Interview

Takahiko S

営業職
Business Relationship Manager
MC/MCG&商社本部
2007年 中途入社

 

 

INTERVIEW 01 COMPANY 

ー日本TCSのどんなところに惹かれて入社を決意しましたか?

会社の基盤がしっかりしている点です。転職前も同業界でしたが、よりスケールの大きな案件に挑戦したいと思うようになっていました。実際に働くなかで、大規模案件を受注するには、会社の信頼性が大きく影響するのだと実感し、転職に踏み切りました。

 

ーどんなところに日本TCSの魅力を感じますか?

お客様企業のグローバル展開を支援する体制がある点ですね。海外に拠点を有するお客様に対して、私たちも世界各国の現地法人で対応可能です。日本における事業展開では、このアドバンテージをフルに活かすことで、さらなる成長を目指せると思います。

 

 

INTERVIEW 02 CAREER




ー現在までのキャリアについて教えてください

入社後は、総合商社を対象にしたITインフラサービスの営業担当として、PCやネットワーク、データセンターなどのソリューションをご提案していました。多種多様な取引先とビジネスを展開している総合商社には、非常に多くのステークホルダーが存在します。全体を俯瞰し、調整していく能力が磨かれたと思います。

特に印象に残っているのは、金属資源に関する事業会社の分割・移管にともなう日本と海外での新会社設立案件を担当したときのことです。私にとって、海外のスタッフと協働するのはこのときがはじめてでしたが、スケジュール管理や品質管理に関する日本と海外の考え方の違いに直面しました。日本では、日次でお客様に対して詳細に進捗状況を報告するスタイルが主流ですが、海外ではそこまで求められない。細やかな報告の必要性を理解してもらうのが大変でした。日本側で詳細なタスクリストを作成し、何をいつまでに終わらせなければならないのかを明文化して伝えていましたね。期限までに幾度も状況をチェックし、お互いの認識にズレが生じていないことを確認しながら進めていました。多大な苦労をともなった案件でしたが、チーム一丸となって社内でも初となる取り組みを成功させられたことで、大きな達成感を得られました。

 

その後も、インフラ事業や小売・消費財事業など、様々な領域のグループ企業様を支援しています。各社個別に事業環境や内部実務を理解しなければならないのはとても大変ですが、一方で非常に大きなやりがいを感じています。


 

INTERVIEW 03 FUTURE




ー今後は、どのようなことに挑戦してみたいですか?

これまでは主にITインフラの営業担当として、お客様からの具体的な要望にお応えする形で経験を重ねてきました。今後は、お客様の事業内容やシステムの現況をしっかり把握したうえで、業務システムの提案にもチャレンジしていきたいですね。そのためにも、技術パートナーとして今まで以上に信頼していただけるよう、誠実に職務を遂行していかなくてはと思っています。

 

 

INTERVIEW 04 MESSAGE


ー日本TCSへの入社を検討している方々にメッセージをお願いします

日本市場における商機をとらえて着実に事業展開しつつ、グローバル企業としてのTCSの膨大な知見・技術力や広範なネットワークも活用できるというのは、業界内でも稀有だと思います。伸びしろ・可能性に満ちている会社なので、日本市場での成長を一緒に牽引してくださる意欲的な方が仲間になってくださることを楽しみにしています。

※社員の部署・役職はインタビュー当時のものです。

 

▶社員紹介indexはこちら