoC(概念実証)シミュレーションを行うことができます。

 

TCS の強み

シミュレーションの専門知識:TCSには約16000人のエンジニアが在籍し、他の業界と連携してさまざまな種類のシミュレーションを支援してきました。例としては、航空機燃料システムのモデリング、シミュレーション、材料特性シミュレーション、タービンおよび重工業製品のシミュレーションなどがあります。

 

業界知識:TCSはまた、エンジン潤滑システムのシミュレーション、インフォテインメントシステム 、安全システム、エンジン性能とパワートレインのためのコアエンジニアリング業務で自動車業の顧客と協働しており、幅広いシステムエンジニアリングケイパビリティを有しています。様々な業界におけるコアドメイン経験は、顧客のMBSEソリューション導入の成功に不可欠なものとなります。

 

デジタルトランスフォーメーション: TCSはMBSEを中心柱の1つとして活用し、顧客が製品バリューチェーンにおいてデジタルスレッドを確立するよう支援を行っています。 20年間にわたりPLM変革のリーダーであり、技術プラットフォームに関わりなくMBSEを確立することが可能です。